misoyaringodo01

紫陽花の花が見られるようになり奄美までは梅雨入りして、陽射し注ぐ晴天ながら何処かすっきりとしない、そんな空が広がっていた五月皐月下旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、心地の良い夜風が少しだけ強めにそよいでいた午後七時過ぎだった。

かなり以前から気になりながらも宿題店にしたままであった、そんなこちらだけにもう今夜こそとなって仕事帰り立ち寄ることにした。

2008年9月15日にオープンしたこちらで、京橋の人気店ど・みそ店主が修行したことで広く知られる両国ときせいの店主を父に持つそんなみそや林檎堂店主だそう。

実は朝方の通勤時にスマホでネット検索している内に、偶然こちらの店主がめん徳二代目つじ田 で修行経験があることを知るところとなって、それがきっかけになってその訪問に弾みがついたからであった。

misoyaringodo02

misoyaringodo03

misoyaringodo04

misoyaringodo05

misoyaringodo06

そんなわけでまた東中野で途中下車し西口側に出て、前方の山手通りの幅広歩道を400mほど進み行くと、具象化された林檎マークが暖簾上の黒い壁に浮かび上がりながらも風情もよくこちらが佇んでいた。

店先の自立案内板には、「肉」「骨」「野菜」「昆布」「鰹節」を大量に使用した濃厚なラーメン屋です、と記されていた。

そして無化調であることが謳われていて、「5年後10年後のあなたの健康を願っています」と言ったメッセージも綴られていた。

misoyaringodo08

さっそく入店して行くと右手に比較的小柄な券売機がありその前に立ち、特にこれと決めていなかったので一度は自家製ローストビーフや三元豚のチャーシュー等が入る特製味噌らーめんに気持ちがなびいた。

しかしながら1500円と言う金額もあって、それならご飯ものサイドメニューに味玉入りの味噌にするかとなって、地鶏の味玉付き味噌らーめんに、ドはまり肉ご飯なる提供メニューのボタンをそれぞれ連打した。

振り返ると、そこそこに盛況なこちらの店内が広がっていた。店主の傍に腰掛けて、今夜も世間話しに余念がないところだった。

実はどうやら自分の記憶の引き出しに勘違いがあったようで、こちらに来るまで違う通りで営業していたと思っていた。

4年ほど前からその訪問を考えていたが、何処かで気がつかない内に違う店と記憶をすげかえてしまったようだ。それを店主と会話して、初めて気がついた次第だった。

ともあれこれは話題を変えなければとなって、つじ田出身を知って来たことを告げてその話題にしばしのあいだ終始した。

つじ田出身と言えば2007年頃浅草に麺家はっかい なるラーメン店が営業していて、大柄の店主がその出身で何度か足を運んだものだ。

ところがそうしない内に閉店してしまった。その方は元気でやっているかお尋ねすると、その店は知っているが店主と交流がなかったそうでその後どうしているか知らなかった。

misoyaringodo09

また開業時は昼はみそや林檎堂として夜はアップルベーシックに変わるこちらだったが、2009年9月頃よりそのダブルブランド展開の戦略を実は止めていたそう。

その頃から現在の店名である、みそや林檎堂BASICと統一した店名を用いていたそうだ。

店名に林檎が入っているのはウリの味噌らーめんにそんな果物がたっぷり入っているからだろうと思いきや、店主が子供の頃のひ弱だった時に健康増進に口にしたリンゴを思い出したからのようだ。

自店のラーメンで元気になって貰いところから命名したらしく、リンゴは味噌らーめんの中には一切入れていないそうだ。程なく到着。

misoyaringodo10

misoyaringodo11

misoyaringodo12

misoyaringodo13

misoyaringodo14

misoyaringodo15

味噌らーめんと共に、店主の修行先を思い出させた黒七味に、赤唐辛子の粉末が四角い和風皿にのせられて一緒に到着した。

それではと行かせて貰えば、もう何とも言えない旨味が怒涛の如く寄せては返して来て、そんなさざ波のような味わいが実にたまらないものとなっていた。

スープは大量のゲンコツをベースにして、背脂や宮崎県産鶏ガラを利用しているそう。

さらにモミジ、茨城県産丸鶏、鶏脂、玉葱、ジャガイモ、ニンニク、キャベツ、日高産根昆布、鰹節等の天然素材もふんだんに使用しているらしい。

それらの食材を全てが溶け切るまで、強火で約11時間を要して炊いたものだそう。

麺は創業時三河屋製麺だったようだが、現在は大栄食品の特注麺らしく、国産小麦100%使用で防腐剤・添加物一切不使用のこだわり麺だそうで、確かに何ともな素敵な極太平打ち縮れであった。

misoyaringodo16

misoyaringodo17

サイドメニューのドはまり肉ご飯も実に美味しいもので、使用白米は産地直送の山形県はえぬき米のみを利用しているそうで素敵で良かった。

卵にこだわりがあるこちらで、時季によって提供する卵を変えているそう。それだけに味玉もなかなかで、気がつけば完食。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく確実に明確に明白に明瞭に良かった。

misoyaringodo18

★ みそや林檎堂BASIC

公式サイト/
http://kanno-go.jpn.org/

住所/東京都中野区東中野1-31-8 井上ビル1階  TEL03-3362-1173  定休日/日曜日  営業時間/11:00~15:00>17:00~21:00

※アクセス

JR東中野駅西口下車。西口改札を出て、前方の大通りの山手通りを左手に400mほど歩いて行った左側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。