marcoporco01

秋の柔らかい陽射しが青空を包み込むようにして注いで、遅れて孵化したヒグラシが見つからない仲間を探すように鳴いていたそんな九月長月下旬の祭日火曜日だった。

北総線千葉ニュータウン中央駅周辺に位置するイオンモール千葉ニュータウン内に今夏の2015年7月17日オープンしたこちらで、話題の刀削麺製造ロボットが厨房に立ち目立っているとして気になっていた。

ミートソース等のパスタにトッピングするような刀削麺も提供メニューに並ぶシルクロードヌードル1号店でもあるらしい。そんなわけで本日こそとなって出掛けることにした。

3年前頃から中国内で本格量産されるようになった刀削麺製造ロボットだが、二年前から刀削麺荘唐家を展開する企業により日本国内の店舗でも見受けられるようになった。

2012年4月にオープンした刀削麺荘唐家錦糸町店で、2013年9月よりその第一号機が正式に本格導入された刀削麺製造ロボットだ。休まず仕事するところから、安真寧と書いてヤスマネイと言う名前があるらしい。

また同企業が展開する2014年11月4日にオープンの刀削麺西安飯荘五反田店でも、この刀削麺ロボットが導入されそちらは康皆志と書いてヤスミナッシーだそう。

秋葉原に本店を置く刀削麺荘唐家を展開する株式会社タカラダイニングの傘下企業であるNSR株式会社が運営するこちらのようだ。

ちなみにタカラダイニング直営店でも導入されており、2014年4月26日オープンの上野店に2014年7月14日オープンした広島駅北口店でもやはり刀削麺製造ロボットが活躍しているようだ。

marcoporco02

marcoporco03

marcoporco04

marcoporco05

marcoporco06

と言うわけで路線バスで東松戸に出て、北総線電車に乗って千葉ニュータウン中央駅へやって来た。改札口を出たら右手の北口側に進んで行き、300mほど先の信号交差点を横断歩道を渡ってから左手へ。

次の信号前にあるイオンモール千葉ニュータウンの建物へ入り、左手奥寄りのエスカレーターで3階に上がりピクニックコートと名付けられたそのフードコート内に入るとこちらが営業していた。

なるほどこちらの区画の厨房右手に、その刀削麺製造ロボットが据えられていた。なかなか濃いキャラクターで、確かにコート内で実に目立っている。

月光仮面をベースに色々なキャラクターイメージを足したような、そんなマスクが付けられたこちらの刀削麺ロボットで、店舗のマスコットキャラクターでもあるらしい。

ちょうど運転している真っ最中で、セットされた小麦粉の固まりを小気味よく包丁でシャッシャッと削っており、その前にある釜の茹で湯に切られた麺が一本一本そこへ放られているところだった。

marcoporco07

marcoporco08

marcoporco09

marcoporco10

marcoporco12

特に何にするか考えてなかったが、やはりこれかなとなって税別980円の麻辣刀削麺に蒸しパン豚角煮サンドがセットになった提供メニューを選ぶことにした。

すると本日は中盛り300gと更にパクチー増しまでもがサービスだそうで、それならばとそれでお願いして1058円の支払いを済ませると、カウンターの右手で待つよう促されそちらにずれてその到着を待つ。

こちらの刀削麺ロボットにも名前が付いているかレジの方にお聞きすると、店名になぞらえたマルコくんと言う名前が付いていることを教えてくれた。

しばしするとその刀削麺ロボットが削った麺を、傍におられた麺上げ担当の方が手際よく平ざるで湯切りして丼に入れスープを注ぎ具材をのせ仕上げて、茹でモヤシが添えられた皿に角煮が置かれ蒸しパンも乗せたトレーが目の前に来てそれを受け取った。

振り返ると広いフードコートに沢山のテーブルと椅子が用意されていたものの、祭日もあってかほとんどのテーブルが埋まっており、さて何処か空いたテーブルが無いかと探せば幾つかだけ見つけ思わず小走りして傍のそのテーブル一つを占拠。

その後でゲームランド側のエスカレーター寄りにあった冷水コーナーに行き、セットされた紙コップに冷水を注いで元の席に戻った。ふと見るとこちらの厨房前カウンターの下部に、これまでテレビで紹介された時の画像が幾つも貼られていた。

あらためてこれから口にするその麻辣刀削麺と蒸しパンに豚角煮のそのビジュアルを確認すれば、さすが刀削麺荘唐家グループが提供するものだけに華麗なもの。

marcoporco13

marcoporco14

marcoporco15

marcoporco18

marcoporco19

marcoporco20

それではと行かせて貰えば、その味わいも実に素敵でたまらないもの。辛さは何も言わなくても一般的な辛さで、よほど辛いのが苦手でなければ安心して愉しめる辛さだ。

シャンラーと呼ばれる西安地方独特の調理法で、漢方薬にも使われる香辛料が入り列記すると、陳皮・香叶・桂皮・生姜・八角・枸杞・大蒜・棗・花椒・麻椒・草実などで、食欲増進・血行促進など様々な健康効果があるらしい。

豚角煮も実に美味しく蒸しパンもふんわりしており、こちらで刀削麺を愉しむのならばこの蒸しパン豚角煮サンドが付いたセットメニューを是非ともお奨めしたい。

それだけに怒涛の如く麻辣刀削麺が消えて行き、蒸しパンに豚角煮とモヤシを挟んで口にすればこれまた脱兎の如く胃に収まって行った。と言うことで、気がつけば完食。

いや、これはかなりとんでもなく素晴らしく素敵で、フードコートに居るはずなのに、その美味しさゆえにホテル最上階の高級中国飯店の椅子に座っているような充実感に満ちていた。

思わず振り向いて刀削麺製造ロボットのマルコくんを見ると、サングラスをかけたおじさんが何処か遠くを見ているようだった。ともあれ、美味し。

marcoporco21

marcoporco22

★ Marco Porco - マルコポルコ -

公式サイト~http://www.tosyomen.co.jp/

住所/千葉県印西市中央北3-2 イオンモール千葉ニュータウン3階 TEL0476-29-5516 定休日/不定休 ※施設に準じる 営業時間/10:00~22:00(21:30LO)
※アクセス
北総線千葉ニュータウン中央駅下車。改札口を出たら右手の北口側に進んで行き、300mほど先の信号交差点を横断歩道を渡ってから左手へ。次の信号前のイオンモール千葉ニュータウンの建物へ入り、左手奥寄りのエスカレーターで3階に上がりそのフードコート内にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m