raishukenokachimachi01

青空と陽射しが出れば爽やかな夏の装いを想わせるものの、灰色掛かった雲が浮遊して軽やかな涼風が昨日までの暑さを打ち消していた、そんな立秋らしい天候の八月葉月上旬の週末土曜日だった。

先日食した人形町系の清澄白河大勝軒のチキンライスで、これまで2度ほど訪ねたこちらのソースチャーハンを思い出して、その中華そばの美味しさもあってまた伺うことにした。

残念ながら現在は閉店してしまったが、しばらく前まで地元に本八幡来集軒が営業していたもので、その想いは人間勝手なもので無くなると追い求めてしまうものかも知れない。

そんな来集軒は明治43年に製麺所として創業しており、昭和3年から東京入谷にその系列の中華店を開業させている。

その入谷の来集軒は昭和16年に埼玉・加須へ移転しており、その加須来集軒に以前訪れたものだ。そう言えば昨夏悲しくも、加須系の鴻巣来集軒が閉店してしまったようだ。

なお製麺所を営業していた本家も、多くの中華店が戦争で閉店して行ったからなのだろう昭和27年から中華店を始めており、昭和62年に一度は閉店したもののその後継店が出来て現在も本家来集軒として営業している。

ちなみに本家の製麺業は現在も続いていて、ミシュランガイド東京2015のビブグルマン店として選ばれた麺えどやは、その来集軒製麺所の麺を利用している。

また昭和26年創業の旧隅田町と言われた八広来集軒には、戦後まもない頃を偲ぶことが出来る大鏡があり、当時営業していた店舗が名を連ねていて興味深い。

製麺所となる本部機能の本店浅草合羽橋の地名を筆頭に、すでに閉店している浅草竜泉寺と浅草桂町に新橋・尾久・大塚・千住と続いている。そして以前訪れた浦和来集軒の名も刻まれており、もちろん加須や御徒町・旧竹町の店も名を連ねている。

高度成長経済を迎えた頃に来集軒は20店舗を超えるグループ店へと成長して行った時代もあったらしい。それは後にその昔は日本堤店長だった現在は堀切来集軒の店主が、関係していることを知ったものだ。小村井来集軒清川2丁目来集軒は、そうした系統の来集軒らしい。

東大島にも来集軒が営業しているが、そちらは旧桂町の蔵前三丁目来集軒出身の方が営業しており、その軒先に揺らぐ暖簾は以前伺った際に今は無き出身店の暖簾が掛かっていた。

なお今回訪ねる御徒町来集軒は、創業してからおよそ60年になるようだ。この時期になると盆入り前に夏休みとなるこちらだが、今日辺りならまだ営業しているだろうと出掛けることにした。

raishukenokachimachi02

raishukenokachimachi03

raishukenokachimachi04

raishukenokachimachi05

そんなわけで秋葉原で乗り換え御徒町で下車して、そこから8分ほど歩いてその店頭へやって来た。まもなく到着と言う頃、中華そばと記された白い生地の暖簾が揺らぐのが見えて思わず安堵の息をついた。

そしてその店頭に立つと、店先に今年は明日から夏休みになることが明示されており、なんとぎりぎりセーフの今回の訪問だった。

raishukenokachimachi06

raishukenokachimachi07

raishukenokachimachi08

ともあれ中へ入店して行くと、常連客の方々で埋まる、ほぼ満員に近い店内が広がっていた。

それでも入口左手一番手前のテーブル席に空いた場所があり、そこにバッグを置いて陣取りながらも奥の厨房へ行き、タイミングを見計らいながら注文を済ませた。

ラーメンかタンメンか、はたまたモヤシそばも悪くない。そこにソースチャーハンもいいが、チャーハンはどうなんだろうと、最後の最後まで悩みに悩んだ。

しかしながらチャーハンはソースの方にやはりなって、ラーメンは結局はモヤシそばで行こうと決めそれらに落ち着くところとなった。こうして考えて注文を決めるのも、それ自体が愉しいひとときだ。

後続客が続いて先客が帰って行くと、空いたテーブル席が直ぐに埋まって、どのテーブルにも必ず誰かが居る状態が続いていた。

常連さんらしき先客は、精算時に下げ膳を自分でしており、それでうまく回っているこちらだった。

冷房が無いこちらだが昨日でどうやら猛暑日の記録も終わって、それ程の暑さで無い都内だけに良い風が店内を通り過ぎたりして問題なかった。程なく到着。

raishukenokachimachi09

raishukenokachimachi10

raishukenokachimachi11

raishukenokachimachi12

それではと行かせて貰えば、やはり絶大に素敵な味わいが、なかなか実にたまらないもの。当初モヤシは餡かけ仕様かと思ったが、茹でた多めのモヤシが麺の上に乗るものだった。

煮干しの香りがふわりと鼻について、チャーシューも実に素晴らしく、メンマもプリプリしていて、やや太めの麺が不思議なほど良き時代を投影しているようだった。

raishukenokachimachi13

raishukenokachimachi14

raishukenokachimachi15

2度目のソースチャーハンは、こうして味わうとやはり単なる中濃ソース味ではなくて、何とも言えない複雑なうま味をライスに映すものでこれまた素晴らしかった。

それだけに、気がつけば完食だった。常連さんの真似をして、下げ膳しながら精算を済ませた。その際に念のためお聞きすると、やはり10月から再開する予定だそう。

ご挨拶して外に出て振り返る。おそらくご主人が他界してから、何も変えていないこちらなのだろう。

お盆は故人を偲ぶためお供え物をして、13日に迎え火を焚き、16日に送り火をすると言う。国内では全国的な風習となっているようだ。

こちらの建物は昔から変わらないそんな外観を留めているだけに、そうしたお盆のことを思うと故人もその変わらない建物に、さぞかし迷わず天界から降りて来ることが出来るだろう。

それにしてもその中華そばやチャーハンの良き風情は、現代のラーメンに遅れを取るものは何一つ無く、むしろ流行にとらわれることなく素敵な方向性を持っていると思う。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく何処までも何処までも確実に明確に、遥か彼方まで素晴らしく実に良かった。

raishukenokachimachi16

★ 来集軒@御徒町 

※明日の2015.8.9より2015.9.30まで夏季休業となります。

住所/東京都台東区台東2-31-9 TEL03-3831-3593 定休日/水曜・木曜・日曜・祝日 営業時間/11:30~15:30

※アクセス

JR御徒町駅南口下車。昭和通りに出て右手へ進み、すえひろレンガ通りに入り200mほど歩いた右側にあり。


ご訪問ありがとうございます!


👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m