hopekichijyoji01

久しぶりの仕事の就業場所は6月まで働いていた同じ吉祥寺で、しかも状況は若干変化しているものの変わらない元の職場に戻ることが出来た。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、久しぶりの仕事の初日で幾分体がほてり、この時季の夜風ながら涼しく感じた、秋めく夜空が広がる午後7時過ぎだった。

過日大塚駅周辺の某ラーメン店を訪れた際に、その道すがらの都電に踏切りの傍で、3度ほど訪ねたこちらの大塚店を見掛けていたことがあった。

そう言えば随分前にも数度だけ店頭を通り過ぎていただけに、その時からまたこちらでラーメンを愉しみたいと考えていた。

hopekichijyoji02


hopekichijyoji03

そんなわけで吉祥寺駅から電車で帰途に就く前に、こちらがある路地を入りその店頭へやって来た。

前回レポートでも触れているように難波二三夫氏が1934年から屋台で始めた貧乏軒に端を発する1938年創業のホープ軒本舗だ。

難波氏の長男が受け継がれて営業している吉祥寺店で、難波氏の次女の方が営業している阿佐ヶ谷ホープ軒にもまたと思いつつこちらへ入店して行った。

昨年末以来の入店だが何一つ変わらない店内で、こうして入ると吉祥寺にまた戻って来たんだと改めて実感することが出来た。

奥の空いたカウンター席の方に促されたので、そこまで進んでその辺りの空いた椅子に腰を下ろした。

特に何を選ぶか決めてなかったので、その時点でさてと何にするかと、やたらメリハリのあるメニューボードを眺める。

それだけに安直にこれで行くかとなって、チャーシューメンに追加トッピングでモヤシをお願いすることにした。前金制のこちらで、支払いを先に済ませた。

阿佐ヶ谷ホープ軒だとライスがあってカエシがやや強めだが、こちらにライスはなくカエシが強めでないので今回試しに味濃いめでお願いして見た。程なく到着。

hopekichijyoji04

hopekichijyoji05

hopekichijyoji06

hopekichijyoji07
hopekichijyoji08

hopekichijyoji09

hopekichijyoji10

hopekichijyoji11

hopekichijyoji12

それではと行かせて貰えば、さすがと言う素敵な味わいが実にたまらないもの。チャーシューが並べることなくこちらお馴染みの縦積みでやって来て、3D画像で見たらさぞかし迫力あるだろうなと思いつつそれがまたもう絶大に美味しかった。

そうか味濃いめでなくカラメと希望するべきだったかと思った頃に到着して、それを実は口にしたりしたが、ともあれこれはこれで脂感や豚骨感が濃いめと言った感じでそれまた実に良かった。

中盤になってからブラックペッパーを振り掛け風情を変えて愉しみ、その後でホープ軒名物特製香辛料の唐華を激辛にならない程度に振り掛けて更に愉しんだ。

それだけに気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、猛烈に怒涛の如くとっても素晴らしかった。

hopekichijyoji13

hopekichijyoji14

★ ホープ軒本舗 吉祥寺店

住所/東京都武蔵野市本町1-14-12 TEL042-220-0530 定休日/無休 営業時間/11:30~翌3:00 ※日曜・祝日~翌2:00
※アクセス
JR吉祥寺駅北口下車。ロータリー左手先のサンロードに入って行き、一つ目の右路地を曲がって少し歩いた左側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m