kenji01

木枯らしと呼ぶにはまだ早くそしてそれほどの強さでもない、そんな風が朝方だけ青空から注ぐ陽射しで揺れる街路樹の木葉を煌めかせいた、秋めく気温の十月神無月上旬水曜日だった。

先週の2015年10月1日にオープンした四ツ谷駅前しんみち通り沿いの雑居ビル2階で営業する、こちらが提供するネットのラーメン画像になかなかのオーラが感じ取れて、思わず一気に気になるところとなり今回さっそく出掛けることにした。

kenji02

kenji03

kenji04

kenji05

そんなわけでJR総武線電車で御茶ノ水まで行き、そこから中央快速線電車に乗り換えて、久しぶり四ツ谷駅ホームに降り立った。

四ツ谷・麹町口改札を抜けたら左手の四ツ谷口へ出て、前方大通りの横断歩道を渡りそこから見える四谷駅前しんみち通りを入り、40mほど歩いた頃だろうか、右側のアクトワールドビル入口にこちらの案内板がありここかとなった。

「沖縄料理わっとこ」のランチタイム営業で展開するラーメン店のこちらで、その店主がちょうど元気な声で呼び込みをされていた。すると周辺のサラリーマンらしき方が店主に話し掛けて、二人して店舗がある2階へ上がって行った。

kenji06

kenji07

kenji08

店頭を一通り撮影してからその後に続いて上へ上がって行くと、階段の途中に店名が染め抜かれた紺色の暖簾が揺らいでいた。

上がりきると右手にこちらの入口があり、そこには貼られた幕に店名と共に「こだわり抜いた素材とスープ」と言う蘊蓄とも言える案内が記されていた。

やはり単なる居酒屋の昼営業ラーメン店でないことが、そこら辺からも見て取れた。そこをUの字に進んで行くとその奥にこちらの客席フロアが広がっていた。

先ほど呼び込みされていた店主にカウンター席へ促されて、腰を下ろすと右手壁面寄りに先ほどの先客がおられて、ラーメンが到着するのを待っておられたがそうしない内に来てラーメンを啜っていた。

メニューリストが手元にあったので手にすると、ラーメンは塩味と醤油味が用意されていた。それぞれに特製ラーメンと味玉ラーメンがラインナップしていて、嬉しいことにご飯ものメニューもあった。

店主が来られたのでメニューを手にしながら、ラーメンは特製醤油ラーメンをオーダーすることにした。サイドメニューも行くかとなって、そぼろが入るらしいコラーゲン丼も気になったが、もう一つの方のチャーシュー丼をお願いした。

その後でいつもながらの世間話しをしつつも、例の如く幾つかのことをお聞きしてみた。それで、もつ鍋や串焼きも愉しめる2008年にオープンした沖縄料理わっとこであることが判った。

店名は店主のお名前でなく厨房に立つ方のお名前のようで、その店主とその方のやり取りを聞いていると、こちらの従業員らしき方のようだった。

店内は仕切りにスダレなどを使っていたり、ビール名が入る丸提灯が幾つもぶら下がっていたりで、いかにも居酒屋の店内と言う雰囲気がまた旅情ある風情を醸して素敵だった。

オープン記念だろうかビル入口の案内で、本日全てのラーメンにチャーシューが増量されることが記述されていた。どうやらそれで1~2枚くらいは、多く入れてくれることだろう。程なく到着。

kenji09

kenji10

kenji11

kenji12

kenji13

kenji14

kenji15

やはりチャーシューは低温調理のレアチャーシューだそう。そんなチャーシューが4枚くらい入っており、直に見るとそのオーラの良さがより鮮明に表出していた。やはりこちらを選んで来て、良かったとしみじみ思うしかなかった。

穂先メンマがあしらわれており、その上にスプラウトと玉ねぎの微塵切りが添えられていた。思わず食欲をそそらせる食材とその配置だった。

それではと行かせて貰えば関東醤油らしい慣れている持ち味に、その風情の高さが実感出来て、実にたまらない味わいに手に持つ箸の速度がまた加速して行った。

そこにもうズバンッ!とミットを揺らすような、内角高めの直球ストレートな鶏のうま味が、まるで体をそらせるように心えぐる印象的な持ち味となってやって来た。

それがいつの間にか感動の二文字に変換されて、一時的に放心状態になるかも知れないと思うくらい実に良かった。チャーシューもしっとりしており泣ける美味さで、味玉に穂先メンマも素敵だった。

製麺所の麺箱が見えたものの何処かは、後述する修業先がはっきりする恐れがあるので省略しておくが、この麺がまたさすがと言えるもので実に素敵だった。

甘辛に味付けされ大ぶりに切られた、そんなチャーシューがゴロゴロと乗るチャーシュー丼も、損して得とれみたいな旨さで、それだけに気がつけば完食だった。

振り向けば昼間ながらも落ち着いた雰囲気に、やはり旅情誘う店内で、そこに後続客が続いて俄かに活気づくフロアとなっていた。

その少し前に後続客が途切れた時があったのでさりげなく厨房のけんじさんにお聞きすると、都内を中心に多ブランド展開している某有名人気ラーメン店で修行経験があることを教えてくれた。実はこちらの店名の件も、その時の会話で判った。

それほど長い期間おられなかったこともあって、その店名はあまりおおっぴらにしないで欲しいとのことだったので具体的な店名は伏せておきたい。

さらにカエシの醤油だれについても確認すると、修行先もあってだろうちば醤油 さんのこだわり高い醤油を利用しているそうだ。

いや、相碁井目(あいごせいもく)の中で実に素晴らしい風合いを持つ中華そばが味わえたこちらで、 敢為邁往(かんいまいおう)の風情に確実に明確に明瞭に的確に大変かなり満足できた。

kenji16

kenji17

kenji18

★ 麺処 けんじ

※公式ツィッター~https://twitter.com/kjnoodles2015
※沖縄料理「わっとこ」昼営業の別ブランドらーめん専門店 住所/東京都新宿区四谷1-7-18 アクトワールドビル2階 TEL03-6457-8282 定休日/日曜日 営業時間/11:00~15:00 ※ラーメンは昼営業のみ
※アクセス
JR中央線四ツ谷駅四ツ谷・麹町口改札下車。改札口を左手の四ツ谷口に出て前方大通りである外堀通りの横断歩道を渡り、その歩道周辺に見える四谷駅前しんみち通りを入り40mほど歩いた右側のアクトワールドビル2階にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m