kouchiyan01

朝方青空を見上げれば白波のような白雲の隙間から白く光る丸い月を容易に見つけることが出来た、そんな落ち葉の数がまた増えていた秋深まる11月霜月初日の日曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな夜風が集うそんな午後7時過ぎだった。

べんてん関連店を訪れる度に、これまで3度訪ねたこちらのことを取り上げていたこともあって、吉祥寺再就業二日目の今夜はこちらを訪ねて見ることにした。

べんてんスタッフの経験がある店主が厨房に立つ、ムジャキフーズ系の味噌らーめんを主力商品として提供しているこちらだ。

kouchiyan02

kouchiyan03

kouchiyan04

kouchiyan15

kouchiyan05

kouchiyan06

そんなわけで、また通勤電車で帰宅する前に、そんなこちらの店頭へやって来た。以前は不定休のこちらだったが、店頭には水曜定休のように案内されていた。

さっそく入店して行くと、先客一人の店内が広がっていた。徐に入口にある券売機の前に立ち、さて何を選ぶかとなった。

これまで醤油つけめんか味噌つけめんだったので、そこで今回はラーメンで行こうとなって豪快味噌なるボタンに思わず反応してそれを選んだ。

ムジャキフーズ系の味噌らーめんを提供する阿佐ヶ谷味丸さんで、同名の豪快味噌らーめんを愉しんでいて、またこちらにもあっただけについ無意識で選んだ次第だった。

奥に進んで店主の前に挨拶しながら、腰を下ろしてチケットを手渡して到着を待つ。

後続客が続いて、俄に活気づくフロア。店主は何かしらあったのか、今夜はあまり相手をしてくれなかった。程なく到着。

kouchiyan07

kouchiyan08

kouchiyan09

kouchiyan10

kouchiyan11

kouchiyan12

具材がまさしく豪勢に盛り付けられた味噌らーめんで、スイートコーンが多めにレンゲの上へ載せられ、これぞムジャキフーズ味源系と言いたくなる盛り付けが嬉しかった。

それではと行かせて貰えば、ムジャキフーズらしい風合いの良い味わいが、それはじわじわと来てたまらないもの。こうした味噌らーめんが無性に口にしたくなる時に、こうして口に出来るひとときの幸せがそれにしても有り難かった。

ラーメンが美味しいと感じるには、二つの違った理由があるものだと思う。一つは美食的に素敵な味わいであり、もう一つはその昔に口にしていた心が求める味わい。

どちらも普遍性の中で生じる一杯だが、相容れないそれぞれの味わいと言えるだろう。

チャーシューも実に美味しく、ああ良かったの一言に尽きた。それだけに、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく猛烈に良かった。

kouchiyan13

kouchiyan14

★ 味噌らーめん屋 宏ちゃん

住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-20
 TEL0422-20-5711 定休日/水曜日 営業時間/11:00~23:00

※アクセス

JR吉祥寺駅北口下車。サンロード商店街へ入ってそのまま突き当たりまで進み、五日市街道を左折して少し歩けば左手にあり。吉祥寺駅から徒歩およそ5分。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。