2020年03月24日

なんで撮ったの?87:ハグ

HugAni

 アラスカの土産屋でみつけた「ハグする動物のぬいぐるみ」である。面白い売り方だと思った。ハグでくくればぬいぐるみを2つづつ売ることができるじゃないか。文字通りの抱き合わせ商法だ。で、パチリ。こういうの日本にもあるのだろうか。これはハグする文化のある国こそ受け入れられる売り方だろう。昨今のご時世、ヨーロッパで感染が広まったのは日常的にハグをする習慣があるのが要因の一つだとささやかれている。濃厚接触というと言葉が美しくないが、ハグそのものは美しい行為だ。しかし、今は控えなければならない。あいさつを控えるだけならいいが、恋人同士だったらどうするのだ。悩ましいご時世である。

HubPariHugCro
左:パリのヴォージュ広場にて 右:クロアチアのザグレブにて


↓↓ブログランキングに参加しています。下記バナーを応援クリックしていだけたら幸いです。
banner_02

〈ヨコ旅メインページへ〉


この記事へのコメント
KIDさんへ
おはようございます。可愛すぎて私なら絶対買っちゃいますね。
ハグといえば、ダンナが海外勤務からやっと日本に戻ることができた時、空港の出口で待っている私を見つけたダンナ(ほとんど現地の方と化している)は脱兎のごとく突進してきました。
(ああーハグされる、ここは日本じゃー!!)と心の中で叫んでいる私がいて、思わず後ずさり。あの時は申し訳なかった、ゴメン。
Posted by ベティ at 2020年03月24日 07:52
●ベティさんへ●
ははは、ハグの文化は習得できるものなんですね。旦那様の愛情が感じられる微笑ましいシーンなのに身を反らしてはいけませんね。
Posted by KID at 2020年03月24日 08:06
KIDさんへ
ほんとですね。ハグは人を優しくさせる良い習慣です。
Posted by ベティ at 2020年03月24日 08:16
 こんにちは
 お天気は良いのですが風が強いそして寒い横浜です。
 ぬいぐるみ普通にしていてもかわいいのに、もうそのまま通り過ぎられませんね、つい手に取ってしまいそう。どこの船でもキャラクターくまちゃんが存在しますがみんなかわいいできることならみんな連れて帰りたいのですが置き場所を考えて諦めることが多いです。
 私も船の中では別空間でいつもはハグはしませんが以前にあった人と偶然会ったりすると思わずハグしちゃいます。
Posted by ディナーのテーブルメイト at 2020年03月24日 11:21
●ディナーのテーブルメイトさんへ●
船の中で以前出会った人に会ったりするとうれしいですよね。船は独特の共通項を提供してくれます。いつか船でとつぜんであったら、ハグして下さい(笑)。
Posted by KID at 2020年03月24日 21:02
 
Copyright © KID All Rights Reserved.