ryozanpaku01

南寄りの風が木々の新緑を大気と共に動かして、低い白い雲が夏を連想させた四月卯月下旬の金曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風がそよいでいたそんな午後七時過ぎだった。

実は先週の休日の日に、中央線快速電車の車内で右隣りに30代サラリーマン二人が座っていて、何気なくしているとその会話が自然と耳に入って来たことがあった。

どうやら二人がいつも通り過ぎる青梅街道沿いに、梁山泊と言う外食店があり、そこはかなりの人気店らしく、いつも外に行列が出来ていると言う。

その店名に思わず同じ店名だけに某元ラーメン王のお母さんが営業している小岩の中華茶屋梁山泊を思い出した。そこも中華店なのだろうか。

行列店とは聞き捨てならず、そこでその二人の話しを元に、スマホで調べて見ることにした。するとテレビにも何度となく紹介されている、肉あんかけチャーハンが絶大なる人気を誇る、行列人気有名中華店であることが判った。

しかしながら西武新宿線武蔵関駅周辺の青梅街道沿いで、夜のみ営業するそんな中華店だけに初めは気軽に行ける場所ではないこちらだと思った。ではなぜお隣りのサラリーマン二人は、西武線ならぬこの電車に乗っていたのだろうか?

そこでよくよく調べて見ると、吉祥寺駅北口から路線バスがその中華店近くまで走っており、それに乗れば仕事帰り気軽に立ち寄れることを程なく突き止めた。

そんなわけで中華店ならばラーメンも提供しているだろうし、もちろんやはり肉あんかけチャーハンの名店ならば、そちらをメインにして愉しみたいところだ。

ryozanpaku02

と言うわけで今夜こそとなって、スマホアプリのナビウォークを参考にしながら路線バスに乗車。目的地近くのバス停は「吉祥寺通り入口」で、吉祥寺駅から8つ目の停留所だった。

ryozanpaku03

ryozanpaku04

前方の関町交番前交差点を右折して、青梅街道の右側歩道を200mほど進んで行くと関町二丁目歩道橋があり、そこを通り過ぎる頃こちらの店舗の電工看板が煌々と輝いているのが見えて周囲に異彩を放っていた。

ryozanpaku05

8台ほど駐車出来る専用駐車場が隣りの敷地に用意されており、見た目個人経営と言った感じの建物で、なかなかお目にかかれない繁盛している中華店だった。

ryozanpaku06

午後八時近い時間もあってだろうか、外列もなく直ぐに入店することが出来た。それでも中に入れば広い店内に並ぶカウンター席は、数席だけが空いているだけで大変盛況なこちらであった。

ryozanpaku07

なるほど辺りを見回すと8割以上の方は、皆さん肉あんかけチャーハンを頬張っていた。

ryozanpaku08

近くの空いた席に腰掛け、予定通りに肉あんかけチャーハンをお願いして、ラーメンも食べたいのでそちらは麺少なめにしてと希望してオーダーした。

広い厨房には合計8人の方がおられ、なかなか壮観な人数と言えた。1976年の昭和51年に開業したこちらだそう。

お店の方にそんな開業年を確認させて頂くと現在は初代店主と共に、2代目店主も一緒に厨房へ立っていることまで教えて頂いた。

ryozanpaku09

2011年10月19日放送の日本テレビ「ヒルナンデス!」で紹介されたこちらで、つるの剛士さんは常連さんらしく、そこでこちらをお奨めしていたらしい。

2013年2月22日放送のTBSテレビ「ぴったんこカンカン」では、あの石塚英彦さんも絶賛していたようだ。また2013年7月14日放送の日本テレビ「シューイチ」でも、話題のスポットとして紹介されたと言う。


ryozanpaku10

開業当初は8席程度のしがない中華店だったそうだが、13年後に16席に広げて、さらに13年後現在の26席となったこちらのようだ。

冒頭で同じ店名の中華店を紹介しているが、もちろん全く違う経営であろうし、この店名もまた国内に多く散見される名前と言えそう。

小岩の梁山泊でも触れたように、梁山泊と言うと水滸伝の舞台になった地帯で、そこから転じて「優れた人物が集う場所」とか「有志が集まる場所」と言う意味合いを持つようだ。程なく到着。

ryozanpaku11

ryozanpaku12

先に肉あんかけチャーハンが来たので、そちらから口にして行けばそれは納得のボリュームとその美味しさが舌を喜ばすもの。

醤油の酸味が気持ちだけ立った、まったりとした肉あんかけが何しろ良いし、パラッとしたチャーハンの持ち味が絶妙な風合いを感じさせた。

こうした風合いの料理だと胃がもたれがちになるが、そんなこともなくすっきりした味わいで、また行こうと感じさせる魅力的な肉あんかけチャーハンだった。

ryozanpaku13

ryozanpaku14

そしてラーメンにも手をつければ、風味の良い中華醤油スープと中太麺の相性も良く、肉厚のバラロールチャーシューがまた素晴らしかった。

それだけに、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に果てなく、何処までも途轍もなく確実になかなかとっても良かった。

ryozanpaku15

★ 中華 梁山泊(リョウザンパク)@練馬関町南

住所:東京都練馬区関町南3-4-51  TEL03-3928-9284  定休日:月曜日  営業時間:17:30~23:00

※アクセス

西武新宿線武蔵関駅南口または上石神井駅南口下車。青梅街道に出てその通り沿いで営業している。どちらの駅からも徒歩およそ10分程度。

またはJR吉祥寺駅北口下車。吉祥寺通り入口停留所を通過する路線バスに乗車し、8つ目のそのバス停で降車。前方の関町交番前交差点を右折して200mほど歩いた右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。