nidaimebudoka01

冬の表層が青空へ張り付くように冷え込んでいた、一月らしいと言えば一月らしいその中盤近くとなって来た週末土曜日。
今日も仕事が終わって外に出れば、日が暮れて寒々としたネオンが煌めくそんな午後七時過ぎだった。

なんとなく家系ラーメンとなって、まだ訪れていなかった2009年5月20日にオープンした、武道家の2号店となるこちらへ今夜こそとなって訪ねることにした。

1997年創業の武蔵家中野本店で修業された方が、2006年5月21日に早稲田に本店を開業させた家系ラーメン店だ。

中野店開業後は3号店を2010年10月28日成城学園前に武道家龍としてオープンさせて、4号店を国分寺に武道家 口(くにがまえ)として2011年5月4日にオープンさせて、そこにはその開業日に訪れたものだ

そして現在勤務先となる吉祥寺に、5号店となる吉祥寺店を2013年8月29日オープンさせて、そちらには昨春に訪れている

以前のそのレポートで触れているように、「武蔵家」の道を往く店にしたい理由から、店名を「武道家」と命名したそうで「ぶどうか」と読ませるようだ。

nidaimebudoka02

nidaimebudoka05

nidaimebudoka06

nidaimebudoka07

nidaimebudoka08

nidaimebudoka09

nidaimebudoka10

nidaimebudoka18

nidaimebudoka11

そんなわけでまた中野で途中下車して、南口側へ出てそう遠くない場所で営業しているこちらの店頭へやって来た。

ちょうど大学生のグループ客が入店して行くところで、さらに一人その後ろに就いたので店頭撮影は帰りにするかとなってその後ろに就いた。

店内は三分の二ほどのカウンター席が埋まっていて広いフロアだけにそこは盛況な状況のこちらと言えた。しばらく待っていると、自分の番となって券売機の前に立つ。

またチャーシューをがっつり行きたくなったのでチャーシューメン中を選んで、サイドメニューも行くかとまかない飯250円のボタンを連打した。

全部のせがチャーシューメンに対して50円プラスしてあったが、チャーシューの枚数が減るのは困るしと悩みながらもチャーシューメンにした次第だった。

奥寄りのカウンター席に促されてそこに腰掛けながらも、チケットを手渡すと好みの確認を受けたので、麺固め・味濃いめ・油多めでお願いすることにした。

最初は吉祥寺店に行こうと思ったが、そう言えば中野の2号店にまだ訪れてなかっただけに、そこは直ぐにシフトチェンジしてこちらにしようとなった。

50円のライス券を買えば、おかわり自由のこちらだ。キュウリのキューちゃんも、取り放題のようだった。ふと振り返ると家系店御用達の酒井製麺の木製麺箱が幾つも積まれて置いてあった。

また背中の壁面には名刺などがこれでもかと貼られてあり、頭上の方には肉体作りに欠かせないプロテインの袋があった。程なく到着。

nidaimebudoka12

nidaimebudoka13

nidaimebudoka14

nidaimebudoka16

nidaimebudoka17

それではと行かせて貰えば、嗚呼素晴らしきその味わいが実にとんでもなく絶大にたまらないものと言うしかなかった。

一日に合計200キログラムに及ぶ大量の豚骨の様々な部位を旨味が出し切るまで超強火で炊き出すスープだそうで、それは誰もが認めるほどの濃厚豚骨スープと言えた。

骨の髄の旨味まで出し切るとにかく煮込み切るスープはコラーゲンも豊富で、女性にも大人気の体に良いスープだそう。かなり茶濁しているだけに、背ガラ中心の本格家系醤油豚骨スープと言えそう。

酒井製麺の中太やや縮れ気味の風情豊かな持ち味がまた絶妙なほど素敵で、豚バラのブロック肉を使用しているらしいチャーシューも、この上ないと言いたくなるほど爆涙ものの美味しさだった。

後半になってから例によって卓上にあった、粗粒黒胡椒やコチジャンにすり生姜を入れて風情を変えて愉しんだ。

nidaimebudoka19

nidaimebudoka20

まかない飯にも手を付ければ、細切れのチャーシューと味玉と刻まれた青ネギが盛られて、そこにマヨビームが多めになされておりこれまた大泣きしたくなるほど実に良かった。

ラストに残ったスープを投入してオジヤのようにしてたしなみこれまた素敵な風合いだった。それだけに、気がつけば完食。

いや、ひと味違うと言うか、ひと濃いめ違う味わいの素晴らしさで、もう恍惚に有頂天に欣快に夢心地に法悦になる心地良さと言うしかなかった。

nidaimebudoka21

nidaimebudoka22

★ 横浜家系らーめん 二代目武道家

ラーメン麺量~並160g・中240g・大320g

住所/東京都中野区中野3-34-32凱旋ビル1階 TEL03-3229-9390 定休日/無休 営業時間/10:30~翌2:00
※アクセス
JR中央線中野駅南口下車。JR中央線中野駅南口下車。ガードを潜る中野通り(都道420号)を、中野五差路・青梅街道方面へ2分程進んで行った右側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m