Kids' English in 京都 -フォニックスって何?

小学生の英語学習についてのブログです。 特に、今注目されているフォニックス学習の事をしっかりと紹介します。 英語クラスの事、おススメの英語絵本、など小学生英語に関わる日々のブログです!

今月の国際交流はインドネシア!

 梅雨に入りましたが、暑いのかひんやりするのか、よーわからん6月ですね。

さて、先日、中学生の生徒さんの国際交流レッスンインドネシアからの留学生に来てもらいました。
ジャカルタから立命館大に留学しているフレンドリーで優しい女の子でした。

IMG_0746


まずは世界地図を広げて、

"Do you know where Indonesia is?"
"Do you know anything about Indonesia?"
など聞かれ、こちらからは

"How long does it take from Japan to Indonesia by airplane?"
"What's your favorite Indonesian food?"
"How do you feel about Kyoto or Kyoto people?"

などなど、たくさん質問してたくさん笑った楽しい時間でした。
さて、次回の国際交流レッスンはどこの国の人にしようかな。。私の楽しみでもあります

公立の中学校でも最近では勉強がとても大変で、写真の彼女達は3年生で受験生なのですが、ときどきはこういう交流を通した会話の機会でリフレッシュしてもらう時間が必要だと思います。
それにやはり、話すチャンスがないと、本当に言語って話せないですもんねー。
ここが他の勉強と違うところです。会話は経験と慣れが大きいので、なかなか難しい!!
大学受験も、speaking、特に英語で自分の意見を即座に述べる、という技能を取入れるようになってきたので、文法、読解の記述対策と会話対策、どちらも必要な時代になってきました。

、、ブログにアップするのを忘れていましたー
小学生の生徒さん達が昨年度末に受けたJAPECの試験に合格しました

japec

それぞれ3級と2級です。
2級なんかは実に難しくて、Direction(道案内)の英語を聞いて、美術館や病院はどこにあるかをマークしたり、最後の長文リスニングも Alice in Woderland からの抜粋で、馴染みのない子供には難しかったと思います。
JAPECは知名度は高くないのですが、リスニングに特化したところと、ジュニア英検と違って合否がきちんと出るところが気に入っています。だからこそ合格出来るように頑張らないといけないのですが、1つの試験に向かって一生懸命頑張る!という機会があるのはよい事だと思います。

それに合格してこのように賞状をもらえるととっても嬉しいし、自信にもなりますよね!

児童英語のレッスンお問合せは下記にお願いします。(直通)

cckodomo@gmail.com

シーコケット語学教室のHPは以下です。是非見てみて下さい!

http://www.cckyoto-kotoba.com


 

今年もやりました!Walk in English

 GWが終わりました。みなさん、いかがお過ごしでしたか?

5/5のこどもの日に、毎年恒例GW行事の "Walk in English"を京都御所にて行いました。
いつもはうじゃうじゃ外国人観光客がいるのに、なんだか少ないなぁ〜と思っていたら、祝日で宮内庁御所事務所と御所内の英語ツアーがその日はお休みだったらしいです。
でも、ちらほらちょうどいい感じで観光客の方が増えて来た、、ところでスタート!!

今回は、ビギナーの低学年の子達と、レッスンを数年やっている高学年チームに分けて、高学年チームは基本的には 子供達だけで挑んで!もらいました。

1462417155003

こちらアメリカからの家族連れ。
"What's your favorite animal?" の質問には小さな女の子が "tiger" と答えてくれました。

1462417191561

こちらはロシアより。
この日は、英語圏からの人は上のアメリカ人以外は誰一人といなかった!!

1462417046889

こちら高学年チーム。この方、ギリシャからです。
"Where do you want to go in Kyoto?" と聞いたようです。
答えは "Nijo Castle", "Kinkaku-ji" "Ponto-cho" などがあったようです。

1時間程、新緑の御所で「顔を合わせたコミュニケーション」を楽しんだ後で、
世界地図を広げて、どこの国の人達に話しかけたか、どんな様子だったか、など皆でまとめました。

1462419141988

ビギナーの低学年の男の子は、やる気まんまん!話しかけたい気まんまん!で(実際には目を見てなかなか話しかける事が出来なかったのですが)、そんな積極的な気持ちだけで今の段階では十分です。
彼なりに、感じた事、これからに繋がる事、いっぱいあったはずです。
高学年の子たちも、やはり最初はすごく緊張したようですが、自分の英語が通じる嬉しさはひとしおだったようです。

次は夏!!
ここ数年は、外国人観光客の多い時期、で選ばなくても通年多いんですけどね。。
東京オリンピックまではこんな感じでしょうね。
最近は円高になってきたので、その辺りはインバウンド業界には逆風でしょうが、「英語を使って自分の意見を言える」国際人となるのは、円高やらは関係ないので、これからもみんな!一緒に楽しく頑張ろうね!!

Walk in English  それから通常のレッスンについてのお問合せは
直通

cckodomo@gmail.com までご連絡ください。




 

意味順 de 英語

 今日はおもしろい英文法習得法のメソッドを学ぶ機会がありました。
これも息子の公立小学校の英語活動の授業中に行われたものなのですが(6年生)、中学校に入り英文法を学ぶ前にとても良い試みだと思いました。

タイトルにも書いた、「意味順」 !!
NHKの英語教材でも使われているようなので、ご存知の方も多いでしょうね。 京都大学の田地野教授のメソッドですが、今日の小学校授業では直々に教授が来られて教えてくださっていました。

まずはこちら!
意味順
 上の画像のある通り、日本語と英語の文の構造の違いを

だれが→する→だれ→なに→どこ→いつ  (イエーィ!) 

で覚えるのですね。 そこに日本語のそれにあたるものを英語で埋めていく、というやり方。

子供達はまずは基本形のbe動詞を使って 練習していました。約30人のクラスメイト達とわいわい楽しそうに盛り上がってましたよ。

"What do you want to be?"  → "I want to be a florist." "I want to be a baseball player." 

田地野先生の著書の「NHK基礎英語 中学英語完全マスター 意味順書き込み練習」では、be動詞から不定詞、関係代名詞などの中学で学ぶ英文法全てがこのメソッドの元に網羅されていてすごいです。

小学校高学年の子供達、といってもその子の性格にもよるとは思うのですが、ちょっとこの方法、使ってみようと思います。

 
livedoor プロフィール