2018年05月17日

高知:ニワトリのおむつ

高知広島釜山クルーズBar
小鳥屋1

 最初の寄港地高知市ではりまや橋をめざして町を歩き始めたところ交差点の角に「小鳥屋」を見つけた。思わずしばし立ち止まった。今は小鳥を飼う家が少なくなったのか小鳥屋自体めずらしく懐かしい。子供の頃家で飼っていたジュウシマツや紅スズメ、文鳥とひさしぶりにご対面。特にジュウシマツが愛らしい。表に出された鳥籠の中に不思議な表示を発見。「手のりニワトリ、プチコッコ」手のり文鳥ならぬ手のりニワトリ??出てきたご主人に聞いてみると、ニワトリも人に慣れるといかに可愛いか熱く語ってくれたのだった。店のドアを見ると「ニワトリ、プチコッコ用・鳥用おむつトリトレット入荷」の張り紙が…。へぇーニワトリにおむつなんてのがあるんだ。これは愛鶏家の部屋飼い糞対策用に開発されたものらしい。ふと、思い出した。高知と言えば昔から軍鶏の闘鶏が盛んで闘鶏場があったりする土地柄じゃないか。ニワトリに対する愛情が人一倍深いのかも知れないなぁ。

小鳥屋3小鳥屋4
小鳥屋2


↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーを応援クリックしていただけたら幸いです。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉


 
Copyright © KID All Rights Reserved.