shipporijunko01

気になる2軒が出来た立川を久しぶり訪れて、さっそくその1軒目のラーメン を堪能して、そこを後にして立川駅に戻る。

そしてこれならもう一軒行くのも問題ないだろうとなって、予定していたこちらへ8分ほど歩いてその店頭へやって来た。

shipporijunko02

shipporijunko03

shipporijunko04

shipporijunko13

なんとこちらもまた三角形の敷地の建物で、続く時は続くものだと感心しながらも入店して行くと比較的狭い店内が広がっていた。右手に券売機が見えたので、回り込んでその前に立つ。

shipporijunko14

shipporijunko05

ボタンがたくさんあるのかと思えば、押せるのはデフォルトメニューだけのようで、そんな中からアサリのしょうゆラーメンと付記された貝出汁ラーメンのお肉増しを選んだ。

不定期提供で濃厚ホタテラーメンやつけ麺に、土日限定で濃厚アサリカレーラーメンも提供しているようで、ボタンが用意されて売切れ表示になっている券売機だった。

ご飯ものサイドメニューもあるようだったが、その売切れボタンの中で埋もれていてチャーシューチーズご飯などが確認出来た。

ランチタイムの時間となって来て、それだけに後続客が続き盛況な店内のこちらだった。高齢のご夫婦が来店されて来て、先述した券売機のボタンにびっくりしながらもチケット購入を済ませていた。

今夏の2015年7月20日にオープンしたこちらだそうで、ネットの情報を見るとなんだか謎が多いラーメン店らしい。とは言えいつ樹出身店主のブンブンマル@八王子下袖木 のツィートでオープン告知がなされて麺もいつ樹さんが製麺したものらしく、ともあれ要はいつ樹系らーめん店のこちらになるようだ。

純子の店名も、その由来がはぐらかされているらしく、純子さんなる方も居ないようだ。そうなると推測するしかないが、おそらく察するに樹の言葉が店名に入るよう、音読みにしてジュンコとなったところだろうか。

ちなみに深読みするとアサリの純子と言えば、アトランタ五輪女子マラソン代表の浅利純子さんがおられる。1993年世界陸上の女子マラソンでは、日本人初の金メダルの栄誉に輝いている。程なく到着。

shipporijunko06

shipporijunko07

shipporijunko08

shipporijunko09

shipporijunko10

shipporijunko11

それではと行かせて貰えば、なるほどこれはなかなかの濃厚なアサリの風味がズバッと来て実にたまらないもの。鶏の動物ダシにアサリの旨味を閉じ込めたスープらしく、香味油にもアサリを映した分その香りが鼻腔を突いて来た。

チャーシューの上に独特な面持ちの瀞みを付けたアサリのソースが乗せられており、それを軽く溶かしながら口にすればまた違ったアサリ風味が愉しめてそのアサリの味わいには嬉しくなるばかりだった。

チャーシューもスライスされたチャーシューだけでなく、炙られ大きく角切りされた肉まで乗せられており、肉のW攻撃にもうそれはたまらない旨さに泣ける美味しさだった。それだけに、気がつけば完食。

アサリと言うと小粒な二枚貝で、その貝殻の幾何学模様はこんな柄まであるのかと思うほど多彩で、低カロリーでありながら栄養満点で美容効果・貧血予防・疲労回復に有効とされている。

いや、猛烈に素晴らしい味わいは、怒涛の持ち味に慟哭もののドうまな風情・風合いで、しみじみと来ると言う意味でしっぽりと来た、それは絶大な感動に襲われるそんな貝出汁しっぽりラーメンだった。

shipporijunko13

★ 貝出汁しっぽりラーメン 純子 - JUNKO -

ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/jyunkoramen

住所/東京都立川市錦町1-11-1  TEL042-512-5663 定休日/水曜日・他 営業時間/11:30~15:00中休17:00~21:00
※アクセス
JR中央線立川駅南口下車。国分寺方面駅ビル沿いの通りを道なりに歩いて行き、徒歩およそ8分程度の駅からそう遠くない錦町一丁目交差点の右手奥にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m