gump01

新緑の街に春の花々がいたるところに咲き綻んで、青空からそそぐ陽射しがそよ風を木々に贈っていた四月卯月下旬の月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな南寄りの夜風が行き過ぎるそんな午後七時過ぎだった

こちらも阿佐ヶ谷駅周辺で営業しているラーメン店だけに、かなり気になっていた一軒だった。

2014年6月4日にオープンした、魚介豚骨にやや太い自家製ストレート麺のラーメンとつけめんを提供しているこちらのようだ。

なんと東池袋大勝軒系のラーメン店で、修業経験がある店主らしい。その修業先はどちらなのだろうか。そんなわけで、今夜こそとなって、仕事帰り訪ねることにした。

そんなわけで本日もまた阿佐ヶ谷駅に降り立ち今夜は北口へ出て、ガード下のスターロードの通りを荻窪駅方面へ100mほど歩いて行きその店頭へやって来た。

gump02

gump03

gump04

店舗が営業している場所は、以前は「いっこくや」や「麺屋天勝」と言うラーメン店があった場所だそうで、居抜店舗に開業させたこちらのようだ。

スターロードの奥まった場所で阿佐ヶ谷駅に近いものの、並み居る競合店と戦うにはやや奥まっているアクセスと言えた。

さっそく入店して行くと右手に券売機があり、提供するメインメニューは、ラーメン、具たくさんラーメン、つけめん、具たくさんつけめんと言う至ってシンプルなもの。

特製系は具だくさんと言うネーミングを用いているようだ。券売機にはお釣りの取り忘れに注意するよう親切に記述されていた。また小さいフォトながらもビジュアルも紹介されていた。

gump05

gump06

つけめんと言う選択肢もあったが、ラーメンにして味付玉子の追加トッピングのボタンを選んで、サイドメニューも食すかとさらにチャーシュー炊き込みご飯のボタンも選んだ。

振り返ると、先客一人が居る客席フロアで、厨房には店主が一人だけおられた。

店先に自家製麺であることが紹介されており、そこら辺をお聞きすると自宅の1階で製麺したものを毎日持参しているそうで、まさしくこれがホントの自家製麺と感心してしまった。

gump07

修業先はなんと、東池袋大勝軒の総本山だそう。店舗名の由来をお聞きして見ると、アメリカで1994年に公開された映画「フォレスト・ガンプ」から命名したのだそう。トム・ハンクス主演でアカデミー賞も受賞している映画作品だ。

店名のガンプは、アラバマ州の方言で、ウスノロとかマヌケと言う意味があるらしい。やはり感動的な映画に、感銘を受けて名付けたのだろうか。

程なく到着。ここ数日麺上げ撮影を忘れていたので、口にする前にしっかり撮影を済ませた。

gump08

gump09

それではと行かせて貰えば、これがなかなかの魚介豚骨感の味わいでたまらないもの。化調感はほぼ皆無で、どちらかと言えば、確かに「はやし@渋谷」に近いシフト。

スライスされたカットレモンは、ちょうど柚子の風情のように映して、実に素敵な風合いを醸していた。中太ストレートの自家製麺の風情もかなり素敵で、まったり来るスープは感動領域に迫るほど。

炙られたチャーシューに味付玉子も美味しく、チャーシュー炊き込みご飯も煎り白胡麻がたっぷりと掛かってなかなかの持ち味があった。それだけに、気がつけば完食。

gump10

映画フォレスト・ガンプの宣伝時に使用されたキャッチコピーは、映画の中のセリフが引用されているらしく、それはこれまで全米で公開された多くの映画の台詞の中で上位にランクインされていると言う。

gump11

人生は、チョコレートの箱のようなもの。開けて見るまで分からない。もしかしたら店主は、それが言いたかったのかも知れない。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、何処までも途轍もなく確実に遥か彼方まで実に素敵で良かった。

gump12

★ ラーメン ガンプ

東京都杉並区阿佐谷北2-2-8 第60オーナーズビル1階  TEL03-3338-9908  定休日:日曜日  営業時間:11:30~23:00


ラーメン茹後麺量/並280g・大盛370g・特盛なし


つけめん茹後麺量/並280g・大盛430g・特盛800g

※アクセス

JR中央線阿佐ヶ谷駅北口下車。ガード下のスターロードの通りを荻窪駅方面へ100mほど歩いて行った右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。