2016年05月29日

那覇早朝散歩

台湾クルーズbar
那覇着5

那覇着1 朝7時、ダイヤモンドプリンセスは那覇北西にある那覇クルーズターミナルに到着。横に「波の上ビーチ」が見える辺りである。どんより曇った梅雨時期の那覇である。もとより、当方はオプショナルツアーなるものはいっさい申し込んでいない。シャトルバスも無し、とのこと。ここから県庁あたりまでは、歩いて20分ぐらいだと言う。旅は点ではなくて線なのだ、早朝散歩を楽しもう。こちらから那覇中心部に向かうコースはなかなか新鮮である。歩いてゆくと「久米至聖廟」なる建物が見えたのでちょっと覗く。その隣りには「福州園」という美しい中国庭園があった。いい雰囲気。この辺りは松山通りとの名がある。街路樹の鳳凰木(ホウオウボク)の真っ赤な花が盛りで美しい。その下を登校途中の那覇商業高校の生徒たちが歩いてゆく。さて、県庁前まで来ればそこからは国際通りである。ひゃー、なんという閑散とした国際通りなのだ。市場本通りに入ってもまだ店が開いていないや。当然である。まだ朝の8時。さて、どうしよう。

那覇着2那覇着8
那覇着3那覇着4
那覇着6那覇着7


↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  

2016年05月28日

船で知る若い頃

台湾クルーズbar
船の音楽1

船の音楽6 以前にも書いたが、船旅の乗客には年配者が多いので、船の中で行われるエンターテイメントには「懐かしい曲」がたくさん散りばめられている。特にダイヤモンドプリンセスのような外国籍の船では、懐かしのPOPSやロックがあちこちで楽しめるのが気に入っている。それらが日本の流行洋楽ナンバーとは微妙に違っていたりするのも魅力。忘れかけていたような曲が突然ステージで流れたりする。Steely DanとかNeil Diamondとかね。時には、若い頃ずいぶんマニアックで密かに楽しんだと思っていたあの曲が、実は多くの人に綿々と愛されている曲だったと気づかされるのも面白い。もちろんラウンジやバーでは懐かしのJAZZスタンダード、ボサノバ、ハワイアンミュージック、そしてクラシック。若い頃を思い出すのは少しさみしいが、しばし甘い追憶の中へ…。上の写真は屋上の大型スクリーンで流れていたエルトンジョンとバニートゥーピンの映像。

船の音楽2
船の音楽3船の音楽4
船の音楽7船の音楽5


↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  

2016年05月27日

神戸出港

台湾クルーズbar
神戸発1

 神戸港は横浜港に比べると規模が小さく地味である。だが、逆に歴史ある港町の匂いが色濃い気がする。さて、巨大なのに、なにか親しみさえ感じるようになった4度目のダイヤモンドプリンセス号である。日本発のクルージングなのに、今回は乗客に西洋人が結構多いことに驚いた。入船手続きを終え、船に入ってしまえば、日常生活から全く分離された開放感に満たされる。出航前に14階のビュッフェランチを食べてくつろぐ。ダイヤモンドプリンセスは地元太鼓チームの演奏に見送られ午後5時神戸ポートターミナルをゆっくりと離れた。どんよりと曇っていたが、船旅は暗く霞んだ港や雨の海も好きになれる。なんせこっちはいつでも部屋のベッドに戻ることができる。心に余裕があるのである。大阪湾を出た船は紀伊水道を抜け室戸岬沖合から一路沖縄に向かう。明日は終日クルーズで一日半をかけて那覇港にたどり着く。船の中ではさまざまな教室やセミナー、エンターテイメントが繰り広げられているので退屈することは無いが、図書館で本を借りて来た。外国籍のダイヤモンドプリンセス号だが、日本語の本も結構あるのだ。

神戸発7神戸発6
神戸発2
神戸発5神戸発4


↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  

2016年05月26日

神戸も楽しむ

台湾クルーズbar
神戸中華

牡丹園 神戸三ノ宮のホテルにチェックインして夕食を食べに行く。ちょうど神戸祭りの日だったので、大通りはパレードでにぎわしい。いろいろ候補を選んだが、やっぱり中華街に行くことにした。これから台湾に行くというのにね。「神戸元町別館牡丹園」は地元で人気の店らしい(注:表通りに本館牡丹園という店もあるが全く違う店らしい)。オーソドックスなメニューでお手並み拝見。焼きそばもワンタンもおいしかったが、えび入り卵かけご飯が秀逸。シンプルな材料なのにこんなに味わい深い料理ができるのかと驚く。大満足だった。他には大阪発とろさば料理専門店の「SABAR」元町店。「貝汁そばボンゴレ亭(三ノ宮)」なども歩いていて気になった店。こんどゆっくり神戸に来た方が良いかも。

SABAR貝汁そば


↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  

2016年05月25日

大阪も楽しむ

台湾クルーズbar
肉吸い

転んでもただじゃ起きない風に、せっかく神戸港から乗船するわけなので、前日一泊して大阪と神戸も楽しもうと考えた。観光地としての大阪はあまりピンとこなかったのだが、おのぼり気分で梅田から法善寺横丁、そして道頓堀と歩いて楽しんだ。梅田の「千とせ」で肉吸いを食べ、道頓堀の「十八番」でたこ焼きをつまむ。食い倒れ人形やグリコの絵の前で記念写真を撮れば、もう絵に書いたような大阪観光である。スゴい人出で熱気に溢れていたが、その大半は外国人観光客のようだった。「千とせ」の店内ですら中国や韓国人観光客が多い。そのうち典型的大阪文化は外国人に乗っ取られるんじゃないかと心配もする。

十八番たこ焼き
水掛不動さん
道頓堀

↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  

2016年05月24日

今日でした。神戸港着。

image

帰港日を1日間違えていた。神戸港へ入ったのはまる2日間の終日クルーズを経た今日の朝だった。南洋ボケしている。一番の下船を希望し、さっそく帰る。一昨日、船長主催パーティで行われた抽選で、シャンパンボトルが当たった。ラッキーだったが、持って帰るには荷物が重くなるワ。一気に飲むわけにもいかんし。さて。

↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  

2016年05月23日

神戸港へ

image

今朝、神戸港に到着予定。スムースに旅行ができたものの、緊急の病人が2人出た。老人の船である。

↓↓ブログランキング、応援クリックを今日もお願いできますか。ありがとうございます。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉
  
Copyright © KID All Rights Reserved.