soyya01

青々とした大空にふっくらとした白い雲がふんわりと浮遊して、気温がまた20度を越えて秋らしい柔らかな陽射しが注いでいた十月神無月中旬の日曜日だった。

先日久しぶり何気なくラーメンWalker千葉の最新版を購入し、こちらを紹介するページを開いてそこに掲載されていた、インパクトあるラーメンに思わず釘付けされてしまった。

松戸駅東口のイトーヨーカドー周辺に2013年11月25日オープンしたこちらで、大きいチャーシューが乗る味噌らーめんがウリとしてそこは気になっていた。

何処のラーメンレポートブログでもそのバカでかいチャーシュー体験がアップされていたが、これほどバカでかいチャーシューならばとなって、この日曜日もあって今回こちらを訪れることにした。

soyya03

soyya04

soyya05

そんなわけでいつもの路線バスを利用して、これまでらーめんいけ福 てらっちょ松戸店 などが営業していたその店舗建物の前へやって来た。

なるほどこうして店頭に立って見ると、系列チェーン店にありがちなそういう雰囲気は無く、店主が人任せにせず細かな点まで配慮して営業体制を作り上げていることが見て取れた。

さっそく入店して行くと、満員御礼のフロアが広がっていた。先客のご夫婦が券売機でチケットを購入しておられた。とりあえず一度外に出てやり過ごしてから再度入店し、空いた券売機の前に立って予定通り、びっくりチャーシュー蔵出し味噌らーめんを選ぶ。

かなり大きいチャーシューだけにサイドメニューはどうするかと考えていたが、普段は330円の半チャーハンがランチ価格で200円になっていたこともあって思わず券売機ボタンを連打。

お店の方が近くに来たのでチケットを手渡そうとすると後で貰うそうで、それを手にしながら入口右手のノートに名前と人数を記入するよう求められたので記帳することに。

それなら外で並ぶ必要もないと言うことで、店頭の端でアイフォンを触りながら呼ばれるまで待っていた。入店するしばらく前に、チケットを渡すよう求められたので手渡した。

soyya13

soyya14

soyya12

しばしした後にどうぞと入店を促されて、指定されたカウンター席に腰を下ろした。30年以上焼肉店を営業して来た方が始めたそんな味噌らーめん専門店らしい。

なお提供麺メニューには醤油らーめんに味噌タンタンめんもラインナップされていた。チャーハンの他にもチャーシュー丼がランチ価格で用意されており、また焼餃子やシャーベットもあった。

そう言えば注文したびっくりチャーシュー蔵出し味噌らーめんは、特製仕様で無くいわゆる一枚ブロックチャーシュー麺で、煮卵が付かないことに気づきチケットを買い足してこれもとお願いした。

なお学生さんは大盛か煮卵が、無料サービスになるそうだ。また店先には豊華食品特選小麦粉使用麺と、記されたそんな木製銘板があった。

ふと見るとびっくりチャーシュー蔵出し味噌らーめん専用の撮影記念になる手作りのフレームが用意されていて、写メしてSNSなどで紹介するよう奨めていた。こうしたものを準備しているラーメン店は初めて。

提供メニュー把握や注文品正式名確認などのため、券売機ボタンを撮影したくても撮影不可とする、そうしたラーメン店もある中で実に素晴らしい対応のこちらと言えた。

1300年前からあった今や日本人の食生活に欠かすことの出来ない味噌だが、その一般的な主原料は大豆で英訳するとSOYとなり、おそらく店名はそこから来ているところだろう。

卓上調味料として置いてあったガーリックバターは、ニンニクとバターにオリーブオイルを利用して作り上げたものらしい。

ちなみに今月三日から全国味噌フェアなる企画の限定味噌らーめんの提供が始まっており、その第一弾らーめんは北海道味噌の紅一点が入った味噌ダレで、コーンをどっさり乗せた北海道味噌らーめんだそう。

第二弾は東北地方で11月14日から、第三弾は中部地方で年が明けて来年1月9日から、第四弾は近畿地方で2月27日から、第五弾は中国地方で4月16日から。

さらに第六弾は四国地方で5月28日から、第七弾は沖縄地方で7月16日から、第八弾は九州地方で9月3日から、そしてラストの第九弾は関東地方で10月22日からのようだった。

その案内を見ていたら良い意味で、店主はかなり綿密な生活設計を普段からしているのだろうと理解出来た。程なく到着。

soyya06

ともあれ撮影フレームをびっくりチャーシュー蔵出し味噌らーめんの前に置いて慎重に記念撮影。ウィッキーさんにズームイン!ならぬ、名物でかチャーシューにフレームイン!だった。

それにしても「どん!!」の文字が、なかなかの自家製フレームと言えた。 最近作ったばかりだそうだ。思わずお正月三が日用やクリスマスイブ用なども作ったらウケそうと脳裏に浮かんだりした。 

なおこのチャーシュー蔵出し味噌らーめんは、土日にはオーダーが5割になる時もあるくらい、インパクトある割に食べやすい人気提供メニューだそう。

soyya07

soyya08

soyya09

soyya10

soyya11

それではと行かせて貰えば、200gの特大チャーシューはジャイアント馬場さんのワラジか、はたまたインド料理のナンかと言うほど。

それほどにバカでかくそして分厚いもので、これが実に柔らかくしかもバカうまで、胃にもたれることなくスルスルと入り、さすが30年以上焼肉店を営業して来た店主と言うしかなかった。

鶏ガラとゲンコツに野菜を豊富に投入して八時間強炊いたスープに、味噌ダレは信州白味噌をベースにして、八丁味噌・江戸味噌・仙台味噌をブレンドしたものだそうで、そのふくよかな味わいがまたたまらないもの。

豊華食品特選小麦粉使用の特注中太じゃばら麺という麺も、コシも豊かで実に風合いの良い面持ちがかなり素敵と言えた。

soyya17

チャーハンも味が濃いめで、これまたしみじみと噛み締めながら味わいを愉しんだ。味噌ラーメンにガーリックバターを入れて見ると、なるほどまたいい風情で、それだけに気がつけば完食だった。

蔵出し味噌と言う冠が付くこちらだが、最近のラーメン店だと田所商店さんがよく引用しているだけに、その系列店もしくはその関連店だろうか?と憶測していた。

しかしながらお聞きして見ると全く無関係だそうで、確かに店外入口頭上に味噌樽も無かったし味わいもまた違った風合いで、こちらも素敵な風味の豊かな美味しさだった。

soyya18

soyya19

この日曜日の本日は、六年ぶりの松戸神社神幸祭 が開催された日で、松戸駅周辺は大神輿などが繰り出し交通が規制されかなり混雑していた。

その見物客の人の波が行く手を塞いだが、それでも眺めの良い場所を見つけ、平安装束に身を纏ったその四神巡行の行列を見て愉しんだ。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛烈に美味しいバカでかい万馬奔騰なチャーシューに、味噌らーめん自体も良質な持ち味と風合いで本当に美味しいもので、明確に確実に明瞭に的確に瞭然に怒涛の如くかなりなかなかだった。

soyya20

★ 蔵出し味噌らーめん そい屋

住所/千葉県松戸市松戸1150ニューハイム松戸ビル1階  TEL047047-369-3110 定休日/基本無休 ※臨時休業あり 営業時間/平日11:30~15:00LO中休17:30~24:00LO※火曜のみ~23:30LO◆土曜11:30~24:00LO中休みなし◆日曜11:30~23:00LO中休みなし
※アクセス
JR常磐線松戸駅東口下車。ロータリー奥に見えるイトーヨーカドー前の道路へ出て、その道路を左手に進んで100mほど歩いた右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m