2019年08月13日

山で変な人を見たら昔の自分だと思え!

いくら何でも!
・・・な人が多い部屋でした。


「山で変な人を見たら昔の自分だと思え!」
とはある人から聞いた山の格言?で
山の中で困った人や腹が立つ人に会った時に
優しくなれるように自分に言い聞かせている言葉です。
今回もいろんな人達と交錯しながらの穂高でした。

岳沢小屋で17時過ぎて重太郎新道を
バラバラで降りてくる団体がいたこと。
穂高岳山荘で車のコレクターと自転車のコレクターが
お互いの自慢話を延々話し続けること。
北穂南稜で乱暴な追い越し方をした登山者に
つい強めの注意をして、でも「ちゃんと心得てます!」と
強めの反論を食らった時だって
(山で変な人を見たら昔の自分だと思え!)
と、心の中でつぶやいて落ち着くことができました。
はっきり言って
昔の自分もこんなマナーが悪かったことは一度もないけれど
でも、
そのような失敗をする根っこはわからないでもないので・・・。
イライラしないようにする魔法の言葉です。



涸沢ヒュッテで横になっていると
1人目のおじさんが到着されました。
挨拶をして会話をすると上高地から涸沢までの間で
汗をかきすぎてどこで足が攣ってどこで動けなくなって
大変だった話を長々話してくれました。

2人目のおじさんが到着しました。
暑くて死ぬかと思った、
自分は毎年登ってるがこんなに暑いのは初めてだ!
とのことでした。
一人目のおじさんが
「上高地から涸沢までの間で汗をかきすぎ・・・・・」
の話をもう一度話していました。

3人目のおじさんが到着しました。
僕の横に転がるなり、すぐに「げぇー」ともどしていました。
ここに着くまでに何度も戻したので
もう胃液も出ないと言いながら
何度も耳元で「げぇー」とするので
診療所に連れていきましょうか?というと
2人目のおじさんが「こんなに暑い夏は初めてで!」と話だし
1人目のおじさんは「上高地から涸沢の間で・・・」の話を
またし始めました。
人が死にそうに「げぇーげぇー」してるのに
よく自分の話ができるなと感心?しながら診療所に案内しました。

夕食が終わって部屋に帰ると
「げぇー」のおじさんは寝ていて
4人目のおじさんが到着していました。
ここまで上高地から8時間かかった、足が攣ったとの話で
この手の話はもう沢山だったので、
早々に会話を切り上げ寝たふりをしているうちに寝てしまいました。

話声で眼が覚めました。
時計を見ると20時。
4人目に到着したおじさんに1人目のおじさんが
「上高地から涸沢までの間で汗をかきすぎ・・・・・」の話を
しているところでした。
今日、この話を聞くのは4回目です。
(いい加減にしてくれ!)
4人目の上高地から8時間かかったおじさんが
4回同じ話をするおじさんに
明日奥穂に行く相談をしています。
そして前穂経由で上高地に降りたいと言っています。
4回同じ話をするおじさんが「それは無理だと思うよ」と止めています。
(そうだそうだ!)
自分は穂高岳山荘泊りで奥穂に行くと言っています。
(せめてそれなら何とかなるくらいの話だ)
4人目のおじさんが太ももが肉離れみたいだと言います。
(もうおとなしくここから横尾に下ったほうがいいよ)
4回同じ話をするおじさんが山は無理しちゃだめだよと
まともなことをいいます。
4人目のおじさんが一緒に行こうと誘っています。
4回同じ話をするおじさんが
自分はスピードが遅いのでと拒んでいます。

そんな会話を気がついたら30分聞いていました。
スマホを見ると20時30分です。

(山で変な人を見たら昔の自分だと思え!)
と、心の中でつぶやいて落ち着くことはできました。
できるだけ優しい声で・・・

「すいません。いい加減に寝てください」


kido2341 at 12:40│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by 管理人   2019年08月14日 11:10
フライビーンズさん

秋田の人元気ですかね〜〜〜
今回の同室の方は「いくら何でも」な方々でした。あの方々も穂高に登るのかと思うと、夏の穂高とはこんなもんともいえるし、穂高はそれじゃいけないと思うし。自分のお客さんたちは優秀だなとあらためて思った穂高縦走でしたw
1. Posted by フライビーンズ   2019年08月13日 15:40
お疲れ様でした。
山で、あるある話ですね〜。
山で鍛えた克己心で、よくぞ耐えられたと思います。
私たちは別室で、健やかに爆睡でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔