souryu01

青空から煌めく陽射しが注いで、南寄りの風が幾分気温を上げていた四月卯月中旬の週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、やはり昼と夜の寒暖の差が大きいと実感する午後七時過ぎだった。

また際コーポレーショングループ系列店で、担々麺と大振りの餃子を愉しみたいとなって、2005年4月29日にオープンしたらしいこちらを訪れることにした。

souryu02

そんなわけで吉祥寺ロフトから程近い、そんなこちらの店頭へやって来た。なんとも重厚感のある店頭で、良い雰囲気がある店先と言えた。

souryu03

さっそく入店して行くと殆どの席が埋まる、賑やかで混雑したフロアが広がっていた。それでも一番奥のカウンター席が空いているそうで、そこまで行くと落ち着いて過ごせそうな場所の席でそこに腰を下ろした。

souryu04

souryu05

手元にあったメニューリストを取りさりげなく広げると、さすが元祖担々麺屋とするこちらだけに、かなりの担々麺メニューがずらりと並んでいた。

souryu06

大肉担々麺から始まって、青山椒担々麺、紅麻辣担々麺、黒胡麻担々麺、白胡麻担々麺、赤トマト担々麺、香菜担々麺、牛すじ麻辣担々麺、肉盛り担々麺。


さらに続いて、えび味噌担々麺、超辣担々麺、汁無し担々麺、肉盛り汁無し担々麺、汁無しトマト担々麺、牛すじ麻辣あえ担々麺と15品目の担々麺メニュー。

souryu07

担々麺以外の麺メニューも意外な程に用意されているこちらであった。えび味噌麺は有頭エビを香ばしく焼いて、合わせ味噌を利用した味噌ダレでコクと風味をだしているらしい。

souryu08

こちらも餃子メニューが豊富にラインナップされていた。変化球な担々麺にするかとも思ったが、比較する意味もあって今夜も黒胡麻担々麺を選んで、またぷっくり餃子を四個でお願いした。

地元の方らしき常連さん風な後続客が続いていた。程なく到着。

souryu09

それではと行かせて貰えば、濃厚で風味豊かな胡麻スープに挽き肉が多めに入ってボリューム感もあり、ムチムチした麺の持ち味がたまらないもの。

グループの中でも紅虎餃子房に近いやや黒ずんだスープで、黒胡麻がたっぷりと浮くスタイルで持ち上げた麺は、やはり太い平打ち麺で素敵と言うしかなかった。

souryu10

souryu11

ぷっくり餃子のネーミングはタイガー餃子会館と同じで、ジュワッと肉汁、大ぶりの当店名物の案内通りの餃子が来て実に良かったが、メニューリストのフォトは比較的地味で、そのギャップが逆に嬉しいものとなっていた。

それだけに、今夜も気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、実に素敵でとっても素晴らしく良かった。

souryu12


◆蒼龍唐玉堂 吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-4 古城会館1階  TEL0422-23-7008  定休日:無休
営業時間:11:30~23:00

※アクセス

JR吉祥寺駅北口下車。サンロード商店街を入り100mほど先にあるペニーレインの左路地を左折。そこを150mほど歩いて行った大通り直前の右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。