2013年02月16日

雪道の高揚

雪道1

雪道3 いつになったら春がくるんだろう。今期の冬は全国的に雪が多い。冬の雪道をドライブする感覚は普段のドライブとは全く感覚が違っているものだ。若き日に、雪の北海道を車で巡ったことがある。当時、あさはかにも3月なので大丈夫だろうと夏タイヤ(普通のタイヤを北海道ではこう呼んでいた)のまま出かけたら、北海道は冬真っ盛りの風体で、とんでもないドライブになった。吹雪、滑り、スタック、手押し、吹雪、滑り、スタック、手押しの連続だった。まったく先の見えない雪の世界を、うっすらと見える道路標識だけを信じてひたすら走る感じは、絶望に近い心細さだ。真っ白な大地が吹雪くと完全なホワイトアウトとなり、どこを走っているのかわからなくなる。しかし、不思議なことに恐怖と不安の中にいながらもどこかハイな気分の高揚を感じるのだ。あんな無謀な旅は一生に一度でいいのだが、今でも雪のドライブをすると、あの先の見えない心細さの中で感じたハイな気分を思い出すことがある。

雪道2

↓↓ブログランキングに参加しています。今日もプチッと応援投票をありがとう。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kidtvl555/51951031
 
Copyright © KID All Rights Reserved.