tomitaseimen01

猛暑を象徴するかのように蝉の音も高らかに響いて、気持ち少しだけ白く霞んだ青空から強い陽射しが燦々とふり注いでいた、梅雨明けまもない夏煌めく七月文月も下旬となって来た火曜日だった。

時に2012年4月13日木更津の三井アウトレットパークのフードコート内に、松戸の名店とみ田がおくる新ブランド店となる松戸富田製麺と名付けられたラーメン店がオープンした。

つい先日訪れたばかりのとみ田本店と変わらない妥協を許さない仕上がりを目指した、そんな提供メニューが愉しめるとしてかなりの人気を博しているらしい。

その新しい店舗が昨年の2014年3月14日に、ららぽーとTOKYO-BAY南館前のハーバー通り沿いにもオープンして、とみ田初の純鶏あっさりスープも提供してこちらもまたかなりの好評を博しているらしい。

それをつい先日いつもヘアカットで訪れている、かなりラーメンにはうるさい理美容室のマスターから、特に新味の純鶏そば醤油味がとても美味しかったことをお聞きして実に気になるところとなっていた。

tomitaseimen02

tomitaseimen03

tomitaseimen04

tomitaseimen05

tomitaseimen06

tomitaseimen07

tomitaseimen08

tomitaseimen09

そんなわけで混雑しているであろう3連休を避け、連休明けの火曜日に船橋海神での所用を済ませた後、最寄り駅の海神に戻ってさらに京成電車に乗車。

数駅だけ電車に揺られて、ららぽーと最寄り駅で無料送迎バスも発着している船橋競馬場前駅へやって来た。改札口を左に出て階段を降りると、その前方に無料送迎バス乗り場が見えた。

ちょうど並んで待っていた人々が、停車している無料送迎バスに乗り込んでいるところで、小走りしてその最後尾についてそのバスに乗り込んだ。

乗ってしまえばそうしない内に、目的地のららぽーとTOKYO-BAYへ。その昔は1955年に開業した船橋ヘルスセンターがあった場所で、幼い頃親とはぐれて迷子になった記憶が今も鮮明に不思議と残っている。

そしてその後1981年からは、ららぽーと船橋ショッピングセンターとして生まれ変わり、そこにも何度となく訪れたものだ。

平日のみらしいバス降車場でバスから降りてその直ぐ傍の出入口から中へ入って行き、南館手前のハーバー通りを左手に歩いて行った。すると50mほど進んだ頃だろうか、右手にこちらの看板が掲げられたその店舗の前に到着した。

店頭には店舗の案内と共に、提供している美味そうに撮影された餃子の案内も見受けられた。何気なくそんな店頭を撮影していると、外に待つ人はいなかったが何人もの方々が入店して行った。

このままゆっくり撮影していると、外で待つことになりそうだったので、撮影をそこそこに切り上げて中へ入って行った。

tomitaseimen10

tomitaseimen11

すると右手に券売機が設置されており、そこで予定通りあっさり鶏だしと明記されたオレンジのボタンの中の醤油鶏そばの半熟味玉入りのボタンを選択。

そしてサイドメニューも行くかとランチタイム限定と付記されていたローストポークご飯に、店頭フォトもあって心の味餃子2個のボタンも連打した。

振り返るとお店の方が待ち受けていてチケットを手渡すと、こちらでも本店同様にレアチャーシュー提供に問題ないかの確認があった。またやはり店内撮影も、同じく不可のようだった。注文したもの等の撮影は問題ないらしい。

そして客席フロア右奥寄りの島型カウンター席に促されて、そこに腰を降ろした。そう待たない内にオーダーした品物が、トレーに乗せられてまとめてやって来た。

tomitaseimen12

tomitaseimen13

tomitaseimen14

tomitaseimen15

tomitaseimen17

tomitaseimen18

tomitaseimen19

tomitaseimen20

それではと半熟味玉醤油鶏そばから行かせて貰えば、なるほどこれはかなり素敵なシフトで、実にたまらない味わいのもの。豚鶏どちらも低温調理されて豚は燻製もされているチャーシューはやはりかなり美味しかった。

ずいぶん前にきら星さんとのコラボで鶏かさねと言う限定鶏そばを提供していたことがあったが、また違った味わいで今回はチャーシューを別皿にしており、そうすることでシンプルなビジュアルと味の移りを抑えるようにしていた。

また1870年創業の醤油製造販売沼屋本店で醸造された、こだわり抜いた二年熟成させた醤油を使用しているようだが、この醤油の穏やかなでふくよかな風合いがまた実に良かった。

tomitaseimen21

tomitaseimen22

tomitaseimen23

tomitaseimen24

ローストポークご飯がまたかなりの美味しさで、心の味餃子もボリューミーでこれまた泣けるほど良かった。それだけに、気がつけば完食。

この際なので帰り際に富田店主が執筆された「どうして人は4時間も『とみ田』に並んでしまうのか日本一の行列ラーメン店の非常識経営哲学」をこちらの店舗内で購入。

これまで頑なに味と信頼を保つためこうしたショピングセンターでの他店舗展開をしないとみ田だったが、それを新工場の人海戦術が成せる技なのかしっかりと両立させており、もうさすがと言う以外の言葉が思い浮かばなかった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく猪突猛進な旨味冴え渡る、そんな素敵な純鶏そば醤油味と言えた。

tomitaseimen25

tomitaseimen26

★ 松戸富田製麺 ららぽーとTOKYO-BAY店

公式サイト~http://www.tomita-cocoro.jp/

住所/千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY南館1階 TEL047-404-6516 定休日/施設に準じる 営業時間/11:00~22:00

※アクセス

京成本線船橋競馬場前駅下車。改札口を左に出て階段下前方で発着するららぽーと行無料送迎バスを利用。ららぽーと内の中通りのハーバー通り中央付近の南館1階で営業している。出入口は外側にあり。



☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。