2022年12月02日

若狭かに旅行2:浅井歴史民俗資料館

浅井博物館1

 滋賀県湖北は長浜の「浅井歴史民俗資料館」に立ち寄る。もちろんこの施設の本館では浅井長政、小谷城、姉川の合戦、浅井三姉妹など興味深い展示が見られるのだが、僕はそれよりも二つの茅葺き屋敷「鍛冶部屋」「七りん館」の展示の方をより楽しんでしまった。よくある民族資料館の展示といってしまえばそれまでだが、いろんなものがあって妙にリアルで迫力があるのだ。どっぷりと郷愁にはまる。歴史に興味のある人なら小谷城やこの歴史資料館を訪ねるだろうが、民俗資料館にもぜひ立ち寄ることをお勧めする。

浅井博物館7
浅井博物館5浅井博物館6
浅井博物館2
浅井博物館4浅井博物館3



↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  

2022年12月01日

若狭かに旅行1:三方五胡と日本海

若狭img2

 仲間グループで恒例の「かに旅行」に出かけるのは3年ぶり。久しぶりの集合で、お互い変わらず出かけられることを讃えあう。
 長浜に立ち寄って三方五胡から日本海側の世久見海岸に出て、小さな漁村集落の一角にある民宿旅館で禁断の飽食の夜を過ごした。前回この旅館に宿泊した時と宿の人も景色も変わらず、風呂に入って朝散歩。あいにくの雨で季節が一気に冬に変わるタイミングだったが、どんよりとした暗い海も日本海には似合っていてそれはそれでいいものだ。だいいち今回の目的は「かに」なのだから。それでも三方五胡の展望台に上がると晩秋の山々と海が美しく心も胃袋同様に満たされた。

若狭img3
若狭img1



↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  

2022年11月30日

若狭へ

DSC05246_1

三姫、そば、北国街道、寺。
キンメ、ヤガラ、サワラそしてカニ。
若狭に来ています。

DSC05351
DSC05342



↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  

2022年11月29日

沖縄秋日記ラスト:牧志の夕暮れ

DSC05157

 那覇の牧志市場の奥底に夕陽が沈む。夕暮れ時には「せんべろ(千円で酔えるセット)」のサインを掲げあちこちの居酒屋にあかりが灯る。もうすでに赤ら顔の大声が路地に響き渡っている。国際通りから奥に入れば入るほどに沖縄の本音に近づいてゆく。いいねぇ。今年石垣島を含め5回沖縄を訪れた。でもまだ沖縄に少しも近づいていない気がする。沖縄通い続けるか。(沖縄秋日記終了)

DSC05159~2
DSC05158



↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  

2022年11月28日

沖縄秋日記13:締めのステーキ

沖縄ステーキ1

 「締めのステーキ」は沖縄人が飲んだ後の定番らしい。さて旅の最後に那覇に戻ったらやはり締めはステーキかな、ということで日曜日の午後歩行者天国になっている国際通りを歩き「ステーキハウス88国際通り店」にやってきた。ステーキハウス88は辻本店に行って以来4年ぶりかぁ。米軍公認のAサインが灯る店内で「88特選赤身ステーキ150g(税込2,200円)」を注文。懐かしいオリジナルスープを嗜んだ後、あつあつのステーキが運ばれてきた。ふむ、やわらかくておいしいワ。今回はA1ソースではなく88オリジナルのブラックペッパーソースで、と思ったが塩だけで十分おいしい。こういう沖縄ステーキは店の旅情といい内地のステーキとは別のジャンルの料理だと思える。夕暮れの国際通りを眺めながら沖縄を噛み締める。

沖縄ステーキ4沖縄ステーキ5
沖縄ステーキ3沖縄ステーキ2




↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  

2022年11月27日

沖縄秋日記12:ハートロック(古宇利島)

ハートロック5

 晴れた日にはとことん美しい古宇利大橋。エメラルドブルーの海にダイブするような古宇利大橋をドライブして古宇利島に渡る。今まで訪ねていなかった古宇利島の北、ティーヌ浜にある「ハートロック」に行ってみた。駐車場にはたくさんの車、結構訪れる人がけっこう多いスポットである。単に岩がハートの形をしているというだけではなく、沖縄のアダムとイブの伝説にまつわる恋人たちの聖地パワースポットなのだからしかたない。ここにカフェを造れば「ハートロックカフェ」だな、とか思いながら浜に降りてみると海が限りなく美しい。ため息である。いやぁ、いいもん見させてもらったワ気分になる。割とすんなり行けるが、浜に降りる道は岩場の滑りやすい道なので慎重に。
※下にハートロックを訪ねた時の映像を載せました。

ハートロック2ハートロック3
古宇利大橋をドライブして古宇利島へ

ハートロック4ハートロック6
駐車場に停めて海に降りてゆく

ハートロック1
ハートロック

ハートロックを訪れたときの映像(約2分)




↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  

2022年11月26日

沖縄秋日記11:ベランダで朝食を

ルームサービス1

 「ルームサービスで朝食を」っての、一度やってみたかった。今回のクラブカテゴリーではこれがリクエストできると聞いて田舎者は飛びついた。部屋で朝食というのはスーパーで自前で仕入れた食材を食べたことしかなかったが、こちらは準備も片付けもお任せなのでいいよね。
 ホテルオリオンモトブリゾート&スパのビュッフェレストランもいいのだが、種類があっても食べられないし、あの慌ただしさがね。というわけでルームサービスを頼んでみた。朝の指定時間にドアチャイムが鳴った。スタッフによる朝食セッティングを眺めている朝というのも優雅である。洋朝食と和朝食が頼めるのだが、洋ではメインを選ぶことができるのでエッグベネディクトを注文。和朝食の方は結構品数が多くて楽しい。でも洋も負けず劣らずフレッシュフルーツ生ジュースにサラダ、スープ、パンやジャムもいろいろ。シンプルかと思ったらけっこうボリュームがあった。ベランダでの朝食は風が心地よくてはまり、次の朝もリクエストした。もうビュッフェに戻れないかも。いつかは「ベッドで朝食を」をやってみたい。
 部屋掃除をタオル交換だけのショートにする(最近はこういうことするホテルが多いなぁ)と無料生ビール券がもらえたので、ホテル内のうちなー居酒屋 「嘉例」でも夕食を楽しんでみた。なんといっても生マグロが美味しい。他には「ソーメンチャンプル」が抜群に美味しかった。といってもさすがにホテル内だとソーメンチャンプルといえどちと高い気がするけどね。



ルームサービス3ルームサービス2
左」二つとも和朝食のセッティング 右:洋朝食と和朝食のセッティング

居酒屋2居酒屋1
ホテル内にあるうちなー居酒屋 「嘉例」にて


↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーの応援クリックしていただけたらうれしいです。
banner_02

  
Copyright © KID All Rights Reserved.