higashikoyo01

曇り空が明け方の白む空のように広がるものの、午後までに晴れる予報が出ていた五月皐月下旬の日曜日。
今日も仕事が終わって外に出れば、爽やかな夜風に初夏の趣きを感じさせた午後七時過ぎだった。

昨日は長い間宿題店にしていた東中野某店を訪ねたが、実はその際に以前伺ったこちら 店先を通り過ぎていた。

ブログを始めた頃に本家高揚で修行経験がある十八番(オハコ)を訪れて、その前には新宿西口の新高揚にも訪問しており、こちらの存在が大きくなり出していた矢先だった。

そう言えば本家高揚は常連さんだった方々の中で、昭和36年創業とする方と昭和39年創業と謳う方の二つに分かれており、どちらが正しいのか気になっていた。

こちらの店主に何故そうなのかお聞きすれば、きっと明解な答えを教えてくれるに違いない。

higashikoyo02

higashikoyo03

higashikoyo04

higashikoyo05

higashikoyo06

そんなわけで連日東中野で途中下車して、西口改札を出て前方の山手通りを左手に歩いて行った。

100mも進めばこちらの店頭で、手打ちラーメン高揚と記された電光自立看板が、今夜も風情良く入口に佇んでいた。

四年前に一度だけ訪れたこちらで、その際に1994年6月に開業したことを教えてくれたものだ。以前は確か午後八時半の閉店だったが、最近は午後九時まで営業している様子だった。

higashikoyo07

higashikoyo08

higashikoyo09

higashikoyo10

higashikoyo11

さっそく入店して行くと常連さんらしき方が、一人ホイコーローのような中華定食を口にしていた。程なくして後続客が続いていた。

左手奥厨房前の大きいテーブルの椅子に腰掛け、傍にあったメニューリストを見つけてそれを広げる。


あらかじめネットで気になっていた、タンメンと餃子の値段を確認してから、予定通りそれらをオーダーすることにした。

さて四年ぶりに来たわけだが注文をお願いした店主らしき方は、やけに若くもう少しお歳を召した方ではなかったか?

さては二代目となる店主だろうか。お聞きすると以前に色々と教えて貰った店主その人で、人間の記憶など実に曖昧なものかも知れない。

後続客は一人だけかと思えば、後から二人が来店して来て同じテーブルに集合して、にわかに活気づく客席フロアだった。

店主の動きもそうしたグループ客の対応に、忙しく厨房と客席を行き来していた。そうしている内にオーダーさせて貰った、タンメンと餃子が目の前にやって来た。

higashikoyo12

higashikoyo13

それではとタンメンから行かせて貰えば、何処のタンメンとも違うものながら、これぞ王道タンメンの何者でもないと思わせる求心力が感じられて実にたまらない味わい。

手打ちらしい太い平打ち縮れ麺だからだけではない何かが、そうした訴求性を感じさせているようだった。もはや箸が止まることは、麺が消えるまでありえなかった。

鶏ガラ・豚足・野菜を利用して、丁寧に炊き上げたスープらしく、瑞々しい風合いがそれにしても素晴らしかった。

higashikoyo14

higashikoyo15

餃子も皮から自家製だそうで、やや辛味ある肉餡がたっぷり入って、正直言って最初は提供金額と個数に違和感さえ感じたが、食べ終えた頃にはむしろ安いとさえ思わせるほど素敵な餃子だった。

しばらくすると一仕事を終えた店主が厨房から出て来たので、新宿西口新高揚と十八番へ最近訪れたので、また来たをことを告げたのをきっかけに世間話しに花が咲いた。

そこで冒頭の質問を投げ掛けると、本家の中野新井高揚は、昭和36年に新宿神楽坂の地で創業したそうだが、何らかの理由によりそうしない内に閉店してしまったのだそう。

そして昭和39年に中野区新井の地で仕切り直して再び開業し、2005年に閉店しても今なお消えない名声がある地位を築いたそうだ。

すると中野大和町の中華料理十八番(オハコ)は昭和38年創業だが、中野新井開業以前の新宿神楽坂時代に修行したのだろう。

大きな餃子に満足しながらも、タンメンの残ったスープをついつい口にしつつ、気がつけば完食。十八番は店内右奥に製麺室があるが、こちらは厨房の奥にあちらと似たような場所があるそうだ。

いや、かなり絶大にとんでもなく、果てなく確実に何処までも泣けるほど風情良く、途轍もなく明瞭に素晴らしかった。

higashikoyo16

higashikoyo17

★ 本格手打 中華高揚(コウヨウ)東中野店

定休日/東京都中野区東中野1-32-5K'Sコート山手1階  TEL03-3362-7139  定休日/水曜日  営業時間/11:30~14:30/17:30~21:00

※アクセス

JR東中野駅西口下車。山手通りを左手に出て、100m程歩いた左側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。