musashiniten01

霞んだ青空が広がり曇りがちな不安定な雲行きながら陽射しが出ては隠れてを繰り返し、ともあれ熱気が常に感じられてまた首都圏に高温注意報が発令されていたそんな八月葉月上旬の月曜日だった。

そんな暑さに各店とも趣向を凝らした夏季限定冷やし麺が花盛りだが、そんな中でまだ訪れていなかったこちらの蟹をまるごと利用したそんな限定メニューを公式facebookで見つけて、限定で出掛けるのもたまにはいいかとなって今回訪ねてみることにした。

南池袋三丁目で麺屋武蔵の3店舗目として2002年8月31日にオープンしたこちらで、その後五年程してから店長が変わられた際に特注の本格的なフライヤーを導入し、揚げ物をウリにした戦略が始まったらしい。

そして諸般の事情により三年前に移転することになり、2012年9月3日から揚げ物戦略を継続しつつも現在の場所での営業が始まったようだ。 


musashiniten02

musashiniten03

musashiniten04

musashiniten05

musashiniten06

そんなわけで秋葉原で京浜東北線快速電車に乗り、田端で山手線電車に乗り換え少し久しぶりの池袋へやって来た。

西武百貨店がある東口側の出口35から外に出て、東口五差路交差点方面に向かうと程なくある左路地を入って行く。そのサンシャイン中央通りを少し歩くと、まもなく右側に風情も良くこちらが佇んでいた。

二天とは宮本武蔵の号であり、武蔵の後に続く相応しいダブルネームとなって、その後の店名も同じ様式が続いたが最近ではシングルネームに回帰しているようだ。

musashiniten07

musashiniten08

musashiniten09

musashiniten10

musashiniten11

開店してまだ程ない時間で、先客に続いて入店して行く。すると左手に券売機があり、予定通り限定10食とあったカニ天冷し麺を選択した。そしてこの際だしと、豚天もあるが鶏天のボタンを連打した。


振り返ると長いカウンター席の一番手前があと一席だけ空いており、運よく一巡目ですぐ着席することが出来た。

チケットを手渡す際に「揚げ物の別皿での提供をご希望のお客様はスタッフまでお申しつけ下さい」とした案内があったこともあり、少し遅れたが鶏天を別皿にして貰うようお願いすることにした。

今回オーダーしたカニ天冷し麺は現在も提供している冷し二天つけ麺に続く限定メニューらしく、旬の渡り蟹を丸ごと味わう夏の冷し麺第二弾と言うことらしい。

先述したように特注の本格フライヤーがある二天で、脱皮直後のカニ食材であるソフトシェルクラブを、それを利用して揚げるだけにこちらならではの限定冷し麺と言えそうだ。

先に鶏天が来て軽く口にしていると、程なくしてその限定冷し麺も到着。

musashiniten12

musashiniten13

musashiniten14

musashiniten15

ビジュアル的にも見栄えのするもので、それではと行かせて貰えば、なるほど殻は大変柔らかいもので口にし易くするすると胃に収まって行った。

ガーリック風味が効いたタレも素敵で、太めのストレート麺の持ち味がまた良い風情だった。

鶏天と言ってもスパイスが効いたいわゆる唐揚げで、夏バテ気味だったので鶏だけにして蟹ともども油脂もしつこくなく、ボリュームがありながらもサラっとした風合いで、それだけに気がつけば完食だった。

いや、さすが麺屋武蔵と言える美味しさで、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、素敵で実にとても素晴らしく確実に良かった。

musashiniten16

musashiniten17

musashiniten18

★ 麺屋武蔵 二天@池袋

公式サイト/http://www.menya634.co.jp/index.html
住所/東京都豊島区東池袋1-2-4 TⅡビル1階 TEL03-6914-2634 定休日/無休 営業時間/11:30~22:45

※アクセス

JR池袋駅東口下車。出口35から外に出たら東口五差路交差点方面に向かい、程ない左路地を入りそのサンシャイン中央通りを少し歩いた右側にあり。


ご訪問ありがとうございます!


👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m