saya01

立夏も翌日となって来て白く霞む青空なものの、俄然と言う程ではないにせよ陽射しの強さも高くなっていた、ともあれ春めく五月皐月上旬GWの日々が続く月曜日祝日みどりの日。

今日も仕事が終わって外に出れば、涼やかな夜風に心地良さを覚えたそんな午後七時過ぎだった。

しばらく前からJR西荻窪駅南口周辺に夜だけ営業している、あっさり系のラーメンが好評の居酒屋があるとして気になっていた。大変に味わい深いらしい。

そんなわけで今夜こそとなって仕事帰りまた西荻窪で途中下車して、駅から少し歩いた住宅街の中で営業しているその店頭へやって来た。

もう知る人ぞ知る周辺の愛される、今でこそ当たり前の居酒屋ラーメン店だが、その昔からそうしたスタイルを貫くこちらであった。

saya02

saya03

saya04

ここしばらく前に西荻窪だけのグルメ本・西荻ごちそう様手帖が発行されて、それを偶然にも手に入れていたがそこにも紹介されており、水曜と木曜だけ休業して夜しか営業していない情報は既に仕入れていた。

と言うわけで煌々と輝くネオンに安堵しながらも、木造の良き佇まいに感心しながらその店内へ入って行った。

saya05

するとカウンターの席が並ぶ客席フロアで、そのカウンターには黒い漆塗りのようなお盆が幾つも置かれてあり、来店して来るお客を待つ店主ご夫妻がおられた。

さっそく世間話しに花が咲く店内となって、とりあえずオーダーせねばとなって、メニューリストから、ミルクラーメンが気になりながらも冒険するのはよそうとなってしょうゆラーメンを注文した。

そして餃子があったので、ただの居酒屋では無いことに気づいて、それもお願いした。ちなみに姫ラーメンは小盛りとなるラーメンだそう。さらに追加トッピングで味付玉子も、この際だからと追加オーダーすることにした。

saya06

随分も前に阿佐ヶ谷で竜飛と言う名前の中華料理店を営業していた、そんな店主ご夫妻らしかった。現在その中華料理店はすでに店をたたんでしまい、他人に店を任せてスナックを経営しているようだ。

ここは10年前から現在のスタイルの店舗となったと言う。その前は居酒屋のような店舗だったそうだが、店内の案内を見ると生け花の教室や英会話の塾もやっているようで、色々と複合的な店舗のようだった。

女将さんが吉祥寺が一番住みやすい街と、最近よくテレビで目にすることを触れられていた。それが何故か気にされていたので、高所得者が大変多い要素もあるようなことを話してみた。

ともあれ、西荻窪の方がとても良い街であることを言いたかっただけのようだった。程なく到着。なるほどこれがなかなかの風情を感じる、そんな素敵なラーメンがやって来た。

saya07

saya08

saya09

saya10

それではと行かせて貰えば、スルメのような風味がふわりと薫る、優しい味わいが実にたまらないもの。しっかりとしたチャーシューも入って、やはり中華店をその昔は営業していた店主なのだろう。

後から口にした餃子が実に美味しく、その語り部のように全てを物語っていた。それだけに、気がつけば完食。

いや、かなり絶妙でとんでもなく素晴らしい、そんな愛らしいほどなかなか素敵なラーメンに餃子と言うしかなかった。

saya11

saya12

★ らぁめん酒味 さや

住所/東京都杉並区西荻南3-4-6  TEL03-3331-9904  定休日/水曜・木曜  営業時間/18:30~翌2:00

※アクセス

JR西荻窪駅南口下車。南口駅前を左手に進み突き当たりを右折して程ないみずほ銀行奥の左路地を入る。その道路を350mほど直進し、西荻窪駅東信号交差点十字路を右折。200mほど歩いた左手にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。