aburagakkai01

また北寄りの風が季節を元の位置に戻して、ひんやりとした初冬の青空から朝方陽射しが真横から注いでいた、冬めく十二月師走中旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、とは言えそれほどの寒さでもなかったそんな午後七時過ぎだった。

先々月何気なくテレビを見ていると何度かその店名をネットで目にしていたこちらが、日本テレビ系列番組の火曜サプライズで紹介されていて、なかなかのその正統派な油そばぶりだっただけに気になっていた。

数日前に代々木某店を訪ねたものだが、そんな折りにその代々木店が営業していることに気づくところとなった。

ネットであらためてこちらの提供メニューを調べて見ると、土曜日の仕事疲れを癒してくれそうながっつり系の油そばが数多くラインナップしていた。

aburagakkai02

aburagakkai03

aburagakkai19

aburagakkai18

そんなわけで仕事帰り立ち寄って見るかとその気になって、またしても代々木駅のホームに降り立った。今夜は北口側の改札口を抜け、七重の味の店めじろ跡地に2013年7月15日オープンした、代々木店のこちらの店頭にやって来た。

こちらの油そばに入る秘伝のタレが、2011年モンドセレクションで金賞を受賞したようで、そんな案内が店先で紹介されていた。

またオーナー店主らしき方の顔が描かれた大きな提灯があり、それが異彩を放つ店先となっていた。

さらには三河屋製麺の麺箱が積まれていたり、店頭右手の板に、大盛無料、スープ飲み放題、五杯食べたら一杯無料と言うそんな案内も見受けられた。

ちなみにめじろと言えばその店主だった方の息子さんの一人が、先日ミシュランで一つ星に輝いたJapanese Soba Noodles 蔦の店主だ。

株式会社ギガディンなる企業が運営する、武蔵野地方保守本流系統の油そば専門店と自負するそんなアブラ學会のこちらで、都電早稲田駅周辺に位置する早稲田店が創業店らしくそちらが2010年9月15日にオープンしたようだ。

入店しようと入口に近づくと、丼を肉で埋めてくれるらしい肉食油そばなる提供メニューのフォトが店頭に貼られていて、思わずこれにするかと思いつつ入店して行った。

aburagakkai04

aburagakkai05

aburagakkai14

aburagakkai15

aburagakkai16

aburagakkai06

aburagakkai07

直ぐ左手に券売機がありこちらもまた良い意味で悩ませてくれるそのボタン群だった。背脂が振られる特濃油そばが気になりながらも、やはり正統派油そばを愉しみたいところ。

肉食油そばに後ろ髪引かれながらも、バイキルト武蔵野ギガディンって何?と思いつつも、肉肉肉野菜生玉ゴマと判り易く添え書きされた、そんな代々木スペシャルに野菜に生玉子もいいなとなってそれを選ぶことにした。

振り返ると賑やかな案内のフロアに、先客で盛況な店内が広がるこちらだった。手前の空いていたカウンター席に腰を下ろして、チケットを手渡すと大盛が無料だそう。

並盛は180gで、大盛が240gだそうで、そこは大盛でお願いすることにした。ちなみに代々木スペシャルは、肉が五枚入ることを確認してから選んでいたりする。

さりげなく厨房におられた方に話し掛けて、テレビでこちらのお店が出ていたので気になって来たことを告げると、笑顔で紹介されたのは池袋店であることを教えてくれた。

元々は担々麺を提供していたお店だったそうで、そんなこともあって来年の年明けから新メニューとして担々麺も提供する予定だそう。

さっぱりスープが無料でセルフサービスと言う案内にそう言えばとなって、その案内の傍にあるストックポットに入ったスープをその下にあったスープカップに入れ席に戻った。

口にすると具の無いオニオンスープながら、溶け込んでいる野菜の旨味ふくよかなもので実に美味しいホットスープだった。程なく到着。

aburagakkai08

aburagakkai09

aburagakkai10

aburagakkai11

aburagakkai12

aburagakkai13

エリマキトカゲを模したような海苔が刺さり肉がたっぷり入ったもので、その下にモヤシをメインにした野菜がたっぷりと極太麺の上に置かれその頂きに生卵が乗っていた。

言わば二郎系的な武蔵野油そばと言えるものがやって来た。こうなると背脂が振られる仕様は、弁慶系的な武蔵野油そばと言えそう。

ともあれそれではと行かせて貰えば、極太麺にタレが既にしっかり絡まっており、これは実にたまらない美味しさ。肉も旨味ぎっしりで、野菜もホクホクしていて、これは慟哭ものの泣ける美味さ。

掘っても掘っても出て来る極太麺に、喰らっても喰らっても肉湧き出る油そばで、これまた持つ箸の往復速度が加速して行くしかなかった。

後半戦は卓上にあったラー油とお酢を回し入れて風情を変えて愉しみ、さらにあった食べるラー油をたっぷり入れて麺に絡ませて口にすれば、絶大なるその持ち味にこれぞ真面目に顎外れる旨さと言うものだった。

それだけに、気がつけば完食。いや、もう涙腺崩壊の美味しさに大号泣の素晴らしさで、絶大なる持ち味で猛烈に猛然に強烈に激烈に壮絶に凄まじく良かった。

aburagakkai17

★ 油そば専門 武蔵野アブラ學会 代々木店

※公式サイト~http://www.aburagaku.com/

※油そば麺量~並180g・大盛240g・ダブル360g

住所/東京都渋谷区代々木1-58-7 ヴェラハイツ代々木106 TEL03-6383-3241 定休日/日曜日 営業時間/11:00~翌1:00 ※土曜~22:00 ※祝日~18:00
※アクセスJR代々木駅北口下車。出口前の道路を右手へ進んで100m程度先の左路地を入り、50mほど歩いた右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m