Kids' English in 京都 -フォニックスって何?

小学生の英語学習についてのブログです。 特に、今注目されているフォニックス学習の事をしっかりと紹介します。 英語クラスの事、おススメの英語絵本、など小学生英語に関わる日々のブログです!

インターナショナルスクール

いつの間にか年も明けて大寒も過ぎ、時は2月。
なんとなく暖かかったり、凍えそうに寒かったり、3月を思わせるような今年の真冬です。

さて、私の運営している語学教室に来てくれる小学生の生徒さん達のバックグラウンドは様々ですが、日々通っている学校に関しても様々です。
公立小学校、私立小学校、インターナショナルスクール、といろいろ。
とそこで今日は、その中のインターナショナルスクールに付いて書いてみたいと思います。

というのはつい最近、オンラインニュースでも目にしましたが、わが母校、同志社大経営のDoshisha International School, Kyoto が規定の生徒数集められず閉校決定、ということなのですね。 
バイリンガル教育の初等部は残すようですが、国際バカロレア (IB) の教育方針に則ったオールイングリッシュの部門が閉校するようです。ホント、残念です。
ココ実は、うちの語学教室にスペイン語を学びに来てくれている生徒さんが通う学校なので、大問題です。
場所は、京都市よりも奈良よりの京田辺市。市内からは車で40分程で、かなり遠いのですが、設備はピカピカです。

13344733_10208209168759240_4875130990530341755_n
13335610_10208209168879243_1151643718654129904_n

定員25名のうち、今年のグレード1の生徒数はなんと1名。。
規模はそりゃ雲泥の差ですが、教室を営む私としては、なんともさびしく苦しい数字
在校生が卒業するまでは運営するそうですが、規模縮小、先生達の質が落ちて行くんではないか、などの懸念から、うちの生徒さんはすぐにでも他のインターナショナルスクールに転校したい、ということで、私はお母さんの語学サポートとしていろいろなスクールツアーにお付き合いしたのでした、、。

1、京都でよく耳にする学校は、Kyoto International School (KIS)。西陣地区の元小学校の施設を使っています。古さを感じる設備でした。もちろん耐震工事は終了しています。
Principalの男の先生が案内してくれました。Australianです。イイ先生に思えましたよ。IBの教育方針です。
小学校はいいと思いますが、中学校に関してはまだまだ発展途上な印象を受けました。

35)
(これはKISのHPより)


2、Kyoto International University Academy (KIUA)
こちらは京田辺市。場所は同志社と同じく、辺鄙ですよ。1989年に設立された大学で(KIU)、小学校中学校高校もあります(KIUA)。男の校長先生は良い感じ。
バイリンガルよりも欧米より。でも日本で生きて行くアイディアや力、マナーもきちんと学ばせながら、でもアメリカの大学教育にも馴染めるような英語教育とActive learning を両方つけさせる事が学校理念だそうです。(難しいのですよね、この手の学校に行くと、アイデンティティの部分でね、、)
ただ、卒業生の進路、のページを見る限り、そんなにここの学校に行かせる事が良いのかはわからない。。

3、立命館宇治。バイリンガル。評判だけで実際にはスクールツアーには行っていませんのでわかりませんが。IB教育です。

結局、うちの生徒さんは、神戸のCanadian Academy に行く事になりそうです。京都は見捨てられたか、、。六甲アイランドにあるこの学校はプレスクールから高校まで600人程生徒がいるそうですね。
関西のインターナショナルスクールでは一番良いのでしょう。学費も一番高いけど

、、教育ってとっても大事だし、大人になって最終的に誇れるものって、自分が身につけた教養、教育、それによる成果、だと思うから、まだまだ親の責任がある年齢の時に、親はどれくらい良い教育を受けさせてあげれるか、は大きな事だと思います。
もちろん、高い教育を受けても人生成功する訳ではないし、受けた教育と社会人になってからの金銭的な豊かさは必ずしも比例するものではないと思う。
ただ、学生時代の(親が責任ある時代の)しっかりとした土台作り、というのは何にせよ大切だ、と思います。

こういう話題になると、親の収入と教育格差、の問題に入って行くのですがね、、。難しいわ、、。
 

クリスマス、そしてショータイム!

 年の瀬ですね。今年はやはり暖かい気がします。
というか、寒波と気持ち悪い程の暖かさが交互にやってきて、ちょっと気持ち悪い冬ですね。

教室もクリスマスの飾り付けをしました。
IMG_1289

ツリーやリースもいいのですが、今年はちょっと遊び心のあるものにしました。
こんな素敵なFamily Tree の絵も飾りました。これは子供達がスピーチの為に描いたものです。

IMG_1288
 
Grandfather, Grandmother, Father, Mother, Brother, Sister そして ME!
上手に出来るかな、、

実際に兄弟でスピーチしているところです!!
IMG_1306
IMG_1305

弟君の方は相変わらず恥ずかしがって英語がでなくなってしまうのですが、お兄ちゃんが今回もフォローしてくれました。普段は2人でふざけてレッスンにならない、、時も実はあったのですが、いざとなったら兄は頑張れるものなのだ。。

IMG_1307

この男の子は小学6年生。ルービックキューブにはまってるので、今回はこれを英語で紹介しました。
なんと!!40秒くらいで6面完成出来るんです。すごいなぁ〜〜

この後、恒例のFlying Tiger のクリスマスプレゼントをあげました。ユニークで素敵なアイテムが揃っていて気に入ってます。数を揃えなければならない先生達のお財布にも優しい〜〜

あとは教室の大掃除をして、新年を迎えようと思います。

皆さん、

Happy Christmas & 
Have a Happy New Year!



 

Halloween そして英語教育セミナー

 11月に入りました!
昨日、Halloween の日にブログを書きたかったのに、家のネットが調子悪く事務所に向かえば今度はワイヤレスマウスが起動せず、、で1つも仕事ができなかった、、もーっ!

、、気を改めまして、、今日は学区の学校のALT支援に行ってきました。
6年生のクラスで "My day" について。たくさん覚える英語があるのですが、ALT が大変お上手で!ゲームや歌で楽しくお勉強しました。

さて、今日のメインの内容はですね、先日、新大阪で行われたELT教材指導法実践セミナーってのに行ってきたのですが、要するに各出版会社の英語教材展示会のようなものですね。
オックスフォード大学出版局ケンブリッジ大学出版、それからお馴染みmpiアプリコット出版などELT出版社が参加してました。 

それぞれの出版社が催す40分間のセミナーに無料で参加出来るのですが、私が「これはいいなぁ〜今後使いたいなぁ〜」と思ったのは、センゲージラーニング  CENGAGE Learning です!!
日頃から、世界の国々、文化、人々、事象、問題、などを英語教育に取り入れたい、と思っていたので、センゲージのコンセプトであり、これを元に教材作りをしている

 " inspire people care about the planet"

私は大いに共鳴しました。 

IMG_1189


特にリーディング教材である "Footprint Reading Library" シリーズが気に入りました。
レベルはA1~B2 あたりまで、と幅広く、一番下のA1 で800 words収められたものが小学生や中学生にいいと思います。 
昨日、中学3年生のレッスンがあったので、早速丸善で一冊買ってみました。

IMG_1193
FullSizeRender
FullSizeRender_1

こんな感じです。
表紙の左上に NATIONAL GEOGRAPHIC と書いてありますが、センゲージはこことコラボレーションをして教材に使う画像や情報を得ているようです。
ストーリーの最後にはこうやって設問がついています。
この Footprint Reading Library シリーズは5つのテーマがあり、Incredible Animals, Fascinating Places, Remarkable People, Exciting Activities, Amazing Science となっています。
これを見ただけでも魅惑的!!私が子ども達に紹介したい!!と思っているテーマがこれなのです。

、、他のセミナーもいろいろと心に響くものがあったのですが、印象的だったのが、外資系の出版社がしきりに言っていたのが、"21st Skills" でした。
オックスフォードなんかは、どことは言いませんが、日本のフォニックスパイオニアの会社のフォニックス指導法を、モノクロの馬車の画像なんかを繰り返しだして、20世紀20世紀!と叫んでいました。
私、ここのフォニックス指導法を習ったから、ええ、そうなん、、な感じでしたが、まーオックスフォードの言ってる事もわかるし、でも現実、英語を第二外国語として週に1回程度しか学ばない日本の子ども達に適している指導法はどっちやねん!?って考えると、古い!新しい!でカテゴリー分け出来ないんじゃないか、とも思います。うーむ

ちなみに 21st Skills とは、センゲージのコンセプトで紹介すると、4C Skills です、以下、
Communication, Collaboration, Critical Thinking, Creativity この4つのC です。

そうそう、これはその通りですよ!
あんまりこのテーマで書き続けていると、Criticalな内容に偏るので、この辺にします。

あ、ハロウィーンレッスンの写真を1つ、紹介します。あまりに子ども達がキュートなので!!
halloween

子ども達はハロウィーントークを頑張って覚えて発表していました。
次のイベントはクリスマス!!楽しみですね〜!










 
livedoor プロフィール