mameyoshi01

グレーに染まる雲が空を覆うものの淡い陽射しが出て高架線沿いに垂れるススキの穂を照らし、穏やかな北寄りの風が秋を加速させていた、そんな十月神無月も下旬となって来た水曜日だった。

2014年11月5日にオープンして浅草開化楼特製麺の木製銘板が店頭に掛かるこちらだけに、しばらく前からかなり気になっていた。ツィッターのフォロー返しを頂いたこともあって、予定を繰り上げて本日出掛けることにした。

mameyoshi02

mameyoshi03

mameyoshi15

そんなわけで秋葉原に出て山手線電車に乗り換え、銀座も程近い有楽町へまたやって来た。新橋寄り階段下改札口を抜けて、東京交通会館やイトシアがある方の銀座口側に出る。

するとその前方右寄りに、ファミリーマート有楽町駅前店と大黒屋ブランド館有楽町店があり、その合い間に風情の良い、炭火焼鳥店とり餐の店舗があった。

夜だけ営業しているその焼鳥店を、昼のみ間借りして営業しているこちらだそう。まもなく開店する時間に到着すると、5人の方が並んで待っており既に行列人気店となっていたこちらであった。

ツィッター公式アカウントの紹介文に寄れば、店舗は都内だがソウルは埼玉だそうで、まあまあ自由に生きている、ラーメンとコーヒーとバイクとロックをこよなく愛する店主だそう。

程なくして店主が出て来られ店先にノボリを立て暖簾を掛けて、「真心込めて支度中」の板を裏返すと、「感謝の気持ちで商い中」の文字が現れて本日もその営業が始まった。

店頭に掛けられた暖簾は独特な雰囲気があるもので、丈の短い白生地に黒いらーめんの文字が入り、さらに赤い「ら」の文字が右隅に刻まれてインパクトを与えていた。

mameyoshi04

mameyoshi05

mameyoshi06

mameyoshi07

mameyoshi08

店頭の開店準備を終えると並んだ我々に入店を案内されて、先頭の方から順次暖簾を潜って入店して行き、入口右手に設置された小型券売機でチケットを購入してから、厨房前のカウンター席へ順番に腰を下ろして行った。

カウンター6席のこちらで、壁際テーブル4席は飽くまでも店内待ち椅子となっていた。6番目の入店客だったので、ぎりぎり1巡目がセーフだった。

今春より提供を開始したらしい豆乳利用の豆しおらーめんを、月曜と火曜だけの限定らーめんとして、その曜日はそれのみを提供しているようだ。

と言うことでオープン当初から提供している醤油らーめんは、水曜・木曜・金曜のみとなるそうだ。

本日は水曜日だから醤油らーめんで、券売機の前に立ち予定通りその特製らーめん並のチケットを購入し、一番入口寄りの椅子に腰掛けた。

ちょうど目の前には小型の招き猫やダルマなどが置かれていて、店舗の挨拶文が入った案内もあり、そこには豚さんと魚くんの朗らかなアートが描かれていた。

その絵でも判るように、豚骨ベースに鶏と魚介を効かせた、そんなスープらしい。店主が厨房に入って行かれ、ラーメン作りが始まった。

3杯ずつ作ることになるので、後半の3人は少し遅れることをお詫びされていた。炭火焼鳥とり餐店主の親戚筋になる方が、独学で作り上げた無化調らーめんを提供しているこちらだそう。

麺の湯切りに派手さは無いものの、それに徹した見た目しっかりビシッと決まっている、そこにもこだわりを見せる若き女性店主だった。

先客の方にラーメンを提供する際に「薄い時は濃くしますのでおっしゃって下さい」と言うお言葉に、初めて入店するこちらだが、これから作る状況に、思わず味濃いめでお願いして見た。程なく到着。

mameyoshi09

mameyoshi10

mameyoshi11

mameyoshi12

mameyoshi13

mameyoshi14

特製仕様に乗る具材はチャーシュー3枚に、味玉と海苔5枚と中太メンマも乗るもので、そこに削ぎ切りしたようなネギに糸唐辛子が添えられて、チャーシューの上にさりげなく刻んだ柚木が置かれていた。

それではと行かせて貰えば、全体的に魚介風味の面持ちが丁寧に仕上げている分、そのなかなかの風情が実にたまらないもの。

十年ひと昔とよく言われるが、その頃に流行った今でも変わらない人気を誇る、そんな青葉インスパイア店が幾つか浮かんで来た。カテゴリを作って入れるとすれば、青葉インスパイア再燃系と言えば良いだろうか。

それが浅草開化楼の中太の手揉み風縮れ麺で、細やかな配慮を怠らない店主が差し出したものだけに、爽やかな初夏の草原でそよ風を感じながらハンモックでまったりするような到達感に満ちていた。

それは半熟味玉は割ると濃い黄身がとろりとしたり、チャーシューを食した時の存在感の良さにも同じことが言えた。

しみじみとした懐かしさが込み上げて来るそんならーめんを、若い頃に酔い潰れた居酒屋と同じようなフロアで味わうところにも感慨深いものがあった。それだけに、気がつけば完食。

いや、とんでもなく風情のある持ち味で、ひたすら良い風味が怒涛の如く感じられて、実に果てなく素敵で何処までも絶大に明瞭に明確に魅力的ならーめんだった。

mameyoshi17

mameyoshi16

★ 麺や まめよし

ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/momonaminn1

住所/東京都千代田区有楽町2-8-4 TEL03-3217-0721 定休日/土曜・日曜・祝日 営業時間/11:30~14:30LO
※アクセス
JR有楽町駅新橋寄り階段下改札口を抜け東京交通会館・イトシア方面の銀座口側に出て、前方右寄りのファミリーマート有楽町駅前店と大黒屋ブランド館有楽町店の間にあり。◆炭火焼鳥店とり餐の店舗を間借りして昼のみ営業している。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m