shinasobatanaka01

スローな情景描写のように青空の下で北風に草花が揺れて、冬らしい穏やかな陽射しが燦々と煌めいていた、そんな2016年元旦一日の金曜日だった。

今年もまた時代のふちから新年がやって来た。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年また体調を崩して手術入院し半年ほど自宅療養していたが、復調して10月末から元の職場に戻らせて頂くことになり数ヶ月が過ぎた。それもあってこのお正月の三日間だけ、ゆっくり休ませて頂くことにした。

shinasobatanaka02

朝方はゆっくり起床し嫁さんと共に中山法華経寺に向かい、その裏手にある先祖の墓参りを兼ねて初詣へ。線香が折からの北風で、うまく点かなかったが何とかなって合掌。

そこから下総中山駅へ歩いて行き、予定通り総武線電車に乗り秋葉原へ。そして中央通りの横断歩道を渡って行き、区立昌平小学校の側道へ出てこちらの周辺へ。

shinasobatanaka03

すると金澤町と言う文字刻まれた案内板が目に止まった。外神田三丁目のこの周辺は、その昔は神田金沢町と呼ばれていたものだ。

江戸時代に居城が金沢にあった加賀藩の藩邸があった名残りからであることがそこに案内されており、そんな金沢町にかつて倉庫を有していた家電量販店 に勤務していただけにその頃の想いが思わず過ぎった。

shinasobatanaka04

shinasobatanaka05

shinasobatanaka06

shinasobatanaka07

ともあれ足をさらに進めて歩き、つい先日の2015年12月30日にオープンしたばかりの気になっていたこちらへやって来た。

今秋の2015年9月20日閉店して行った福の神食堂 の跡地の場所でオープンしたようだ。イタリアン出身の田中友樹店主が営業する、JR大塚駅寄りの東池袋の地で2013年4月20日創業したこちらだそう。

そんな志奈そば田なかの2号店のようで、田中氏は俺の空や横浜ラーメン増田家等を経て、らぁ麺三軒屋 でグループ総料理長を歴任された方らしい。

千葉九十九里のご出身らしく、そんな出身地に最終出身店も千葉に関係してその開店する場所が秋葉原となればそこは大いに気になるしかなかった。

そんなわけで到着すると店内は満員御礼のようで、店頭に5人の方が並んで入店出来るのを待っていた。その後ろに嫁さん共々就いて待っていると、先に店内の券売機でチケットを購入するよう促された。

そこでそこの前に行きアンチョビ塩まぜそばが気になりながらも、まずは得のせアジ煮干し塩中華そばを選んだ。そして更に房総の恵みと添え書きされた至高の塩かけそばを選択し、かけそばならばと特製トッピングのボタンも連打した。

券売機のボタンを見るとその他にアジ煮干し醤油中華そばもあったものの押せないようになっていて今後提供して行くことだろう。

夜限定30食限定と記されている至高の塩かけそば~房総の恵み~だが、三日まで昼営業のみのため特別提供しているのだそう。具がない素ラーメンならばと特製トッピングを追加した次第だった。

shinasobatanaka08

shinasobatanaka09

お話しさせて頂くと何と店主奥様の実家が以前訪ねた中華そば光来@新宿 を運営するフジキン光来 さんと言う製麺所だそうで、そこはこちらで利用する麺もそんな中野に本社があり都内大森と千葉若松に工場を持つ、その製麺所の麺を提供しているそうだ。程なく到着。

shinasobatanaka10

shinasobatanaka11

shinasobatanaka12

shinasobatanaka13

shinasobatanaka14

shinasobatanaka15

嫁さんと二人で来ただけに、それぞれ半々ずつ食すことにした。特製トッピングは味玉に、比較的薄めのバラロールチャーシュー三枚、大判海苔三枚と言う内容だった。

至高の塩かけそばをそれではと行かせて貰えば、まさしく瑞々しいそのスープは、その一滴一滴が神々しく見えるほどで実に素敵でたまらないもの。

伊勢海老・アワビ・サザエのみでとったスープだそうで、魚介の極上感が静かな小波の中で繰り広げられた。

極太平打ちストレート麺の持ち味が、そんな魚介風味の感じ方と愉しみ方で、幾重にも変化する分また素晴らしかった。北海道産小麦にパスタ用小麦をブレンドしているそうだ。

shinasobatanaka16

shinasobatanaka17

shinasobatanaka18

そして得のせアジ煮干し塩中華そばを行かせて貰えば、これまた品のある豊かな風情が実にたまらないもの。アジ煮干しは炒め工程があるらしく、エグミを感じさせない分煮干しを引っ込めておりそれが造詣が深い味わいを作っていた。

鰺煮干しの他に、潤目鰯や片口鰯に大山鶏と昆布を利用したスープらしい。こちらは中太平打ち麺でこれまた良かった。

なお得のせも特製トッピング同様に、味玉と比較的薄めのバラロールチャーシュー三枚に大判海苔三枚と言う内容だった。

二つの提供メニューどちらも、泣ける味わいで実に良かった。ちなみに、保険をくるりと変える!と言うCMがあったが、麺を選べるようにすると集客力がより高まって良さそうに思えた。気がつけば完食。

いや、超越淡麗系と言える美味しさで、猛烈に猛然に猛攻なスープに可憐で華やかで愛らしい麺が、かなり印象的な味わいとなって開花したラーメンで途轍もなく怒涛の如く絶大に果てしなく素晴らしかった。

shinasobatanaka19

★ 志奈そば 田なか second 秋葉原店

※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/yuki19800428?lang=ja
住所/東京都千代田区外神田3-4-1 千代田区立外神田住宅101号 TEL03-3258-5282 定休日/月曜日 営業時間/※~2016/1/3 ※2016/1/5~11:00~18:00 11:00~15:30中休17:00~21:00 ※日曜11:00~18:00
※アクセス
JR秋葉原駅電気街口下車。中央通りに出て右手へ進んで行き、住友不動産秋葉原ビル先の二つ目の左路地を入り昌平橋通りに出たら右折してすぐ右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m