unasakaya01

グレーに染まる雲の隙間から、爽やかな陽射しが深まってゆく秋の街を照らしていた11月霜月後半の木曜日。
今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が過ぎ去った夏の面影を想わせるほど寒さを感じさせなかった、ともあれ秋めくそんな午後七時過ぎだった。

昨年の今頃訪れたJR東中野駅周辺の天栄水らーめん我道 がいつの間にか閉店しており、その跡地につい先日の2015年11月13日から新しい店がオープンしたとして気になるところとなり仕事帰り本日こそと立ち寄ることにした。

unasakaya02

unasakaya03

unasakaya04

そんなわけで通勤帰りの総武線電車を東中野で途中下車。改札口を抜けてロータリー奥の山手通りを横断歩道を渡ってから左手へ進んで行った。

400mほど歩いて行った頃だろうか、右側に風情もよく新店のこちらが佇んでいた。しっとりしたチャーシューが横たわる、煮干しらーめんがウリのこちらのようで、汐そばと鶏そばもメニューに並んでいるらしい。

unasakaya05

unasakaya06

unasakaya07

さっそく入店して行くと、券売機のない客席フロアが目前に広がっていた。半分近くの席が埋まっていて、空いていたカウンター席の中ほどの椅子に腰掛けた。

厨房右側の奥には三河屋製麺の麺箱が、見えやすい位置にさりげなく置かれている。手元のメニューリストを手繰り寄せて、ほぼ決めていた特製煮干し中華そばと叉焼丼を予定通りお願いすることにした。

山形の郷土料理の一つである弁慶めしがサイドメニューに並ぶこちらのようでそれにしようかとも考えたが、いわゆる焼き味噌おにぎりらしく冷静にその他のサイドメニューとも比較して叉焼丼で落ち着くところとなった。

さりげなく厨房におられる店主に話し掛けると、山形県鶴岡市ご出身であることを教えてくれた。

店名の由来をお聞きして見ると映画にもなった代表作「蝉しぐれ」で知られる藤沢周平の時代小説に登場する海坂藩からその藩名を店名になぞらえたものだそう。

海坂藩自体は架空の領国だが、小説家藤沢周平の出身地である山形鶴岡の城下町のような描写が小説の中で多く見受けられており、海坂藩とは庄内藩のことを指していると広く認められているそうだ。

まもなく注文した品物がやって来る頃後続客が続いて、店内はほぼ満員の盛況なフロアとなっていた。程なく到着。

unasakaya08

unasakaya09

unasakaya10

unasakaya11

unasakaya12

unasakaya13

それではと行かせて貰えば、煮干しの風情も今風にされた鶏ベースの煮干醤油清湯スープで、その味わいたるや実にたまらないもの。

薄紅色のチャーシューは、やはり低温調理されたものだそうで、しっとりした風合いがこれまた素晴らしいシフトを造作していた。

弁慶めしにも利用されているらしい細切りされた山形名産の青菜(せいさい)漬けに、細かく刻まれた赤カブの漬物もラーメンの上に添えられていて彩りも豊かで鮮やかなビジュアルも実に素敵だった。

目の前に卓上調味料が色々と用意されているこちらで、微塵切りされた玉ねぎが容器に入り、その他にも白粒胡椒・黒粒胡椒・すだち・魚介粉があり、後半になってからそれらをラーメンに振りかけて愉しんだ。

来るまではもしや我道のリニューアルでは?とも思ったが、全く関係ないこちらだそう。特に特定のラーメン店で修業した店主ではないそうで、独学で開発したラーメンを提供しているこちらのようだ。

最近は製麺所がラーメン学校を開校して経営アドバイスもする時代だけに、そうした旧来の暖簾分け店やフランチャイズ店等とは違った店舗も増えているようでそんな一店なのだろうか。

個性的な特徴が無いスタイルの仕様ながら、むしろそれが何処か都会的な持ち味を有していて、そんなスープに泳ぐ三河屋製麺の中細ストレート麺は芯のある風合いを持たせながらも質実剛健的な粋な風合いを感じさせた。

それにしてもしなやかな持ち味のいいチャーシューが実に泣けるもので、味玉も絶妙な半熟加減がまた良かった。

unasakaya14

unasakaya15

叉焼丼にも手を付けるとこれまた低温調理チャーシューの波状攻撃にしみじみと味わうところとなった。後半は残ったスープを入れつつそこに微塵切り玉ねぎと白胡椒を思う存分投入して喰らい思わず至福のひとときに心揺れる美味しさだった。

それだけに、気がつけば完食。いや、涼風に揺れるコスモスの花を愛でるように愉しめる煮干し鶏醤油で、そしてしっとりしたチャーシューは低温調理だけに何処までも味わい深かった、そんな怒涛の如く絶妙な持ち味で絶大に果てしなくとんでもなく素晴らしかった。

unasakaya16

unasakaya17

★ 海坂屋 - うなさかや -

公式フェイスブック~https://www.facebook.com/unasakaya/

住所/東京都中野区東中野2-20-11
 TEL03-6908-5648 定休日/水曜日 11:00~15:00中休18:00~23:00
※アクセス
JR中央線東中野駅西口下車。ロータリー奥の山手通りを横断歩道を渡ってから左手へ400mほど歩いた右側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m