ichien01

上空の気流の所為か青空に浮かぶ低く白い雲が目の前をゆったりと流れて、冬めく陽射しが師走の街を鈍く輝かせていた十二月下旬年の瀬の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れてさらに冷え込みが増していたそんな午後七時過ぎだった。

1981年に創業したその本家となるこちらで四年ほど前に一度訪ねており、その周辺に系列店となる井の頭店も営業していてそちらにも一年前に訪れたものだ。

三鷹駅周辺にも二店が営業しているが、三鷹北口店は暖簾分け店で、そちらは上荻店も経営していると言う。三鷹南口店と上石神井店に井の頭店は、本店であるこちらの系列店となるようだった。

そんな一圓さんだが、提供される焼餃子は通常の三倍にもなるインパクトある大きなもので、ラーメンもいい風情があっただけにまた立ち寄って見たいと考えていた。

ichien02

ichien03

そんなわけで今夜こそとなって、吉祥寺パルコ先にある商店街の通りを進んで行き、その店頭へ久しぶりやって来た。

ichien04

ichien05

さっそく入店して行くとタイミングが良かったらしく空いていて、その空いたカウンター席の一つに促されて腰掛け、味噌拉麺に味付玉子と焼き餃子をオーダー。

すると以前と同じように餃子はかなり大きいものであることと、提供されるまで10分ほどの長い時間を要する旨の案内があり、それを承諾してから準備に取り掛かっていたお店の方であった。

ちなみにプラチナ白金豚餃子は小ぶりのものらしく、そちらのは岩手花巻産ブランドポーク白金豚のお肉をたっぷり使った餃子であるらしかった。

後続客が程なくして続きに続いて、しばらくするとほぼ満員の店内で、タイミングが良かったようだった。提供される麺や味噌だれなどは、三鷹の暖簾分け店から仕入れたものを利用しているそうだ。

こうお聞きすると近年企業に於いても、コスト低減を目的に分社化する傾向が見受けられるが、そんなカンパニー制の一貫からではないかと感じてしまうところだが、実際のところは定かではない。程なく到着。

ichien06

ichien07

ichien08

ichien09

ichien10

それではと行かせて貰えば、これがやはり何とも素敵な味わいが実にたまらない味噌拉麺と焼餃子と言えるもの。

味噌スープは一見すると白味噌ベースのような風合いだが、そんな単純な味噌だれでは無いそうで、様々な味噌を複合的に用いたかなりのこだわりがあるものだそう。

そうお聞きすると確かにまったりと来る味噌の持ち味は、白味噌に偏ったようなことはなくしみじみとしながらも濃厚な風合いと言えた。

中太の麺も柔らかい感じだが、その分だけ喉越しのいい素敵なものがあり、チャーシューや味付玉子もとても美味しかった。

ichien11

ichien12

そして焼餃子にも手を付ければ、思わず泣ける風合いが実に素晴らしく、ボリュウムも良く肉餡の持ち味がこれまたたまらないものだった。

それだけに、気がつけば完食。いや、猛烈な風情は何処までも素晴らしく、怒涛の泣ける風合いは途轍もなく感動的な味わいを造作していた。

ichien13

ichien14

ichien15

★ 一圓 中道通り本店

住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-2 TEL042-222-5919 定休日/無休 営業時間/11:00~21:00
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅北口下車。ロータリー手前を左手に進んで行き、吉祥寺パルコ前の十字路をさらに直進。そこから200mほど先の四つ目の右路地手前右側にあり。

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m