katsuokobushi01

青い表層から初夏らしい陽射しが朝から注いで、昼間はまた夏日の気温となる予報が出ていた風薫る五月皐月半ばの金曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が軽やかにそよいで、過ごし易いそんな午後七時過ぎだった。

2004年開業の武蔵境人気店きら星の店主である、星野能宏氏の弟さんもまたこだわりのらーめん道を進む方で、2011年2月19日より「らーめんほしの」として東急池上線蓮沼駅周辺で鶏豚濃厚スープをウリにしたらーめんを提供していた。

以前から頭の片隅にありながらも、宿題店のままにしてしまい月日が流れるばかりだった。

ところが今年の3月8日にそこを閉店させて新たならーめんを開発し、つい先日の5月8日より通勤途中駅の浅草橋駅西口から程ない場所で、店名も新たにして営業を始めたと言う。

実兄のきら星店主は、TVチャンピオン第6回ラーメン王選手権の三位に入賞したラーメンフリークでもある方で、その同じDNAを持つ方だけにそこは気になるしかなかった。

きっとかなりこだわった、そんならーめんに違いない。

katsuokobushi02

katsuokobushi03

katsuokobushi04

katsuokobushi05

そんなわけで今夜こそとなって、仕事帰り浅草橋で途中下車して、そこから程ない場所にあるその店頭へやって来た。

katsuokobushi06

katsuokobushi07

入口ドアの上には跳びはねそうなほど生き生きとした、カツオの造形物が据えられて異彩を放つ店先だった。そして入口左手の硝子板に、店舗案内が大きく張り出されていた。

大きい見出しに「怒涛のかつお拳」と題され、「凝縮されたかつお節の旨みがとことん味わえるスープ」とラーメンの味わいを表していた。

また店頭の右側に2階から手がとどきそうなほどの、「きら星」の銘が入ったやぐらタイプの開店祝いの花輪が店頭に飾られていて、兄弟の仲が良いことがそれを見てよく理解出来た。

katsuokobushi08

katsuokobushi09

katsuokobushi10

さっそく入店して行くと左手に券売機があった。浅草開化楼特製麺と記された白木の木板がその券売機の上に置かれていた。

かつおタタキ丼なるサイドメニューを提供しているこちらで、それが気になっていただけにまだあったかと、らーめんのボタンと共に連打。振り返ると話題性のある新規開店のこちらもあってか、大変盛況なフロアが広がっていた。

奥にラーメン本で見た星野店主がおられ、そちらの方のカウンターがちょうど空いていたので、そこに腰掛けてチケットを店主に手渡した。

するとたった今しがた、かつおタタキ丼が終わってしまったそう。それならば残念ながら致し方なく返金して貰い、それではらーめんを特製に変更させて貰い差額分の170円を支払った。

katsuokobushi11

katsuokobushi12

katsuokobushi13

卓上調味料は白こしょうミルと、七味唐辛子ならぬオリジナル八味と言うものがあった。またその周囲に、幾つかの案内が貼られていた。

それによると店名のかつお拳は、スープを飲んだ時に今までにないほど鰹節がガツンと衝撃的に来るスープを理解して貰うため、それをカツオのパンチ力と比喩させてあらわしたものだそう。

またスープに関する蘊蓄もあり、鹿児島産の最上級かつお節を風味が飛ばないよう丁寧に削り仕上げたスープらしい。

鰹節本来の自然な風味を前面に出したかったため、鶏や豚等のダシを一切利用せずしかも無化調で提供しているようだ。

鹿児島産の最上級かつお節と言えば本枯節だろうと星野店主に確認させて貰えばその通りだそうで、本枯節を濃厚になる程ふんだんに利用したらーめんとなれば俄然気になるしかなかった。程なく到着。

katsuokobushi14

katsuokobushi15

katsuokobushi16

katsuokobushi17

katsuokobushi18

katsuokobushi19

それではと行かせて貰えば、なるほど期待にしっかりと応えた本枯節の、はち切れそうなほどの旨味燃ゆる素敵な味わいが実にたまらないもの。

麺は菅野製麺所から浅草開化楼に変えたそうで、中細でもやや縮れ気味でムチッと来る風情はさすがの一言に尽きる風合い。

トロンとした食感が素敵なチャーシューは、豚バラ肉を炊いたものだそうで、こんな素晴らしいチャーシューは、ちよっとないのではないか。
本枯節をしっかりと映したスープは、かなり茶濁したもの。

これまでもそうした本枯節を利用したラーメンは存在したと思うが、ここまで濁るほど濃厚にした本枯節のみのラーメンは初めてではないだろうか。

極上の鰹節と言えば本枯節で、カビ付け作業を五回近く繰り返す鰹節であり、その仕上げには半年ほど要して水分量は15%以下になると言う。

炙られた油揚げの風情もよくスプラウトの茎も艶っぽいもので、メンマもプリプリして美味しく、花かつおはさすがに荒節だろうがたっぷりのせられそのらーめんの風合いを押し上げていた。

それだけに、気がつけば完食。これはとんでもなく素晴らしいらーめんだった。

いや、怒涛の如く本枯節の味わいが愉しめた、極上のきわめてとんでもなく絶大に素晴らし過ぎる、確実に猛烈に著しく麗しい素敵ならーめんだった。

katsuokobushi20

katsuokobushi21

★ らーめん かつお拳(カツオケン)

公式ツィッターアカウント/
https://twitter.com/ramenkatsuoken

住所/東京都台東区浅草橋1-24-5 小島ビル1階  TEL非公開  定休日/日曜日  営業時間/11:30~15:00>18:00~21:00


※アクセス


JR浅草橋駅西口下車。改札口を出たら左手に出て目の前の道路を左手に進み、コンビニのファミリーマートが角にある通りを右折して少し歩いた右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。