試行錯誤録




Kidori Kidori2ピースとして再出発っていうより、一年生に戻ったんやと思う。

というのも、今まで積み上げてきたノウハウを全部見直さないといけなくなった。

3ピースをやる上での自分なりの持論みたいなものは少しくらいならあったけど、2ピースとなると今までより多くの制限が生まれてきてしまって、それらの問題を千切っては投げ千切って投げ、試行錯誤を繰り返す日々を過ごしている。


バンド活動の潜伏期間だった12月の頭、僕はまず自分の装備品から見直した。

なんてったって2ピースやし派手にいかなあかんなぁと思って本気で画像みたいなやつをメインに据えることを検討していた。

こういうギター(ベース)のことを人はダブルネックというんやけど、自分の首も合わせたら頭3つで地獄の番犬ケルベロス的なかっこ良さから世の思春期男子にバカウケするに違いないと確信して、そこからダブルネックのことを調べた。

このときの僕はニヤついていた。

というのも、この際はっきり言ってしまうと、僕は変なギターしか持っていない。

そんな僕が唯一持っている普通のメーカーのギターがダブルネックだったりしたら爆笑できるじゃないかと、そうしたら影のアダ名は3H( head)、またはHHH、じゃないかと妄想していたからだ。


ただ、ふと冷静になって、僕には腕が二本しかないからギターとベースを同時に発音できないことに気がついてしまった。

理想的には天津飯、または振り切ってカイリキーみたいになれたらいいけど(吉田選手のやつでお願いします)、残念、やっぱ人の子。

仮に修行の末に4本腕になれるのだとしても、時間がかかり過ぎる気がする。

マッシュとかふざけたアダ名で呼ばれてますけど、師匠の名前がタオパイパイってのはキツイっす。

そこから僕のダブルネック熱は冷めていった。

家で弾くのにも苦労しそうやし、めっちゃ肩凝りそうやし、持ち運び用のケースを探す苦労が火鼠の皮衣を探し出す苦労と大差がないような気もしてきた。

ただ、やろうと思えば出来ないこともない。

左手でギター、右手でベースを弾くというスタイル。

でも絵面を想像すると、かっこよくない。

何より普通に弾いていたい。

だから、ボーカル+ギター+ ドラムのスタイルでいこうと思った。


でも、"普通のバンド" とはもう言えない。

ベースギターもシンセサイザーもシーケンサーのパソコンも無いから、足りない、と思われるかもしれないし、そのせいで聴いてもらえないこともあるかもしれない。

ただ気づいたこともあって、"普通" じゃなくても、足りなくても、かっこ悪いわけじゃない。

それはつまり、かっこいい曲があれば関係なく人の心は撃ち抜けるってことかと。

それなら最高にかっこいいものを世に出すために試行錯誤をし続けようと思う。

そうしてできたものが貴方の心に響けば、とても嬉しいです。


おわり

BAYCAMP201701 NUEVA ESPERANZA


2人組になって最初のライブが終わった。

昔からお世話になっている青木さんのBAYCAMPが最初のライブというのは、なんだかとても大きな意味を勝手に感じて、少し不安になったけど、ライブが終わって青木さんから「あの感じなら大丈夫だ」と言ってもらえて、心配してくれてたんだなぁと思うと同時にそう感じてもらえたことがとても嬉しかったし、安心した。

他にもそう思ってくれた人がいたなら、とても嬉しいし、ありがたく思います。

ホンマありがとう。

久しぶりにライブ前に本気で緊張したけど、何をするかが明確やったから、改善の余地は多くあれど、良いライブができたと思う。


何をするか、つまりは目的というか。

昨日は、観てくれる人が「意外といけるやん」以上のことを思えるようなライブにすることが僕の目的やった。

続けてくれてありがとう!って声をかけてもらえるのは大変嬉しいし、僕だけでなく、クルー一同の励みになってるからとてもありがたく思っています。

ただ、それは現時点の我々に対する言葉で、僕としては、これからのKidori Kidoriに対して言葉をかけてもらえるようになりたい。

今後を楽しみにしてもらいたい。

昨日のライブは、そのための良い一歩目になったと思うから、もっと頑張ります。

なので、見ておいてほしい。


で、新しいイベントの話。

名前は、NUEVA ESPERANZA

本気出せば読める。

2/17の東京はodol Gi Gi Giraffe

3/2の大阪はHelsinki Lambda Club Slimcatに出てもらいます。


UKP所属のゲストバンドと動物の名前が入るOAバンド、 UK産日本人が在籍するねじまき鳥クロニクルがバンド名の由来となった我々の組み合わせ、たまたまなんやけど面白くない?

デモテープも早く聴いてほしいし、新しく始まったKidori Kidoriを凄く観てほしいから、遊びに来てください。

よろしく。




おわり

始動


あけましておめでとうございます。

2017年初ブログ、今年も駆け抜けていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

年末から年明けにかけて秘密裏に遂行された計画が2人組としてのデモを作ること。

僕は正月返上で1人、元旦から都内の貸しスタジオに篭って作業に没頭しておりました。

上島珈琲店とスターバックスにもお世話になりました。

甘すぎるくらいの珈琲と素敵な音楽は孤独な僕に優しくしてくれる。


さて、御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、新しい音源が出来ました!

今回のリリースはカセットテープ、現状では会場限定販売の予定です。

タイトルは色んな意味を込めて "IN" です。

なぜカセットテープなのか、これについてはまた別のところで話しますが、とにかくソリッド&ノイジーで最高な内容です。

生まれて初めてレコーディング、ミックス、マスタリングの作業までやりましたが、発見がとても多く、また1つ音楽のことを知れたなぁと強く感じていて、同時に僕の脳味噌の出力端子から直接音が出せた感じがローファイなんですけど、とても気に入っています。


ブログを書くにあたって改めて完成したものを聴いてみて、これまでのキャリアの中で様々な人に教えてもらったことや自分なりに学んだことをまとめる事ができたし、これまでの歩みがあったからこそ踏み出せた大きな一歩のように感じています。

ただ今作は、"デモテープ" なので、お金をべらぼうに沢山かけたものではありませんし、タイミング修正、ピッチ修正も行なっておらず、録れたまんまのスッポンポンです。

ステゴロでどつき合うヤンキーみたいな精神で録音した根性作品なので、少し聴きなれない部分もあるかもしれませんが、とてもロックです。

これは言い訳とかではなく狙ってのことなので、ハトくらい胸を張って自信作だと世界の中心で叫べます。

ロックはビリビリ、これが僕の美学。



そして、ライブがあります。

このカセットテープのリリースパーティ的な新イベントを2/17に東京は下北沢シェルター、 3/2に大阪は心斎橋パンゲアで行います。

タイトルはNueva Esperanza、柄にもなくベタなタイトルなので、意味は恥ずかしいから各自でググってください。

でも、とっても本音です。

素敵なバンドとの2マンが既に決定しておりますので、乞うご期待。

あと線引きするの嫌かもって思ってたけど、やっぱロックバンドやし若い人にも遊びに来て欲しい思いがあるので、このイベントは22歳以下 ¥500オフです。

若者も自称若者もおっさんもおっさんみたいなレイディーもとにかく誰でもカモン。

我々は来る者拒まず、です。

一緒に遊びましょう。


あとKidori Kidoriとして、SoundCloud を始めました。

早速、"IN"から2 UPしてあるので、是非聴いてみてください。

古来より個人のアカウントでチョロチョロ遊んではいましたが、今更ながらバンドのアカウントを作ったので、せっかくだし今年は可能な限り曲をUPできたらなぁと思っております。

フォローしていただけると、曲をUPしたタイミングで通知が行くし、個人的に新規参入で不安ばかりなので、継続していくためにもどうぞ応援よろしくお願いします。

最速を君の手に!

http://get.soundcloud.com/scfriendrefios



今年はどんな年になるだろうか。

いい年にしたい。

Kidori Kidoriだし、酉年で飛翔!みたいなこと言うのもいいけど、今は地に足つけて体を小さくして睨みを利かせ獲物を狙い、夜になれば思い切り襲いかかる感じの心構え。

サバンナっぽい感じ。

ねじまき鳥気取りですから、鳥かどうか怪しいし、男はオオカミなのよって歌もある。

どちらにせよ、肉食や。

ただ、僕は狸がいい。

でも結局のところ、ケセラセラ、身を委ねるっきゃねーし、傍流に行ってしまわないように頑張るっきゃねー。

。ーねゃきっる張頑

一緒に面白いことやろう。

改めまして、今年もよろしく!




おわり

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ