wellow01

見上げれば夏めく青空から陽射しが注いで、爽やかなそよ風が街路樹の葉を揺らしていた、そんな6月水無月上旬の休日火曜日だった。

2015年5月15日にオープンした、こちらもまた店主公式ブログもあって少し前からかなり気になっていた新進気鋭店で、仕事帰りだと間に合わないようなので休日を利用して訪ねることにした。


wellow02

wellow22

wellow03

wellow04

wellow05


そんなわけで黄色い総武緩行線電車で、また人形の町とも言える浅草橋へやって来た。東口から外へ出ると、そんな五月人形の店舗が数多く見受けられるものだ。

東口駅前の大通りを横断歩道を渡ってから左手へ進んで、柳橋二丁目交差点を右折し柳橋中央通りを歩いて行った。

柳の街路樹が立ち並ぶそんな通りで、この界隈にも人形に関係する店舗が見受けられた。柳の葉が垂れ下がる下に、薄紫色の紫陽花が我がもの顔で咲き綻んでいた。

wellow06

wellow07

wellow08

二つ目の右路地を曲がって少し歩けば、右手にオレンジカラーで統一された分だけ、異彩を放つこちらの店舗が営業していた。

wellow09

wellow10

wellow11

wellow12

wellow13

開店まもない時間さっそく入店して行くと、厨房に店主と従業員の方だろうかもう一人おられて、先客ゼロの狭いフロアが広がっていた。2階にもフロアがあるらしく、上へ上がる階段が目の前にあった。

ともあれ目の前にあった、券売機の前に立つ。厨房の店主に鶏チャーシューは醤油味と塩味どちらでも入るのかお聞きすると、醤油味だそうでその特製醤油ラーメンを見つけてチケットを購入。

特製仕様は味玉と共に両方のチャーシューがのせられるそうで、結局どちらにせよ入ったようだ。

ネットでこちらを追っていると、鶏チャーシューにパラダイスシードと言う香辛料が利用されていることを知り、どんな風味なのか興味が湧いていた次第だった。

ガーナで収穫された西アフリカ原産のパラダイスシードだそうで、ショウガ科の香辛料らしく、鼻を近づけて香りをかがして頂くと、ジャスミンにも似たフレグランスな芳香がした。

テレビ番組でもよく見かける医学博士でもある服部幸應氏が、校長を務める服部学園服部栄養専門学校で、1年間みっちり調理の基礎を学んで来られた店主だそう。

オープン時には学園でお世話になった先生の取り計らいで、誰もが知る服部校長の銘が入った開店祝いの花を贈って頂いたそうだ。

ほぼ独学で作り上げたそのらーめんは、自分が思わず食してみたくなるものを、これまで食べ歩いて来たらーめんを参考にして開発したものらしい。

以前営業していた洋食店コンフォルターブルは浅草へ移転して行ったそうで、その居抜店舗を利用してこちらをオープンさせた店主だそう。

店舗の店頭と店内のオレンジカラー統一化は、客席フロア用に選んだ椅子を見つけた時から始まったそうだ。

店名は開業した町の名前から柳を英語に置き換えて命名されたようだが、表通りの柳橋中央通りにも垂れ下がるだけに、この周辺に馴染んだ素敵な店名と言えた。

そもそもラーメンは拉麺だけでなく、老麺や柳麺とも著されて店名の冠にも数多く用いられており、有名人気店だったちゃぶ屋も柳麺であったものだ。程なく到着。

wellow14

wellow15

wellow16

wellow17

wellow18

wellow19

wellow20

それではと行かせて貰えば、風情も豊かな醤油スープの味わいに、やや縮れ気味の中細ストレートの持ち味がたまらないもの。

広島岡本醤油醸造製濃口醤油をカエシにしたものらしく、その風合いも実に素晴らしいの一言。

そしてやはりこだわって無化調にしているそうで、寄せる旨味のさざ波が瑞々しくもしみじみとしていてかなり良かった。

揚げネギが入るもので、思わずそうした揚げネギを利用する名店の名前が脳裏を掠めていた。麺は口にする直前に店主から教えて頂いて判ったが、なんと浅草開化楼さんだそう。

その営業担当はカラスさんらしく、地元人気製麺所だけに思わずブログに多少なりとも利用製麺所を記述することをお奨めしてしまった。帰宅してから気がついたが、ツィッターアカウントを後で知った。

メンマの替わりに筍を炊いたものが多めに入っていて、メンマだと店主が考えるらーめんには似つかわしくないとしてこうしたそう。

この筍の水煮がさすが服部学園を卒業した店主だけに基礎がしっかりしており、それ以上にセンスの良い風味にそれは美味しくシャクシャクとしていて食感も素敵だった。

パラダイスシードを利用している鶏チャーシューもなるほどな持ち味で、豚チャーシューも丁寧な作り込みでこれまた美味しいものだった。濃厚な黄身にその色合いも素敵で、それだけに気がつけば完食。

いや、もうかなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく確実に明瞭に何処までもひたすらしみじみとしていて実に良かった。

wellow21

wellow23

wellow24

★ 麺屋 WILLOW[ウィロー]

公式ブログ/http://ameblo.jp/r-hskw/
ツィッター公式アカウント/https://twitter.com/men_ya_willow
住所/東京都台東区柳橋1-32-8 TEL非公開 定休日/日曜・祝日 営業時間/11:30~14:30LO>18:00~20:00 ※土曜 11:30~14:30LO

※アクセス

JR総武線浅草橋駅東口下車。前方の大通りを横断歩道を渡ってから左手へ進んで行き、柳橋二丁目交差点を右折して二つ目の右路地を入り少し歩いた右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。