2019年09月14日

後立山縦走(9/8-11)

IMG_0345




















「仲間がいたからここまでこれた」
鹿島槍山頂でおじさんはしみじみ言いました。



IMG_0333 




















関東に大きな被害をもたらした台風。
予報では夜のうちに関東をかすめ山は西側に入る。
ここ信州では台風の通過がむしろお天気にプラスに働く可能性を
天気予報も、そして私も感じていました。
登っていきながら種池山荘を見て
「ここは見えてからが遠いんですよ」
などと話していた時が結局4日間で
一番良いお天気だったようです。

翌朝・・・・・
想像通りの悪天候でしたが雨雲レーダーを見ても
台風は予想通りに遠ざかっていて風もそれほどではない。
少なくとも冷池山荘までは前進できるし、
今のうちに進んでおかないと
今日中にキレットの小屋にはとどかない。
回復するという天気予報と危険の少ない登山道と
2時間半でとどく冷池山荘を頼りに出発。

雷鳥のガイドさんも道案内w





順調に距離を延ばすことには成功しました。
ところが天気が全然回復しない。
冷池山荘の中で休憩しながら天候の回復を待ちましたが
一向に良くならない。
ここから先は悪天候のままでは前進できません。
1時間半ほど待ってもよくならない空模様に
これでは鹿島槍からキレット小屋でどれほどつらいかを考えれば
前進はあきらめるしかありませんでした。

10時過ぎに部屋に入れていただき
1時間ほどロープワークの講習会をしながら
天気が回復したら鹿島槍を往復しようと
窓の外をチラチラ見てましたが
この日の湿った空気はしつこくあきらめて停滞としました。
ちょっと残念会して後はそれぞれ読書したり昼寝したりと
稜線の時間を楽しんでもらいました。

20190913_190914_0001



















20190913_190914_0002























3日目の朝
もし4日目の天気が良ければキレット小屋まで前進して
4日目に五竜越えて遠見尾根を下山
なんてオプションを考えていましたが
そんな天気予報にはなりませんでしたので
鹿島槍を往復して下山して温泉ということにしました。
3日目はそんなにひどい天気ではありませんでしたが
鹿島槍も剱も顔を出してはくれませんでした。
それでも後立山の稜線からの景色はさすが。
もう一度来たいと皆さんに思わせたようです。

鹿島槍の山頂では我々が予定通り進んでいたら
キレット小屋で同宿になったおじさん二人と会いました。
昨日どうでした?
その時のおじさんの答えが冒頭です。

「風が強くて寒くて怖かった。一人では無理。
仲間がいたからここまでこれた」

一般ルートの山頂で聞くセリフではありませんね。
やはり9月に入って悪天候の稜線を歩いてはいけません。
おじさんたちには申し訳ないけれど
昨日停滞を決めて本当に良かったと思いました。





IMG_0336



















IMG_0340



















IMG_0349






































20190913_190914_0004



















IMG_0350





















頑張って下山してもらい大町温泉へ。
急遽手配したにしては居心地の良い宿で良かったです。

20190913_190914_0005




















20190913_190914_0008






















翌日はリンゴがほしいとのリクエスト。
飛び込みでしたが安曇野農家さんが快く譲ってくれました。

20190913_190914_0010


















20190913_190914_0011






















この日の午後は日本中が雷雲で大荒れ。
下りて良かった。
こんな日に山に居なくて良かったと胸をなでおろしました。

20190913_190914_0012










































思い通りにならなかった後立山縦走ですが
お客様が皆さん僕の判断に納得してくれて
前向きに行動して下さったのは本当にありがたかったです。
是非来年もう一度チャレンジしましょう。
本当にありがとうございました。

IMG_0347



kido2341 at 12:40│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔