masamichi01

北風が時折り落ち葉をカラカラと軽く響かせて転がしていた、青空の分だけ冷え込みが増して朝方は十度前後の気温となっていた11月霜月上旬の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が街路樹を撫ぜるようにそよいでいた、そんな秋深しな午後七時過ぎだった。

新宿歌舞伎町の人気店である2009年に開業した麺匠竹虎で修業された方が、JR大久保駅周辺で麺屋 鯱(シャチ)を2013年7月16日にオープンさせ、そちらを8月末を以て閉店しこちらを2015年9月10日に移転リニューアルオープンさせたようだ。

大久保時代は当初からメインブランドで鯛煮干しらーめんを提供していたが、途中から水曜は鶏そば鶏次として鶏白湯、木曜と土曜は麺屋正路として鶏清湯らーめんをウリとして営業していたらしい。

どれもがかなり素敵ならーめんだったようで、それだけに大久保時代に訪れようと思っていたが、個人的な体調の面から叶わぬ内に移転してしまったこちらだった。

荻窪に移転してからは、木曜・土曜に営業していた麺屋正路の店名で、その提供メニューをブラッシュアップさせて営業しているそうだ。また吉祥寺就業となり体調も万全となって、それならばと今回仕事帰り立ち寄ることにした。

masamichi15

masamichi17

masamichi02

そんなわけで荻窪で途中下車して北口側へ出て、ロータリー手前を左手に進んで駅ビル沿いを歩いて行き、右手荻窪タウンセブンのたこ焼きスタンド・じゃんぼ総本店の奥にある2階へ上がる入口前にやって来た。

実は何処がその入口か判らず界隈をグルグル回って迷ってしまったが、来て見れば何てことはない昭和22年創業の中華そば漢珍亭が数年前まで営業していた場所だった。

店先の立て看板には、筑波山麗総州古白鶏が使用されているこちらであることが案内されていた。

筑波山麓周辺の緑豊かな地区で徹底した管理の元で育てられたブランド鶏の総州古白鶏で、特製天然飼料によりアルカリ化させた肉は鶏の臭みが気にならないレベルになっていると言う。

そしてタタキにも適する弾力性の良い肉質に定評があり、コクと旨味が豊かでコラーゲンも豊富らしく、それでありながら脂肪分の少ないヘルシーさを誇っているようだ。

masamichi03

masamichi04

masamichi05

masamichi06

masamichi13

階段を上がって行くと狭い入口のドアが開いていて、その入口の前に券売機がありその前に立つ。

味玉入りらしいとろ玉醤油らーめんを選んで、サイドメニューもまた行くかとなって古白鶏のユッケ丼のボタンを連打した。

実は千円札を2枚入れようとしたら、連続挿入出来ないことを丁寧に教えてくれた。そう言えばこうした仕様の券売機で出来なかったケースを何度か経験しておりそういうものだったのかと初めて理解出来た。

そんな親切に教えて頂いた方にチケットを手渡して、券売機そばのカウンター席へ腰を下ろした。厨房の奥には菅野製麺所のニスが塗られたような木製の麺箱が誇らしく置かれていた。

良い麺を仕入れる人気店ほど、こうして麺箱を目立つ場所に置いている場合が多い。ちなみにユッケ丼と言うと、つい麺屋武一さんを思い出してしまうが、もちろん関係ないようだ。程なく到着。

masamichi07

masamichi08

masamichi09

masamichi10

masamichi11

masamichi12

masamichi14

それではと行かせて貰えば、風情・風合いの良い実に持ち味の素敵な鶏清湯醤油スープを、菅野さんらしい細ストレートの卵麺が適度に絡めて来て、そのなかなかの味わいがとんでもなくたまらないもの。

鶏ガラの量を以前より増量しているようで、鶏レアチャーシューがまた絶大なる素晴らしさで、とろんとろんの味玉も素敵で、それだけに総州古白鶏の良さを120%引き出しているその美味しさ。

昔からある低温調理だが近年では専用機器によるケースも多いだけに、その色合いもあってそこら辺をやはり低温調理によるものかお聞きして見た。

するとこちらでは比較的高い温度と言える、90度高温調理によるものだそうでなるほどだった。

古白鶏のユッケ丼にまたスープを投入して、さらに胡椒を振り掛けて愉しんだが、山葵も良い風合いを造作させこれまた素敵で良かった。

良き時代の面影を感じさせながらも、新しい方向性もある風情豊かな鶏清湯の醤油らーめんで、そこに次世代的な盛り付けが目を愉しませてそれが味わいにも影響して実に華やかな麗しさがあった。それだけに、気がつけば完食。

いや、かなりとんでもなく絶大に素晴らしく、絶佳な持ち味が粛々たる中でしみじみとした味わいとなって花開いた旨しとろ玉醤油らーめんで、古白鶏のユッケ丼もとんでもなく素晴らしかった。

masamichi18

masamichi16

★ 麺屋 正路 (マサミチ)

住所/東京都杉並区上荻1-9-1 慶仁ビル2階 TEL03-3398-1293 定休日/第2・第4火曜日 ※臨時休業あり 営業時間/11:30~15:00(14:50LO)中休18:00~22:00(21:50LO)
※アクセス
荻窪駅北口下車。ロータリー手前を左手に進んで駅ビル沿いを歩いて行き、右手荻窪タウンセブンのたこ焼きスタンド・じゃんぼ総本店の奥に2階へ上がる入口あり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m