aoshima01

※2016年2月21日から3月15日まで休業する予定のようです。

南寄りの風が若干だけ気温を上げて、また濃紺生地に浅黄のチェック柄が入った半袖シャツに着替えて出掛けた、やはり秋入梅となっているような天候が続く九月長月上旬の水曜日だった。

その昔に秋葉原駅電気街口で営業していたラーメンいすずは生姜醤油風味の東京ラーメンで、そのラーメンを作り上げた店主は当時その傍でラーメン小林を営業していた店主だった。

その店主も昨年の五月に残念ながら、それまで営業していた青龍@上野を引退により閉店させてしまった。奇しくも生姜醤油風味と店名に青と言う色の共通点があり、こちらの存在を知った時に何処か因縁めいたものを感じたものだ。

長岡生姜醤油ラーメンの元祖店となるこちらで、同市内には1983年創業のラーメンあおきやを始め、拉麺家、らーめんヒグマ、らーめんみずさわなど、幾つかの長岡生姜醤油ラーメンを提供しているラーメン店が点在しているようだ。

台風が静岡に上陸するなか電車が通常運転していたこともあって、ここ一年以上ご無沙汰していたその秋葉原店へまた訪れて見るかとなって出掛けることにした。

aoshima02

aoshima03

aoshima04

aoshima05

aoshima06

aoshima07

そんなわけでイエローカラーの総武線緩行電車に乗って、また秋葉原で降りて昭和通り口の改札から外に出た。改札口前方昭和通りの横断歩道を渡ってから右手へ進み、30mほど先の左路地を入る。

途中に古い煉瓦造りの蔵とも言える倉庫建物があり、それを横目にしてさらに進み昭和通りから300mほど歩いて行った道路突き当たりの右側に位置するこちらだ。

まもなく数分で開店する時間に到着すると七人の方が並ぶ店先で、その後ろに就くと程なく行列が動いて入口ドアへ吸い込まれて行った。

aoshima08

aoshima09

順番に券売機でチケットを購入して、それを済ませると一番奥のカウンター席から椅子が埋まって行った。


自分の順番となって、いつもの最新鋭の券売機の前に立ち、予定通り青島チャーシューを選んで、その後でチャーシュー増し100円、茹ホウレン草増し50円、薬味刻みねぎ増し50円のボタンをそれぞれ連打した。

残り2席となる角のカウンター席に腰掛けて、振り向くと後続客が続いて背中の店内待ち椅子が徐々に埋まって行った。

1963年の昭和38年創業の1号店は、新潟県長岡市内に位置する宮町駅前店で、自家製麺の製造もそこで行われているようだ。

長岡市内にはその他にも、曲新町店、こちらの本部ビルの1階で営業する曙店、2012年にオープンした宮町店が営業している。

新潟市内進出1号店は1995年にオープンした東堀店のようで、その他にも新潟市内には西堀店と司菜トキメッセ店と司菜南万代店があり、合計すると4店舗が営業しているらしい。

創業者の親父さんの出身地が信越本線前川駅の南西方面に位置する長岡市青島町のようで、店名は店主のお名前でなく地名に由来しているものだそう。そう待たない内に、程なくラーメンがやって来た。

aoshima10

aoshima11

aoshima12

aoshima17

aoshima13

aoshima14

aoshima15

aoshima16

それではと行かせて貰えば、やはり何度口にしても変わらぬその素晴らしさで、それは只々脱帽するばかりの美味しさと言えるもの。

自家製麺並盛麺量175gの中細ストレートは風情よくスープの色がよく染みる持ち味で、その生姜醤油スープは動物系のダシや香味野菜を引っ込めるほどの醤油のキリッとした風合いがやはり素敵だった。

そぎ切りチャーシューが以前よりも幾分厚みのあるものとなっていて、それでも脂身がほとんど付くものでなくこれまた良かった。

ここ最近豚肉が高騰しており、部位を変えて対応するラーメン店もあるだけに、そうした関係が少なからずあるのかも知れない。

この秋葉原店がオープンする予定の初日、スープ不出来により営業せず一日遅れてその翌日の2009年7月28日にオープンした秋葉原店だが、そのひたむきな姿勢はこうして口にする変わらない旨さの青島ラーメンを見れば判る。

麺、スープ、具材どれもが実になかなかと言えて、それだけに気がつけば完食だった。

いや、醤油の風味を生姜と鶏がらダシが引き立ており、そんなしみじみと味わい深い風情が止めどもなく素敵に現れていて、やはりかなりとんでもなく絶大に果てしなく途轍もなく素晴らしかった。

aoshima18

aoshima19

★ 青島ラーメン 青島食堂 秋葉原店

青島ラーメン麺量/並盛175g・大盛250g 住所/東京都千代田区神田佐久間町3-20-1 大杉ビル1階 TEL03-5820-0037 定休日/火曜日 営業時間/11:00~18:00 ※中休みなし
※アクセス
JR秋葉原駅昭和通り口下車。改札口前方昭和通りの横断歩道を渡ってから右手へ進み、30mほど先の左路地を入り300mほど歩いた突き当たりの右側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m