2019年01月15日

皿の上の一期一会17:クリスピーダック

ローストダック半身

 出てきた皿におもわずのけぞった。どどんとシンプルな盛り付けで表されたこの食のリアリティーにおののく。これはバリ島はウブドの老舗「ペペブンギル」で頼んだ名物料理「クリスピーダック(半身)」で、スパイスで味付けたアヒルをまるごと揚げたもの。さて、どこから手を付けていいものか、初めて蟹を食べるときのような気分である。恐る恐る噛みついてみると、外はパリパリだが、中身は鶏肉とは違った弾力ある肉がジューシで味が濃い。スパイスが効いているので食べ進んでもそんなに退屈しない。中華あたりのローストダックとはまた違った世界が広がる。しかし、少々気合が必要な料理である。

↓↓ブログランキングにご協力を。応援クリックしていだけたら幸いです。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉



 
Copyright © KID All Rights Reserved.