yatsuhorai01

遥かな街から来たそよ風が街をかけるものの、白く霞む青い空を焦がすように真夏の陽射しが照り付けながら注いでいた、そんな七月文月下旬の日曜日だった。

先日久しぶりにホームページビルダーの最新版を購入し慣れないなか更新していたら、現在は元に戻ったものの数時間のあいだ以前からのドットコムサイトのスマホで見ていた方だけ、本来のトップページと違うページになってしまい大変失礼しました。

そのウェブ調整に想定外で正午近くまで掛かってしまい、それもあって都内に出掛ける予定だったが、今日はそう遠くない周辺のラーメン店にするかとなった。

そこで少し前にネットで地元周辺のラーメン情報を追っている内に、こちらの美味そうなタンメンとチャーハンの画像を見つけてそれに絆され、それだけでなかっただけに気になっていた一軒の中華店のこちらへ出掛けることにした。

yatsuhorai02

yatsuhorai03

yatsuhorai04

yatsuhorai05

yatsuhorai06

そんなわけで、八幡から京成電車の各駅停車に乗って、久しぶり谷津駅へやって来た。と言っても先日は一つ手前の船橋競馬場前まで来ているだけに、そことそう変わらない周辺地域であったりする。

ともあれその南口側を進んで道路の向こうの階段を降りて行き、降りたらその直ぐそばにある谷津遊路商店街を入り往くと、その中ほどの右側に風情も良くこちらが佇んでいた。

それだけでなかったと先述したが、ネットによればメニューリストに「当店のスープには化学調味料を一切使用いたさず、豚・鶏がら・野菜等をふんだんに使い、滋養と味本位に仕上げました」と記載している中華店らしく、ラーメンメニューは無化調を謳うこちらのようだった。

yatsuhorai07

yatsuhorai08

さっそく入店して行くとこの猛暑もあってか、先客のいない静かな店内が広がっていた。店主とその奥さんが奥におられて、カウンターの奥寄りの席に腰掛けさせて貰った。

店主とやり取りをしながら、タンメンとチャーハンと半焼餃子を注文させて頂くことにした。

ふとメニューリストを見ると、以前からあった「味とこころでおもてなし」のキャッチコピーはあるものの、先述した無化調の案内があるメニューリストは無かった。

そこでお聞きして見ると、消費税増税前のメニューリストに記述していたそう。価格変更のためメニューを刷新した際にその記述は外したそうだが、そのラーメン類の無化調路線は今も変わらないらしい。

1991年に開業したこちらだそうで、今年で24年目になるようだ。お話しをお聞きした店主は、父親から代継ぎをした二代目になるそうだ。厨房へ立つようになって、もう15年近くになると言う。

見ると先代店主らしき方が目の前を通って行き、どうやら直ぐ隣りの建物と扉で行き来出来るようになっていた。

そちらは居酒屋ほうらいと言う姉妹店らしく、おそらく中華店を早い時期から息子さんに任せて、カラオケも愉しめる居酒屋を運営している先代の店主のようだった。

なお、手打ラーメンの冠があったのでもしかしたらと思ったが、やはり麺やタレ等は珍来と取引しているこちらだそう。そこでそこら辺を確認させて頂くと、幾つかの外食店や珍来で、三年ほど修行経験のある二代目だそう。

手打麺ではないことを店主は気にしておられたが、以前にもこのサイトで触れているように、珍来もあって最近では手揉み縮れ麺であればそう冠する店舗が多い。

yatsuhorai10

yatsuhorai11

程なく来たタンメンがやって来たので口にすれば、なるほどすっきりとした風合いに、コクのある豊かな味わいがたまらないもの。白湯気味のスープで高火力が理解できて、チャーハンが俄然期待できるところだ。

良く炒められた豚肉も多めに入る具材の野菜がシャキシャキしており、珍来製手打風のやや太めの中太手揉み縮れ麺がこれまた良かった。

無化調らしいくどさの無いスープをしみじみと味わえて、野菜がカラフルで平成的な大衆中華店のタンメンで良かった。

yatsuhorai13

yatsuhorai14

yatsuhorai15

そしてチャーハンも到着。ネットで見た飯粒の色艶通りの美味しさにもう泣ける素晴らしさ以外の何物でもなかった。ちなみにもちろん、チャーハンは無化調ということはない。

パラふわな米粒に卵が寄り添って、プリプリした小海老が入り、余計な油感がなく塩気も適度で、なかなか完璧に近い王道チャーハンと言えた。

yatsuhorai16

yatsuhorai17

yatsuhorai18

また焼き餃子もジューシーな肉餡が多めに入りやはりなかなかの風情で、こんがりとした面はパリッと仕上がって腹の部分はモッチリとしていて、それだけに気がつけば完食だった。

谷津遊路商店街の中で営業しているこちらだが、商店街のポップなマップが描かれた素敵なパンフレットを頂くことができた。精算を済ませて、ご挨拶しながら外に出て駅へ戻って行く。

その昔に界隈には谷津遊園という遊園地が営業していたもので、幼い頃は両親が京成の鬼越駅周辺に住んでいただけに、親に連れられそこに何度か出掛けたものだ。

懐かしい記憶が陽炎の先で蘇った、そんな猛暑の夏の日であった。

いや、かなりとんでもなく素敵で風情のある提供メニューばかりで、絶大に果てなく明瞭に実に素晴らしく良かった。

yatsuhorai19

yatsuhorai20

yatsuhorai21

★ 手打らーめん ほうらい@谷津

住所/千葉県習志野市谷津4-6-28 TEL047-451-1777 定休日/木曜 営業時間/11:00~20:30

※アクセス

京成本線谷津駅下車。改札口を出たら左手に出て、その南口側を進んで道路の向こうの階段を降りて行き、降りたら傍にある谷津遊路商店街を入って行きその中ほどの右側にあり。



☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。