2019年01月14日

皿の上の一期一会16:バカリャウ・ア・ブラス

バカリャウ・ア・ブラス

 滅多にないが妙に口に馴染む料理に出会うことがある。この皿にもそのひとつ。「バカリャウ・ア・ブラス」というポルトガル料理。「バカリャウ」は「干した塩鱈」のことで、ポルトガルでは塩鱈を使った料理のバリエーションが異様に多い。中でもポピュラーなメニューの一つがこれらしい。見た目、皿の上は何も脅威のない日本の食堂か中華屋的風景である。説明を聞けばさらに安堵感が増す。これはジャガイモと玉ねぎが入った塩鱈の卵とじなのだ。日本人の感性に合う響きだ。なので安心して食べよう。塩加減もちょうどよくバクバク食べられる。そういえばポルトガルで食べた鱈のコロッケもうまかったなぁ。



↓↓ブログランキングにご協力を。応援クリックしていだけたら幸いです。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉



 
Copyright © KID All Rights Reserved.