toraichi01

薄暗い灰色の雲が空を覆うものの雨が落ちることもなく涼しいそよ風に秋の気配を感じさせ、時折り射す陽射しが実に爽やかだった八月葉月下旬の木曜日だった。

茨城県内にも多くの有名なラーメン店が営業しているが、わかとら家や小櫻などの人気を博していたラーメン店が無くなって久しい。

そんな折り数ヶ月前の2015年6月22日から、現在はらーめん一心となったわかとら家創業店主が関係するこちらがオープンしたとして少し前から気になっていた。

そろそろ落ち着いている頃だろうしとなって、そんな懐かしい店名に思わず想いを馳せて本日出掛けることにした。

家系総本山吉村家で修行された宮本店主が1997年頃に創業させた家系ラーメン店わかとら家で、スモークチャーシューがやたら美味いと言う評判を聞き付けて訪れており、その当時絶大な人気を誇っていた県内有数実力店の一軒だった。

ところが2006年2月中頃から一時期休業していたことがあり、しかしそれも一ヶ月ほどした3月15日から再開したものだった。

とは言え当時閉店の話しも浮上していたらしくそれが引き金になったのか、結局その後の2007年2月1日よりそこにおられ修行されていた鈴木氏が店主となって、らーめん一心と店名が改められ今日におよんでいるようだ。

toraichi03

toraichi04

toraichi05

そんなわけで不安定な上空を見上げながらもまた東松戸に出て、新松戸から常磐線を利用して利根川を渡り、取手で関東鉄道常総線へさらに乗り換えて南守谷までやって来た。

初めて下りる駅で改札口を出ると、前方のやや上に見える国道294号に多くの乗用車や大型トラックが行き交っていた。階段でそこへ上がり、取手方面へ進んで行く。

その歩道を道なりに500mほど歩いて行くと前方左側にこちらの店舗が見えて、店舗入口の営業中の看板を見つけ安堵の息をつきながらも店頭の撮影を済ませた。

ドライブインのような店舗建物で駐車場も広く、常総線南守谷駅から歩いても10分も掛からない位置で、何を利用するにしてもなかなかアクセスの良さそうなこちらと言えた。

入店して行くと判り易いビジュアル提供メニューのボードがあり、券売機も一万円札対応機でボタン配置も選び易くなっていた。

予定通り決めていたバラチャーシューメンを選んで、豚肩ロース肉らしいスペシャルチャーシュー2枚のボタンを連打した。

ちなみに通常チャーシューは脂身の少ない豚もも肉らしく、豚バラ肉等どれもが燻製チャーシューのこちらだそう。

toraichi06

toraichi07

toraichi08

toraichi09

toraichi10

toraichi11

toraichi12

toraichi13

奥へ進んで行くと広い店内が広がっていた。店主らしき方がおられたので、その前のカウンター席に腰を下ろした。

やはり店主の越川氏だった。気になるのがわかとら家創業店主との関係だが、さりげなくそこら辺を率直にお聞きして見た。

するとわかとら家創業店主宮本氏の奥様と娘さんがこちらで働いておられるそうで、その関係で夜になるとちょくちょく来られるそうで、共同経営では無いもののラーメンの味わいチェック等をして頂いているようでそんな形であることを教えてくれた。

そうしたしっかりとした創業店主の監修が行われているこちらであり、まさしく店名のラーメントライチ×WAKATORAYAが全てを物語っていた。

なお店名のトライチは、ワカトラとイチバンを融合させたものだそうで意気込みが店名からも伝わって来た。

過去を振り返って懐かしむもので無く、わかとら家創業店主がこの時代に立ってそのレシピをチェックして当時から進化させたラーメンを提供しているこちらと言えそう。

そうした意味で純然なわかとら家の流れを汲むコラボ店とも言えて、そんな新しいスタイルのこちらと言うことになるようだった。

オープン当時は燻製機器もおろし立てだったが随分こなれて来たそうで、醤油ダレもかなり落ち着いて来て更に良くなっているそうだ。

目の前には、豆板醤・きざみ生姜・グリーンおろしニンニクが綺麗な透明容器に詰まっていた。程なく到着。

なるほど以前は何処かギトギトそうなイメージがあったが、すっきりしたビジュアルに美しい風合いが交錯するラーメンが到着した。

toraichi14

toraichi15

toraichi16

toraichi17

toraichi18

toraichi19

それではと行かせて貰えば、スープが瀞み豊かでありつつも瑞々しい風合い。これがやたら素敵でたまらない味わいに、持つ箸の手が加速して行く美味しさ。

チャーシューも風情のいい燻製具合いで、酒井製麺の中太ストレート麺がまた良かった。別皿で来た豚肩ロースのスペシャルチャーシューも、良い持ち味がありなかなか素晴らしかった。それだけに気がつけば完食。

いつもは4枚のチャーシューメンだそうだが、本日はいつもと違う部位を使って見たのでサービスで1枚サービスしているそう。

最近ドラゴンヌードルの店主さんから、ツィッターをやった方がいいと言われたそうで、思わずそれは是非ともやられた方がいいと進言させて頂いた。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、何処までも途轍もなくひたすらとことん猛烈にまちがいなくなかなか麗しくも素晴らしかった、そんな現代に蘇った進化系わかとら家のバラチャーシューだった。

toraichi21 

※お知らせ(2015.8.29)
越川店主からご連絡いただき内容に行き違いがありましたので一部内容を修正させて頂きました。

★ラーメントライチ ×WAKATORAYA

住所/茨城県守谷市小山400-1 TEL非公開 定休日/月曜日 ※祝日の際は翌日火曜日 営業時間/11:00~14:00中休18:00~21:00

※アクセス

関東鉄道常総線南守谷駅下車。改札口を出て前方に見える国道294号を階段で上がって取手方面の左手へ進んで、その歩道を道なりに500mほど歩いて行くと左側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m