ひまわり福祉会~KEY DO I LIKE~

障害のある方のその人らしい生活や就労を目指して活動中。 そんな社会福祉法人ひまわり福祉会のGOOD PRESSをお届けします。

カテゴリ: ひまわり福祉会

IMG_4263

地域活動支援センターかたつむりです。
先日の茶話会にて予定表が変更となりましたので、改訂版を掲載します。IMG_7478 (1)

令和6年3月28日(金)
尾張旭市中央公民館にて
1711891493585
20年の永年勤続表彰は対象者が9名
20240329_182613
令和6年度ひまわり福祉会事業計画
1711891488924
20240329_183211
園 理事の乾杯
法人を支えていただいている“有識者”の方々にもご参会いただきました。
20240329_191133
1711891482125
1711891477958
ひまわり福祉会の職員が令和6年度への決意を新たに次の1年に向かいます。

今年で第3回目の法人全体での情報伝達訓練が3/11に実施されました。
毎年、3.11を忘れないように、災害意識が高まるこの日に合わせて訓練を実施しています。大規模災害時における初動の情報収集体制の確立と強化はBCPの要だと認識しています。
13年前の本日、14時46分に発生した東日本大震災、そして今年の元旦に発生した能登半島地震。

①事前の備えと災害時の行動
②家具等の転倒防止や備蓄の確認など平時の対策
③家族や職場でのハザードマップの確認

他人ごとではなく、常に非常事態と隣り合わせであることをこのような機会にあらためて感じ、今日という日を自分事として災害について考える機会となることが訓練の目的でもあります。
747446_result_rotated_002

愛知DCAT第6グループとして活動を始めて4日目
IMG_2496
今日はバレンタインデー💘
IMG_2443
今日の炊き出しは屋台の方が来てくださり、大盛況で大盛り上がりでした。
IMG_2489
今日は地域の避難所に訪問して、避難者とお話ししました。

避難してから運動が出来なくなり、足が痛くなったとの訴えがありました。すぐにJRATさん災害リハビリテーション支援協会の方に報告して避難所でできるリハビリの方法を教えていただきました。
自宅避難者からの相談もあり、日赤こころのケアチームさんにつなげて、不安解消に少しでもお手伝いできたらと思います。
避難所だけでなく地域の課題もたくさんあることを知る1日でしたIMG_2495


富来活性化センターに来てもう3日目 いろんな課題が現れるなかで朗報もありました!IMG_2426
まだ大きな建屋の一部ですが、入居者の方の生活の質が上がりました。とっても喜ばれてました
IMG_2423
何トンもある石碑が倒れていたり
IMG_2419
画像ではわかりにくいですが、会釈してる自販機など爪痕が酷い状況はかわらないですが、少しづつ前に向かって進んでます。


IMG_2425
入居様が自主的に生花をして癒しの提供してくれてました。

お話を聞く中で、皆様お刺身や卵かけご飯を食べたいと言われてます。避難所では食中毒もあるので生物を食べる機会が無いことが寂しいと訴えられてました。
早く安心して食べられる日が来るようにと思っています

愛知DCAT第6グループの活動も2日目。1日目に挨拶できていない入居者様に絶対にお声かけしよう! 地域の自社避難所に福祉相談の案内しよう!と目標を立ててホテル出発!
昨夜は雪が降っていたので、現地まで雪道。
IMG_2405
でもサプライズ演出
IMG_2404
虹です🌈
志賀町役場での申し送りの際に課題確認。富来活性化センター到着後にすぐにバタバタ対応。応援しにきていただいている滋賀県のDMATグループと手分けして対応しました。

全国から来ていただいている支援チームとの連携しながら進めていたらあっという間の2日目でした。
まだまだ断水中ですが排水工事も始まりました
IMG_2387

富来活性化センター近くのスーパーも被災が酷い状況ですが通常営業中
IMG_2412
商品は名古屋の街中のスーパーと変わらず地魚も並んでました!
明日も頑張ります

愛知DCAT第6グループ3名も朝8時前には名古屋駅銀時計前に集合し志賀町富来活性化センターに向けて出発。

チームの目標として、潜在的なニーズの掘り起こしを目的としよう!と熱い気持ちで現地入りしました。

現地でひまわり福祉会の同僚との再会・申し送り・お見送りをして現地の活動開始。入居者さんに挨拶しながら、必要な支援を考えながら、一人の女性から手相を見ていただき、「先祖に守られている!」と言っていただき、逆に励まされホッコリしました。IMG_2359
IMG_2371
IMG_2374
IMG_2368
IMG_2363

愛知DCAT第5グループ5日目

本日2/11(日)で5日間の
派遣期間が終了になります。

本日も富来活性化センターでの活動。
センター内は断水が継続中です。

周辺コンビニやお店は通常稼働していますが
道のヒビ割れ、通行止め等は所々ある状況です。


愛知DCATの
第4グループには
久しぶりに再会した知人がおり
知人から受けたバトンは

第6グループのひまわり福祉会のスタッフへ
バトンを渡す事が出来ました。

石川県志賀町富来での
身近な方との再会に
驚きと共に支援の輪と
バトンが繋がり
活動が継続されていく事を感じました。

5日間の活動の中では
滋賀DWAT、静岡DWAT等々の様々なチームと
関わりながら活動する事で
連携する事の重要性を感じました。

また何よりも
第5グループのメンバーに助けて頂きながら
メンバー3人が事故やケガなく
任務を遂行する事が出来て良かったです。
ありがとうございました。

能登半島地震の復興は
まだまだこれからだと思います。

全国から集まる
災害派遣チームやボランティアの方々の姿や車を
町中や道中、宿泊先で見る事で
支援者が集結している事を感じ
頼もしくも感じました。  (川角)

IMG_3936

IMG_3852

IMG_3742

IMG_3753

IMG_3696

IMG_3765

IMG_3926

IMG_3920

IMG_3690


愛知DCAT第5グループ3日目

本日も富来活性化センターでの活動です。

静岡DWATスタッフとの
情報共有と関わりの中で

本日から富来活性化センターで
滋賀DWATとチームを組ませて頂く事になりました。

またセンターに熊本JMATの方々が
巡回で訪問に来られたりと
支援の輪が広がり繋がっています。

心強い限りです。

それぞれの災害派遣チームが臨機応変に行動し
様々な役割で様々な場所で活動しています。

IMG_3738

IMG_3769
IMG_3768
IMG_3784
IMG_3782
IMG_3780
IMG_3779
IMG_3778
IMG_3777
IMG_3766


愛知DCAT第5チーム2日目

愛知第4チームから引継いだ
情報をメンバー間で整理・共有して
志賀町富来活性化センターで業務をスタート。

センターは、まだ断水してある状況です。

相談業務の対応中
センターへ水の補給に来られた方との会話の中で
愛知県のチームである事を案内すると

「遠い所からありがとう」の感謝の言葉と
「頑張ってね」の励ましの言葉。

全国からの支援が継続して
復興が進んで行って欲しいと深く思いました。


IMG_3714

IMG_3672

IMG_3679


愛知DCAT第5チーム1日目

名古屋駅でメンバーと合流して
志賀町富来活性化センターへ出発。

金沢駅から現地に向かう道中
日本全国の災害派遣チームが
集結している事を確認する事で
被災地に向かっている事を実感しました。

派遣期間の限られた時間の中で出来る事を
考えながら対応していきたいです。
IMG_3647
IMG_3632
IMG_3634
IMG_3636

愛知DCAT第3チームの全日程を終え帰途につきます。
初日は、自分たちのミッションが見えずにいましたが、ミーティングを重ねて愛知DCATとしての素地を作ることの合意形成に至りました。
当初、避難所は情報が入り乱れ、どのような人がどこにいるのかわからない状態でしたので、その辺りの整理を中心に次のチームに引き継ぎました。
能登半島地震は発生から1カ月。石川県内の1次避難所には依然、8232人の被災者が身を寄せています。自宅に帰れなくなった人、水さえ通れば帰りたいと願う人、そんな方たちを全国のさまざな組織が役割を持って現地で連携しながら活躍していました。
まだまだこれから長い支援が必要であることを肌で感じました。

ありがとうございました。
1706955806664
20240131_075257
20240131_140144
1706854528666
1706854531770
1706861504484
1706957984887



愛知DCAT3日目、4日目

志賀町富来活性化センター内の避難者約170名のスクリーニング

福祉用具業者と避難所内の仮設シャワールームとポータブルトイレの安全性利便性の向上の打合せ

福祉避難所になっているデイサービスセンターの再開のための避難者15名のアセスメント

とにかく、情報の整理が追いついていない状況ですが、全国の様々な支援チームと連携しながら対応しています。
20240202_102115
20240202_135921
20240202_135949
20240202_142010
20240202_121203
20240202_120938
1706861504484
1706861500865

【愛知DCAT3G初日】
支援拠点は石川県志賀町・富来活性化センター。初日は8時に名古屋駅で今回のチームメンバーと顔会わせ。高いモチベーションを持って参加する仲間だ。
現地では熊本のDWATさんより申し送りを受けて明日以降のミッション遂行に向けスイッチオン。初めて本格稼働する愛知DCATの素地作りをチームのミッションに次に繋げて行くことをチーム内で共有した。
全国からJWAT、JRAT、DMAT、DCAT、DHEATなど支援チームが連携し連動しそれぞれの役割に向け動いている。

【愛知DCAT3G2日目】
志賀町役場での全体ミーティングの後、それぞれな活動地点へ。
富来活性化センターを統括する愛知県の支所長に避難所全体像の把握と整理を愛知DCATの活動として提案すると、快く期待を伝えていただけた。やることがハッキリ見えればもう事は進む。チーム内で役割分担し、フル回転であっという間の時間が過ぎた。
空調の故障などで暖がとれず、やむを得ずストーブを居住スペースに持ち込むが換気をどう進めるか、避難者の自立という視点と支援のバランスを見極めた対応が課題。
自宅避難者への対応の送れも見えてきた。
20240131_103038
1706710666027

1706710671599

1706710679528

1706710728607
1706710731750

愛知DCAT第2G4日目の報告。
9時活動開始、全体ミーティング、エリアごとで他県チームと打ち合わせ
10時ラウンド開始、昨日の続き、新規入居者のアセスメント、関係各所への電話確認、二次避難所への相談など
18時ミーティング 終了
1.5次避難所の課題もたくさんあり、2次避難所へ送っても次々と1.5に新規が入ってきて終わらない毎日です。


愛知DCAT第2G最終日報告。
9時活動開始
昨日に続きラウンド、アセスメントが主でした。
本日は14時終了でした。
愛知DCAT第2グループの活動は終了しましたが、息の長い支援が必要です。

(杜の家 渡邉)

【愛知DCAT第2グループ(3日目)の報告】
本日は早番だったので9時活動開始 
新しい県チームとの打ち合わせ
10日以上避難されている方に対して具体的アプローチと2次避難所に行けない理由を明確にすること。家族やJTBとの詰めを行いました。
18時ミーティング 終了
ノロ、コロナが流行中です。
気を付けます。
1706435080833
1706435080914
1706435081097



【愛知DCAT第2グループ(2日目)報告】

本日は遅番だったので10時活動開始。
昨日に続き再アセスメント、ニーズ調査、ホテルや旅館、施設等の2次避難所へどう繋ぐかをひたすら考える作業でした。以前いた施設やケアマネへ連絡や家族への確認などです。
19時ミーティング 終了
今回の会場は200人程の高齢者がテント生活されています。
以上が主な2日目です。
1706435075580
1706435055888
1706435075493

【愛知DCAT第2グループ(1日目)報告】
12時 いしかわ総合アリーナ着
13時 第1Gからの引き継ぎ
14時 活動開始
   活動は主に被災者のアセスメント、ニーズ調査、軽度な直接支援1706351243278
1706351243384
1706351243456
1706351243529
1706434966495

18時 ミーティング、終了

初日はこのような感じでした。
1.5次避難所は80%以上が高齢者とのことでした。

尾張旭市第7期障がい者計画・障がい福祉計画および第3期障がい児福祉計画の素案が示されました。
パブリックコメントも実施されます(12/11~1/9)

尾張旭市第7期障がい者計画・第7期障がい福祉計画・第3期障がい児福祉計画(素案)に関するパブリックコメントの実施 - 尾張旭市公式ホームページ(福祉課) (owariasahi.lg.jp)

↑このページのトップヘ