gaganaramen01

甲府気象台が昨日の午後になって平年より11日遅れて富士山の初冠雪を観測したことを報じていた、また青空から注ぐ陽射しが秋めく街角を照らす好天のそんな十月神無月中旬の祭日月曜日だった。

またラーメンWalkerのページをめくりながらも、ネット検索している内に気になったラーメン店で、思わずそんなこちらに出掛けることにした。

神奈川県川崎市に本社を置くL-styleなるブランドのダーツ用品メーカーでもある企業が運営するラーメン店のようで、黒毛和牛ホルモンつけ麺をウリにして2014年8月8日にオープンした池袋西口周辺で営業するこちらのようだ。

牛ホルモンのつけ麺と言えば四国高知の人気店である、つけ麺屋ちっちょ東京進出店である渋谷のつけ麺屋ちっちょ極(きわめ)さんが思い出されるが、どうやら残念ながら今夏前後に閉店してしまったようだ。

公式フェイスブックを見つけて開くと、こちらの渋谷店が今秋オープン予定であることが案内されており、その記載された住所を見るとその閉店した店舗跡地で営業予定であることが判った。

そうなるとその関連性が気になるもので、しかもちっちょの牛ホルモンに対して、こちらはここだけでしか味わえない黒毛和牛の炙りホルモンで提供しているらしい。

一昨日の夕飯は地元の肉屋で購入した特価和牛肉で、やはり和牛は美味いと嫁さんと意見が一致したことがあったばかりだけに、もう心がロックオン状態となった。

gaganaramen02

gaganaramen03

gaganaramen04

gaganaramen05

そんなわけでJR総武線で御茶ノ水に出て、そこから地下鉄丸の内線電車に乗り換えようとして御茶ノ水橋口改札を抜けた。すると我が地元のJR東日本松戸地区キャラクターのまつなしくんがそこに居て松戸さんを思い出しながらもとりあえず記念撮影。

そして赤い地下鉄電車で、池袋までやって来た。改札口を出ると既に西口側で、エチカ地下街を進んで行きC4出口から外に出る。

前方の歩道を左手に進み、程ない左斜め前方に入る立教通りを進む。そして西池袋公園入口信号交差点をそのまま直進し、次の信号がある立教大学直ぐ手前の左斜め後方の路地に入ると直ぐ右手下方にこちらの店舗を見つけた。

しばらく前に訪れた駒込で営業している、麺屋ごとうさんが昨春まで営業していた場所だった。店舗入口前に菅野製麺所の麺箱が、高く積まれて置いてあった。

gaganaramen07

gaganaramen08

gaganaramen10

gaganaramen09

gaganaramen11

gaganaramen12

さっそく入店して行くと、右手に券売機が設置されていて、その前に立ち予定通り黒毛和牛ホルモンつけ麺中盛を選んで、140円のホルモン4個と120円の厳選半ごはんのボタンを連打した。

チャーシュー4枚に玉子も乗る200円のトッピング全乗せと言うのもあったが、追加用ホルモン4個も同様に国産黒毛和牛のホルモンらしく、もはや悩むことなくごはんに乗せるのはホルモンで行こうとなった。

店舗中ほどのカウンター席に何気なく腰を下ろしながら、お店の方にチケットを手渡す。ちょうどその目の前がホルモンを炙る場所で、カセットバーナーを使用して、お店の方がしっかりホルモンを炙っていた。

提供メニューをアピールするポスターが壁面に貼られていて、炙りホルモンつけ麺を見ると「なにこれ!めちゃ旨い!究極の炙りホルモンつけ麺!」と案内されていた。

また冷やしぶっかけなる限定メニューも見受けられた。座って直ぐにプーアール茶が注がれた小さい茶碗がやって来た。ホルモンの脂をしつこく感じさせない配慮だそう。

ちなみにあまり聞かない店名のガガナだが、ネットで調べて見ると様々な店名由来が語られていて、さて?だったが、ロシア国内の伝説に残る怪鳥の名前らしかったがそれに由来するのかは定かでなかった。

渋谷のオープン予定日をお聞きして見ると、諸般の調整により予定がずれ込んでいるそうで、早くても今月末以降になるそう。

こちらの社長と高知ちっちょオーナーが知り合い同志だそうで、その関係からちっちょのレシピを教えて貰い、それを元に池袋でこちらをオープンさせたのだそう。

ちっちょオーナーから渋谷の極を閉店させることになった際に、その店舗営業権利を譲ってくれることになったそうで、それで現在その運営に必要な社員教育や店舗機材調達に奔走しておられるようだった。トレンドを取り入れ、自家製麺の方向で動いているようだった。

それにしても炙られて行く度にホルモンが踊るように反り返って、じゅわっと音が聞こえる度に食欲がそれに伴って倍加していくのが自分で判った。程なく到着。

gaganaramen13

gaganaramen14

gaganaramen15

gaganaramen16

gaganaramen17

それではと行かせて貰えば、やはり素敵でたまらない風情の炙りホルモンつけ麺と言うしかないもの。

国産黒毛和牛のホルモンを頬張れば、口の中で淡雪のようにとろけて行き、その旨味の風合いに至福のひとときが流れた。

麺も素敵な全粒粉入り中太ストレート麺がなかなかの持ち味で、つけ汁も炙りホルモンの風情を壊すことのない節系魚介豚骨が実に良かった。

ちっちょさん同様に青いキャベツが多めにスープに沈んでいて、これまた独特ながらも王道感さえ同居するもの。添えられたカットレモンを、後半になってから絞って入れ味の変化を愉しんだ。

gaganaramen18

gaganaramen19

伊勢五によるお米マイスターがプロデュースしたお米を使用しているようで、そのお米の厳選半ごはんに付いて来たお新香と共に炙られたホルモンをたっぷり乗せて行き、卓上の香辛料を気の済むまで振りかけてから、ごはんと共に口にしたりつけ汁と麺と共に食したりしてその世界に浸らせて貰った。

スープ割りも素晴らしい雰囲気の中でフィニッシュ出来た。それだけに気がつけば完食。ラーメンやつけ麺は、いかに素晴らしい脂で愉しむかと言うところに尽きるものと言えそう。

それをさりげなくも素晴らしい前に出ない麺とスープと共に愉しめて、確実に明確に明瞭に瞭然に的確に、猛烈にとても実に良かった。いや、それはもう怒涛と言える、国産・黒毛・和牛・炙り・ホルモン・ワールドだった。

gaganaramen20

★ ガガナラーメン - GaGaNa Ramen -

公式フェイスブック~https://www.facebook.com/gagana.ramen

住所/東京都豊島区西池袋3-33-17 東武西池袋サンライトマンション1階 味の10番街内 TEL03-5927-1661 定休日/年中無休 営業時間/11:00~21:00LO
※アクセス
池袋駅西口下車。駅地下街C4出口から外へ出て、前方の歩道を左手に進み、程ない左斜め前方に入る立教通りを進んで行く。西池袋公園入口信号交差点をそのまま直進し、次の信号がある立教大学直ぐ手前の左斜め後方の路地に入ると直ぐ右手下方にこちらの店舗があり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m