muso01

青い表層に白い雲が陽射しを含ませたように煌めいていた、あと一週間もしない内に大晦日となる好天の大空広がるそんなクリスマスの日が休日となった金曜日だった。

麺屋こうじグループ二郎系代表格の山勝角ふじ系列の新たなるブランド店となるその名も無双で、最上級背脂であるA脂を駆使したコクのあるラーメンを提供しているこちらだそう。

ウリとするラーメンはそんな背脂チャッチャッ系で、2012年10月香港にオープンしたらーめんチャンピオン内で営業して好評を博しているブランド店だそう。

その逆輸入出店となる国内第一号店を、この南流山の地に今春の2015年5月7日からオープンさせて気になっていた。もちろんガッツリ二郎系のラーメンや、大勝軒のもりそばも愉しめるようだ。

麺はカネジン食品の中太麺を利用しているそうだが、最近になってさらに麺線を太くしたものにバージョンアップさせたようで、レアチャーシューも現在どう対応させて行くか研究中らしい。

そんなこともネットで知ると更にその気になるもので、そんなわけで年の瀬近い本日はこちらへ出掛けることにした。

muso03

muso04

と言うわけで東松戸に出て、そこからオレンジのラインが車体に引かれたJR武蔵野線電車に乗車し、何度か乗り換えで利用している南流山へやって来た。

改札口を抜けて左手の南口へ出ると、目映ゆいほどの青空が目前に広がっていた。

右手に進んで行き武蔵野線左手側道を700mほど歩いた頃だろうか、クルマが行き来する県道5号線に出た。そこを左折し80mほど進んで行くと、右側に今春オープンしたこちらが営業していた。

正面入口側に立つと角ふじ雅商會の迫力あるエンブレムが、店舗建物上部に据えられた店頭看板にあり異彩を放っていた。

道路沿いには東池袋系大勝軒のつけ麺が、店内で提供していることが案内されていた。そう遠くない場所には、本家ブランドの南流山店が営業している界隈のようだ。

muso05

muso06

muso07

muso08

muso10

さっそく入店して行くとさすが既に周辺人気店となっているこちらのようで、正午までまだ時間があるものの駐車場はほとんど埋まっていて店内もそこそこに盛況なフロアが広がっていた。

入口ドアの直ぐ左手に券売機があり、先客の方がチケットを購入されていて、その後ろに就いて程なくその前に立った。

予定通り決めていた背脂チャッチャッ系の無双シリーズとなる醤油特製ラーメンのボタンを選んで、チケットを厨房におられたお店の方に手渡しながらその傍のカウンター席へ腰掛けた。

希望すれば背脂こってり無双シリーズのラーメンにも、角ふじ特製漬けニンニクを付けてくれるそうで思わずそれを希望。

そして背脂の量なども対応してくれると言うことで、それならばとそれを多めでお願いして、この際だからと濃いめのカラメも希望することにした。

年末年始は30日は15時閉店となり、大晦日から二日まで休業して、三日より通常営業となることがフロア内に案内されていた。

カネジン食品の中太麺は気持ち太くなった程度らしく、低温調理のレアチャーシューの商品化は、もう少し先になる予定だそう。程なく到着。

muso11

muso12

チャーシュー5枚と味玉に海苔4枚が丼の表面を全て覆い隠す逸品のオーダーした無双醤油特製ラーメンが目の前に置かれた。かなりこれまた迫力あるラーメンと言うしかなかった。

muso13

muso14

muso15

muso16

muso17

muso18

それではと行かせて貰えば、肉は比較的分厚い方で噛めばむっちりした食感がたまらないもので、野菜の下に沈む中太麺はカネジンさんらしいなるほどの持ち味が実に素敵な風情と言うしかなかった。

醤油スープにはたっぷりの風合いのいい背脂が浮いていてこれまた素晴らしく、豚バラロールチャーシュー、中太やや太のストレート麺、A脂最上級背脂醤油スープが三位一体となった極上感に只々打ちひしがれるものだった。

後半になってから別皿で頂いた漬けニンニクをラーメンに投入すれば、角ふじらしい濃いめの醤油が絡んだニンニクだけに、これまた豊かな風合いに心弾む美味しさ。

なかなか無くならない豚バラロールに満足感を覚えつつ、味玉にモヤシも素敵な風情でそれだけに気がつけば完食だった。

お隣りにおられた方の話しによると、近くにある山勝南流山店のラーメンは魚介が効いていないが、こちらではあまり気がつくほどではなかったが魚介が感じられるそうだ。

いや、猛烈果敢な怒涛の旨さで、そんな泣ける味わいに感無量と言える無双醤油特製ラーメンと言えた。

muso19

muso20

★ 山勝角ふじ 無双 南流山店
※企業公式サイト~http://miyabikai.com/
住所/千葉県流山市南流山7-7-12
 TEL04-7197-5850 定休日/無休 営業時間/11:00~翌2:00
※アクセス
JR武蔵野線南流山駅南口下車。右手に進んで武蔵野線左手側道に出て、そこを700mほど歩いた頃にある県道5号線を左折し、さらに80mほど進んで行った右側にあり。

 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m