ootomi01

見上げる空は、昨日の暗い雨雲から緑葉を煌めかせる爽やかな青空に変わって、南寄りの風が菜の花を揺らしながら春を加速させていた四月卯月半ばの水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、周辺は不安定な天候になることもなく、穏やかな夜風が街にそよいでいた午後七時過ぎだった。

また新宿駅周辺のラーメン店を訪れて見るかとなって、それならば随分前から訪問候補店にしていたこちらを訪ねて見ることにした。

小滝橋通りの路地を少し入った場所で営業している札幌ラーメン店で、かなり前からやっている昭和の香り漂うそんなお店らしい。 


ootomi02

そんなわけで今夜もまた新宿で途中下車して西口改札を抜け出て、都営地下鉄新宿西口駅周辺の地下道を歩いて行きD5出口から地上に出てこちらの店頭へやって来た。

そう遠くない場所に夜は入れない柏木公園があり、その直ぐ近くに八重桜が咲いていてそれが街灯に照らされていたのが見えた。

ootomi03

そんな桜の花を横目に入店して行くと、なるほど歴史を感じる佇まいのこちらの店内が広がっていた。

たまたま先客のいないこちらで、厨房に一人店主が来店客を待っておられた。

その店主の前のカウンター席に腰掛けて、ラーメンに半チャーハンと餃子3ケが付く900円のAセットを、味噌と正油から味噌の方でお願いすることにした。

味噌ラーメンにカレーや牛乳を入れた提供メニューもあるこちらだったが、今夜はシンプルに味噌ラーメンを愉しみたかっただけにそのAセットにした。


ootomi04

例によってどのくらい前から営業しているかお聞きして見ると、30年以上前に閉店した味噌ラーメンチェーン店の空き店舗を借りて開業したこちらだそう。

具体的な開業した年を追って見ると34~35年前のようで、すると1980年の昭和55年頃にオープンしたところだろうか。本来のラードが入った札幌味噌ラーメンを、開業当初は提供していたそうだ。

今でこそ純連スタイルが受け入れられているが、当時はどさん子全盛期だけにそちらとかなりイメージが違う状況に受け入れられず、そうしない内に現在のような風合いの味噌ラーメンに対応したらしい。

厨房を何気なく見ると、緑色した樹脂製の麺箱があり、そこには昭和20年創業のサッポロ製麺の銘が刻まれていた。開業当初からそちらの製麺所を利用しているこちらだそう。


昨年から池袋にあった工場を、埼玉の戸田に移転させたこともを教えてくれた。サッポロ製麺さんと言えばその関連企業が、つけ麺屋やすべえと東京油組総本店を運営していることを以前に触れている。

ootomi05

奥には岡持ちが置いてあり出前もされているのかお聞きすると、この建物の中だけ対応されているのだそう。その時だけ使う岡持ちのようだった。

ootomi06

程なくして、オーダーしたものが順次やって来た。先に半チャーハンが来たので、そちらをまず口にして行く。これがもう素敵で、かなり美味しく頂いた。全てが絶妙な風合いであり、総合力がものを言うそんな素敵なチャーハンと言えた。


ootomi07

ootomi08

ワンテンポ遅れて来た味噌ラーメンには、こちらオリジナルの具材と言える、薄く焼き上げた卵焼きが1枚添えられていた。それではと行かせて貰えば、やはり良き時代の良き風情が実にたまらないもの。

多加水気味の中太麺がもっちりしていて素敵な持ち味で、やはり卵麺だそうで柔らかいながらも程よいコシがいい風合いとなっていた。味噌ダレは、白味噌と赤味噌の合わせ味噌を使用しているそう。

ootomi09

焼き餃子にはタレがかかっていて、直ぐに頬張ればこれまた良い持ち味を有していてなかなかだった。

それだけに、気がつけば完食。カウンタトップに丼や皿を上げて台拭きで一拭きして、精算を済ませ店主にご挨拶してそこを出た。

ootomi10

ootomi11

そしてなんとなくとなって、先述した八重桜の下におもむき夜桜見物をしばしのあいだだけ愉しんだ。ふと振り返ると、今出たばかりのラーメン店の電照袖看板が見えた。

35年前ならちょうど商業高校を卒業して社会人一年生になった年で、そんなラーメン店が今も営業している姿を目にすると、自分がいい年齢になったことに気づかされた。

いや、かなりなかなか実に素敵でとても素晴らしく良かった、味噌ラーメンと半チャーハンと餃子3ケと客席フロアと燻し銀な店主だった。

ootomi12

◆ 札幌ラーメン大富〔オオトミ〕@西新宿 

2015年4月15日夜訪問


住所:東京都新宿区西新宿7-9-7  TEL03-3371-5299 定休日:日曜日  営業時間:11:00~21:00

※アクセス

JR山手線他新宿駅西口下車。都営地下鉄大江戸線新宿西口駅周辺のD5出口から外に出て小滝橋通りを大久保方面へ進んで行き、一つ目の信号交差点で横断歩道を渡り「すき家」奥の「そば新」右手の道路を入り少し進んだ右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。