shiosobatoka01

朝方自宅を出れば厚い雨雲が空を覆っていて、久しぶりの雨が初夏の新緑に潤いを与えていた五月皐月半ばの週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、午後にはそんな雨も上がったようでその雨が地表を冷ましたのか若干気温が下がっていた午後七時過ぎだった。

ブログに移行して新店訪問が増加傾向にあるが、今夜もまた提供するラーメンのビジュアルに魅せられそんな新店のこちらを訪れることにした。

ネットによれば店主の川瀬裕也氏は、大学時代から10年近くラーメンの食べ歩きをされて来た、いわゆるラーメンフリークの方だそう。

週末には自作ラーメンを作り上げて友人に振る舞うようになり、そうしている内にラーメン店を開業させる夢を持つようになったそうだ。

立川ラーメンスクエア主催のラーメントライアウトに出場したりして現実味を帯びるようになり、2012年6月30日その夢がついに現実となったそうだ。

淡麗塩つけ麺をウリにしたラーメン店である、塩つけ麺灯花がその日華々しくオープンを迎えたらしい。

ラーメンフリークの立場だっただけに店内には開業初日から、写真撮影が大歓迎であることがフロアに案内されていたそう。

2012年度東京ラーメンオブザイヤーの塩部門とつけ麺部門それぞれの新人賞を受賞して順風満帆の店主のようだ。

そして2015年4月27日その2号店となる、こちらがオープンして先日から先述した理由で気になっていた。株式会社グッドヌードルイノベーションなる、会社を立ち上げて営業するこちらのようだ。

今月から営業時間の見直しが図られ、その変更がなされたことが公式ブログに記述されていた。土曜日も夜遅くまで営業しているようだ。

shiosobatoka02

shiosobatoka03

shiosobatoka04

そんなわけで仕事帰り今夜こそとなって、通勤ルートを少し変えてこちらへ立ち寄ることにした。と言うわけで新宿で改札口を出て、都営地下鉄新宿線に乗り換え、久しぶり曙橋駅に降り立った。

A1出口から外に出て、直ぐ左手の路地を入って行く。路地裏の十字路を過ぎると、緩やかな坂道となっていた。そこをしばし歩いて行くと、右手に風情もよく佇むこちらだった。

shiosobatoka05

shiosobatoka06

店先には大きな白い提灯がぶら下がっていて、そこには店名の鯛塩そば灯花と共に、宇和島産真鯛と玄界灘産極塩の文字も大きくあらわされていた。

愛媛県宇和島産の真鯛に、佐賀県玄界灘の自然海塩「一の塩」を利用した、こだわりの鯛塩そばがウリのこちらだ。

九州北西部に広がる対馬海流が流れる海域を、玄界灘と言うが玄海とも呼ばれることも多い。その海域は大陸棚が広がり、世界有数の漁場として知られている。

店頭の右手には三河屋製麺の麺箱が、幾つも積み重ねられていた。さっそく入店して行くと土曜日の夜もあってか先客が数人散らばるフロアが広がっていた。


shiosobatoka07

shiosobatoka08

shiosobatoka09

shiosobatoka10

shiosobatoka11

左手に券売機があったのでその前に立つと、その上に魚拓にも見えた描かれた真鯛の絵があった。その左手にはこちらにもまた、写真撮影が大歓迎であることが謳われていた。

それを微笑ましく確認しながら券売機のボタンを見ると、なんと愉しみたかった本格胡麻鯛茶漬けのボタンが売切れとなっていた。

それならばやむを得ずとなって、7月販売開始予定と記述された鯛つけ麺が気になりながらも、鯛塩そば~半熟味玉付き~と、鯛めし~鯛出汁炊き飯~のボタンを連打した。

中ほどのカウンター席に腰を下ろしてチケットを手渡すと、丁寧な接客が心地よいそんな対応が素敵なこちらだった。程なく到着。

shiosobatoka12

shiosobatoka13

shiosobatoka14

shiosobatoka15

shiosobatoka16

気持ち太めの中細ストレート麺が透き通るスープから見えて、低温調理による紅色がかったレアチャーシューに穗先メンマが横たわり、そこに刻み青ねぎと彩りも豊かな生扶が添えられていた。

直接見るとさらに美味しそうに見える、そんなこちらの鯛塩そばと言うしかなかった。

それではと行かせて貰えば、真鯛の絶大なる旨味ほとばしる風情が実にたまらないもの。ダシはなんと愛媛県宇和島産の真鯛オンリーだそうで、こちらもまた豚や鶏などの動物出汁不使用だそう。

世界有数の漁場である玄界灘の自然海塩「一の塩」は、暖流の対馬海流が育むミネラルが豊富に入り、海水に溶け込んだ多くの無機塩類が含まれて奥深い味わいがあるもの。

三河屋製麺の気持ち太めの中細ストレート麺は、かなりモチモチと来る多加水気味のもので、その食感を重視した持ち味を考慮したものだろう。

そんなこともあってか後半になってからやや胡椒を要望したくなり、卓上に置かれてなかったので厨房の方に相談すると、ギャバンのブラックペッパーを出して頂きそれを振り掛けてさらに愉しませて貰った。

レアチャーシューに、半熟味玉もかなり素敵だった。

shiosobatoka17

shiosobatoka18

鯛出汁炊き飯と付記された鯛めしも美味しく、後半は残った真鯛スープを入れてオジヤのようにして愉しんだ。

これまた良い風合いで、それだけに気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく、なかなかと言えて実に良かった。

shiosobatoka19

★ 鯛塩そば 灯花 (トウカ)

公式ブログ/http://ameblo.jp/sio-toka/
住所/東京都新宿区舟町12-13 石原ビル1階  TEL03-3354-3303  定休日/日曜日  営業時間/11:00~15:00>17:00~21:00

※アクセス

都営地下鉄新宿線曙橋駅A1出口下車。外に出たら直ぐ左手の路地を入って行き、120mほど歩いて行った上り坂途中の右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。