niboshiitto31

気温の変化はそれほど大きくは無いものの、南寄りの風が秋の青空をひととき夏色へ染めていた、そんな寒暖が上下する十月神無月下旬の火曜日だった。

メレンゲがウリの今秋第二弾店のこちらとしてオープン当日訪ねレポートさせて頂いたものだが、濃厚煮干しつけ麺がやはり気になるところで、そしてまたご飯ものサイドメニューのフォアグラ丼もこれまたとても気になる存在となっていた。

濃厚煮干しは要するに直系の煮干しつけ麺宮元を踏襲する提供メニューらしく、それだけに煮干し好きなら抑えておきたいところ。

そしてフォアグラと言えばキャビア・トリュフに並ぶ世界三大珍味の一つで、それが比較的大きめにカットされて炙られたものがドンとご飯に横たわるようだ。

動機付けが二つ以上出来ると人間は行動に即移すもので、それは自分だけかも知れないが、ともあれそんなわけで今回定休日明けのこちらへ出掛けることにした。

niboshiitto32

niboshiitto33

と言うことで多少は並ぶことになるだろうと推測して、JR総武緩行線電車に数駅揺られてまた新小岩へやって来た。ドンキホーテ奥の左路地を入って行き程ない場所に位置するこちらだ。

店頭には開店して10分が過ぎた頃に到着した。概ね予測通りの六人の先客が、店先で入店出来るのを待っていた。

その後ろに就いて程なくするとチケット購入を促されて、ほぼオープン当日のメンバーの方がおられて、また坂本店主と佐久間さんにご挨拶しつつ券売機の前に立った。

特製仕様とも考えたがメレンゲが卵白もあり、それならとチャーシュー濃厚煮干しつけ麺のボタンを選んで、中盛にメレンゲに俺のフォアグラ丼ハーフサイズのボタンをさらに選び連打した。

ご飯サイドメニューは前レポートでご紹介したように、週変わりらしく第一週が俺のフォアグラ丼、第二週がローストビーフ丼、第三週がスタミナ鶏ひき肉丼、第四週が東京鶏飯。

今週のような第五週があれば、俺のフォアグラ丼になるそうだ。それぞれ250円or350円のハーフサイズと450円or550円のフルサイズが選べる。

振り返るとお店の方がおられたので、出て来たチケット内容を確認してから手渡した。確認をすると言う行為は、何事においても重要なことだと思う。

niboshiitto34

niboshiitto36

外で待つよう案内を受けて、しばし待っていると入店出来て、入口直ぐ左手のテーブル席へ促されてフロアが良く見渡されるその奥側の椅子に腰を下ろした。

前回オープン当日に訪れて他の店舗と何処か違うと思っていたが、単に新しい店舗だからと考えて帰結していた。

しかしこうして店内見渡せる場所から眺めると、お店の方全員が白いコックコートに身に纏っていることに気づかされてこれかと判った。佐久間さんが通り掛かったのでお聞きすると、こちらの店舗だけ全員が白いコックコートを制服にされたのだそう。

大抵ラーメン店の制服と言うと和装スタイルかお揃いのTシャツかダーク系統の制服がほとんどだが、フランス料理店やイタリア料理店の厨房を見るようで、イエス!の声さえ飛び交いそうな雰囲気がまさしく新しいスタイルを生んでいた。

なお公式サイトによれば、明日の10月28日から11月3日までこちらが臨時休業となるそうだ。池袋西武催事でお食事ちゅうぼうを営業するためだそう。

またオープン当初は連食を不可としていたが、一時的な措置だったらしく現在はそれも可能となったようだ。程なく到着。

niboshiitto37

niboshiitto38

niboshiitto39

niboshiitto40

niboshiitto41

niboshiitto42

niboshiitto43

niboshiitto44

niboshiitto45

niboshiitto46

niboshiitto47

niboshiitto48

niboshiitto49

それではと行かせて貰えば、ミルキー感がコク味ある濃厚煮干しのスープとなって、その持ち味を押し上げていてこれが実にたまらない味わいを造作していた。

煮干しの濃厚感を表現しながらも、優しい風味がとても素敵なタッチで表わされていた。しばしそのまま愉しんで、後半になってからスフレ状のメレンゲをスープへ投入。

近年カフェスイーツでパンケーキにメレンゲなどを含ませて焼いた、ふわふわスタイルが人気を呼んでいるが、つけ麺を愉しみながらもそんな食感の卵白の面持ちで、なんともふくよかな風味も足されて実に良かった。

前回は細麺によるあっさり淡麗煮干しつけ麺を愉しんだが、そちらはメレンゲが付いて来てその他はオプションとなるものの、こちらもなかなかの相性の良さを感じるものだった。

それにしても卵白だけに、やはり玉子感覚としても愉しめた。チャーシューも美味しく頂いて、ラストは残した麺に手元に用意されていた割りスープを入れ、そこに卓上調味料のブラックペッパーとラー油を掛けて口にすればまた違った面持ちとなって良かった。

そして俺のフォアグラ丼に手を伸ばして喰らえば、炙られて脂滴るフォアグラがかなり奮発したグレードのようで、やたらめったらの絶大な旨さにもう滝涙なくして語れない、これぞほっぺたがボトッと落ちそうな美味しさと言うしかなかった。

それだけに、気がつけば完食。いや、もう凄まじく素晴らしく、未曾有のスタイルながら素敵で、縦横無尽な怒涛の感動に包まれた何処までもとんでもなく麗しく猛烈に美味しかった。


niboshiitto50

★ 煮干し中華そば一燈

※公式サイト~http://www.menya-itto.com/

ラーメン麺量~並130g・中180g・大230g/つけめん麺量~並200g・中300g・大400g

住所/東京都葛飾区新小岩1-23-7 TEL03-5879-5920 定休日/月曜日 営業時間/11:00~15:00中休18:00~23:00
※アクセス
JR総武線新小岩駅南口下車。ロータリー奥の道路を右手へ進んで行き二つ目の左路地を入り、その新小岩仲通り会商店街通りを50mほど歩いた右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m