2005年10月25日

朽葉色の心

紅葉1

 例えばカナダでメープルの森の紅葉を見るのと、例えばマロニエの葉が落ちるパリの公園を見るのと、例えば韓国は百済の都、プヨ(扶余)の山城跡で紅葉を見るのと、日本で見る紅葉はまったく違っている。
 そのどれもが限りなく美しいのだが、どこか違う。日本で見る紅葉は美しいだけじゃないのだ。日本の紅葉には日本人のDNAに刻まれた郷愁を刺激する何かが潜んでいる。
 「しみじみ」美しいのだ。
 どこか心侘びしく、それでいて、どこかあたたかい。

 山あいの温泉宿の露天風呂で紅葉を眺めるとき、心が黙る。仕事場の机の上に氾濫する書類の山は頭からすっかり遠のく。郷愁というのは楽しいだけのものではない。さみしく心細いものでもある。温泉宿の土産売り場やカラオケスナックではしゃぐのは、そのさみしさに耐えられないからではないか。
 なのに、紅葉の季節になると、多くの人が旅に出る。決して紅葉の美しさだけに惹かれて行くのではない、きっと。

足湯2

 写真は、名古屋から1時間半ぐらいで行ける「下呂温泉」の風景。


↓↓あなたの応援クリックで旅をする。今日もよろしく。
banner_02





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kidtvl555/50161577
この記事へのコメント
今日はポエムな感じ〜でも心静かで落ち着きますね〜。
疲れた体に優しいです。
紅葉の赤は感慨深いですね〜。
なんか秋から冬になる頃の匂いって私の中であるのですが、ふと脳が刺激されてその匂いを思い出しました。
そう国内は国内でいいんですよね〜。
と、下呂温泉って名古屋からそんなもんでいけるんですかー!?へぇ〜!
愛知辺りだとやはり西方面?!へ行きやすいんですかねぇどちらかというと。
Posted by tar at 2005年10月25日 19:04
●tarさんへ●
たまには日本の景色もいいでしょ。
僕も秋から冬にかけての時期って特別な感じがありますね。
11月あたりは旅行代金も安い時期ですからね。
中部圏だと岐阜や長野にたくさんの温泉地があるけれど
下呂温泉というのはどっちかていうと、お手軽領域で
わざわざ旅行に行くという感じではなかったんだけど
行ってみるといいところだなあと思いましたね。
ちなみに1時間半てのは電車。車だと2時間ぐらいはかかるかな。
確かに、中距離旅行だと東方面へ行く頻度の方が少ないかなぁ。
うちの義理の両親は伊豆ばかり行っていますけど。
Posted by KID at 2005年10月25日 21:08
毎年秋に、私の頭に撹乱が起きます。紅葉と青空を見ると、
とにかくどっかに行っちまいたくなる、頭が彷徨うのですが、
心境を言い表わすと冬眠前のエサを探すクマ(リスでもムーミンでもいいけど)。
クマは風流にも、紅葉(他)にそそのかされて昂奮し、だから私は、秋になると皆さんが旅立つ理由の一つに、
実は潜在する野性によるものではないか、と踏んでいるのです。
さあ皆さんも心の中のクマの声を聞いてみよう。
自分の中のクマと語り合い、紅葉狩りも一層風流になることでしょう。
※今日KIDさんとこにマタギの本もってったから、こういう方向になったと思われ…。
Posted by Aシモムラ at 2005年10月25日 23:01
●Aシモムラさんへ●
そうか、冬眠前に動き出す野生のDNAか。
その可能性はあるかもね。

そういえば、上の写真は「マタギ」を連想させる。
マタギの世界から東北の山々をイメージトリップするのも
いいねぇ。
やっぱ、また、マタギの本貸してちょ。
Posted by KID at 2005年10月26日 09:17
 
Copyright © KID All Rights Reserved.