daikoenji01

絵の具を混ぜるパレットに蒼色と灰色をたっぷり作り塗り込めたような冬色の大空が広がり、北寄りの風の冷え込みが街の紅葉樹の色をよりいっそう鈍くさせ時折り小雨が落ちていた十二月師走も半ばの日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、帰宅する頃も時折り霧雨滴るものの直ぐに止んで、穏やかな夜風が漂うそんな午後七時過ぎだった。

昨夜は二郎風な油そばを口にしたこともあってか、今夜もまた何となく二郎系のらーめんと言う気持ちになって、その内に立ち寄ろうと考えていたこちらに仕事帰り立ち寄ることにした。

昨年の3月に訪れた荻窪店 以来のらーめん大で、とは言えらーめん大自体はその他に創業店の堀切店と蕨店くらいにしかこれまで訪れていなかった。

ラーメン二郎の系列店として1998年にオープンした堀切店が、2004年に独立して開業させたらーめん大で、高円寺店のこちらは2008年11月23日にオープンしたようだ。

daikoenji02

daikoenji03

daikoenji04

daikoenji05

そんなわけでまた高円寺で途中下車して、南口へ出て右側に見える通りを左手へ進んで行き、200mほど先の高円寺南四丁目交差点手前の左手にあるその店頭へやって来た。

daikoenji06

daikoenji07

daikoenji08

daikoenji09

daikoenji10

さっそく入店して行くと右手に券売機が待ち受けていて、その前に立つと湿度の高い店内に眼鏡がみるみる内に白くなり、眼鏡を拭きながらもさて何を選ぶかとなった。

通常の醤油らーめんの他に、つけ麺や塩らーめんに味噌らーめんと辛味噌らーめんもあり、限定20食と付記された油そばなど様々なメニューがラインナップしていた。

以前よりもさらに提供メニューが増えていたらーめん大さんで、さらにピリ辛ジャンを効かせた赤らーめんにそのつけ麺バージョン、またマー油が入る黒らーめん、魚粉を多めに利かせた煮干しらーめんもあった。

悩んだ末に赤らーめんを選んで、追加トッピングするかとこま切れ豚と味付卵のボタンを連打した。振り返り一人居る先客の奥のカウンター席に腰掛け、カウンタトップに券売機から出て来た樹脂製のプレートを置いた。

ふと見ると、平日タイムサービスとして午後二時から五時までは、中盛と大盛が無料になることが店内に記されていた。見上げるとそこに「当店のラーメンは3回はお召し上がりください。本当のおいしさが発見できます」と言う案内も見受けられた。

カウンターテーブルの調味料が色々とあり、黒胡椒と白胡椒に一味唐辛子、そしてお酢にらーめんたれの他、カレー粉もさりげなく置かれてあった。

無料トッピングを直前に聞かれて、野菜多めのニンニク脂多め味濃いめを希望することにした。程なく到着。

daikoenji11

daikoenji12

daikoenji13

daikoenji14

daikoenji15

daikoenji16

daikoenji17

それではと行かせて貰えば、紅いスープが食欲を掻き立て、持ち上げた太い麺を啜るとその音が高らかに響いて、肉の風情とその多さにさすがこちらと思うしかなかった。

背脂の持ち味に味玉の半熟加減も申し分なく、野菜のホクホクした風合いがまた素敵で、それだけに気がつけば完食だった。

いや、怒涛の素敵な風合いに猛烈な風情の赤らーめんで、明快に明晰に明白に劇的で、朗然と瞭然と現然として猛烈に素晴らしかった。

daikoenji18

daikoenji19

★ らーめん大 高円寺店

※公式サイト~http://www.food-ff.com/

無料トッピング~野菜・ニンニク・脂多め・味濃いめ
野菜~普通・多め・増し・増し増し

住所/東京都杉並区高円寺南4-7-1 コーポカトレアビル1階 TEL03-6304-9567 定休日/無休 営業時間/11:00~翌1:30 ※金曜・土曜・祭日前日~翌2:00
※アクセス
JR高円寺駅南口下車。右側にある通りを左手に進んで行き、200mほど先の高円寺南四丁目交差点手前の左手にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m