yukiriya01

夜半の雨も止んで曇り空が広がり南寄りの風がやや気温を上げていた、そして落ち葉が季節の水先案内人のようにハラハラと舞い落ちていたそんな11月前半の休日月曜日だった。

最近立川方面に気になるラーメン店が二つ出来て、たまには足を伸ばして見るかとなって出掛けることにした。その気になる一店がこちらだ。

yukiriya03

yukiriya04

そんなわけで中央線快速電車で足を延ばして、久しぶり立川までやって来た。南口側のスカイウォーク右手奥にあるアレアレア2に入り、東急ストア横のエスカレーターで上の階へ上がりラーメンスクエアへ。

右手寄りにこちらの看板を見つけ店舗入口横にある券売機の前に立った。先月の2015年10月6日に立川ラーメンスクエア内にオープンしたこちらで、長野県松本市内に2007年1月24日オープンした無化調を謳う市内人気ラーメン店だそう。

店主は調理師学校とホテルの中国料理店でしっかりした基礎を身につけておられる方で、第一回ラーメントライアウトに出場しており以前からこのラースクとは縁があるようだ。

それだけでなく、2006年軽井沢に本店があるあってり麺 さんがラースクで営業していた時に、その厨房にもおられたらしい。その後に独立店を、松本にオープンさせたそうだ。

豚骨・丸鶏の中濃白湯麺らしい醤油麺コクにごりがイチ押しのこちらのようだが、まろやかな味とコクがクセになると案内されている黒醤油拉麺のビジュアルに、これで行こうとなってその味玉入りのボタンを選んだ。

yukiriya05

yukiriya06

入店して行くと、平日月曜日の開店まもない午前11時過ぎだけに、数人の先客が居るフロアが広がっていた。厨房前の大テーブル席に腰掛けながらも、チケットをお店の方に差し出した。

JR松本駅周辺で2011年11月から3年近く営業していた、そんなブランドでの出店らしい。来年の三月末までの半年期間限定営業と言うことで、たいした調度品もなく比較的質素な店内だった。

松本と言えば実姉や叔父さんが住んでいる街だけにこれまで何度となく訪れて来た信州中信地区の地方都市だが、ここしばらくはご無沙汰しておりその街並みはきっとずいぶん様変わりしていることだろう。

ここ最近は市内に富山ブラックならぬ松本ブラックと呼ぶラーメンを提供する、そんなお店が出現し静かなブームを呼んでいるそうで、そんな関係からこちらでも話題作りもあってその提供を始めた黒醤油拉麺だそう。程なく到着。

yukiriya07

yukiriya08

yukiriya09

yukiriya10

yukiriya11

yukiriya12

それではと行かせて貰えば、なるほどオープンして直ぐに市内の人気店に昇りつめた、その人気ぶりが理解出来る絶大に素晴らしい無化調の調べが実にたまらないもの。

魚介に個性を感じながらもそれが実に王道性のあるもので、そしてその魚介感がこのラーメンのオーラを大きくしているのだろう。醤油は松本に醸造所がある、地元の醤油を利用しているそうだ。

麺は口にして直ぐ判った京都老舗製麺所の麺屋棣鄂の中細ストレートで、これがまた泣ける風合いを造作しており、チャーシューもまた涙なくして語れないほど素晴らしい風情と言えた。

それだけに、気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、怒涛の勢いが猛烈に素晴らしいそんな味玉入り黒醤油拉麺であった。さてこれなら、もう一軒行けるとなった。

yukiriya02

★ 信州松本 麺肴ひづき 湯きりや

ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/hidukigyouzabou

住所/東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2ラーメンスクエア内 TEL042-526-3877 定休日/不定休 ※施設に準ずる 営業時間/11:00~24:00(23:30LO)
※アクセス
JR中央線立川駅南口下車。スカイウォーク右手奥のアレアレア2に入り、エスカレーターで3階へ上がったラーメンスクエア内にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m