ichirankichijoji01

グレー掛かった雲が浮遊するものの霞む青空から陽射しがそそいで、北寄りの風がまた街を朝方だけ冬色に染めていた一月も中旬となって来た成人の日の祝日月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、それほどの冷え込みもなく煌めくネオンもその分だけ穏やかに見えたそんな午後七時過ぎだった。

時に名店長浜屋台一心亭からの流れなのか、一蘭・一風堂・一幸舎と一が付く店が多い博多ラーメン店だが、そんな中にあって味集中カウンターが広がる独特な雰囲気を醸す店内で名高い、そんなこちらが勤務先の吉祥寺にも系列店があるとして気になっていた。

1960年福岡県福岡市早良区百道で創業した一蘭で、会員制ラーメン店の営業を経た後に創業店主から現在の一蘭社長である吉冨学氏が1993年にその味を継承。現社長体制の一蘭の第一号店を福岡県福岡市南区那の川に開業させ、現在では国内と香港に50店舗を越える系列店が営業しているこちらのようだ。

2001年都内六本木に関東初出店の系列店がオープンして、現在は首都圏にも多くの支店があり、これまでにはアトレ上野山下口店 千葉C-one店 渋谷店 などへ訪れている。

初めて入店したのはアトレ上野山下口店で、2004年に訪ねているがその頃はまだ15店舗ほどの一蘭さんだった。ちなみに最近勢いがあるラーメン凪 さんだが、その店主である生田智志氏は、一蘭関東エリア開発担当をされていたことで知られている。

最新店舗は都内浅草店で昨年の2015年12月10日にオープンしており、今年も春頃に神戸三宮店が開業する予定があるようだ。

ichirankichijoji02

ichirankichijoji03

ichirankichijoji04

ichirankichijoji05

そんなわけで吉祥寺北口から延伸するサンロード商店街の中ほどのこちらが営業しているビルの入口にやって来た。ふと見ると「赤い秘伝のたれ発祥昭和35年創業」という案内が見えた。

そんな階段を下りて行くと「吉祥寺店はおかげさまで3周年」という案内がさらに見受けられ、そこには吉祥寺店が2012年11月1日にオープンしたことが紹介されていた。

地下二階で営業しているようで、さらに階段を下りて行くと一番下に入口があり、その扉を開けて中へ入って行った。

ichirankichijoji06

ichirankichijoji07

ichirankichijoji09

ichirankichijoji10

すると券売機が設置されたスペースがありこれまで訪れた支店と同じような独特な雰囲気の店内で、空席を示す案内板を見て、思わず一蘭に来たことを実感するしかなかった。

ラーメン+替玉と言うボタンがあったのでまずそれを選んで、さらに追加チャーシューと半熟塩ゆでたまごのボタンを連打。

振り返り空席案内板を横目に味集中カウンター内に入って行き、手前寄りの空席が落ち着けそうだったので、ハーフコートを壁面にあったハンガーに掛けてからその周辺の席に腰を下ろした。

こちら特有のオーダーシートが例によってテーブルに置かれており、まずそれに希望する項目へ丸を付けて行く。

味の濃さ~うす味・基本・〇こい味、こってり度~なし・あっさり・基本・〇こってり・超こってり、にんにく~なし・あっさり・〇基本・1/2片分・1片分。

さらには、ねぎ~なし・白ねぎ・〇青ねぎ、チャーシュー~なし・〇あり、秘伝のたれ~なし・1/2・基本・〇2倍・指定倍率、麺のかたさ~超かた・〇かため・基本・やわめ・超やわと丸して行った。

そしてテーブル面奥の呼びボタンを押し、来られたお店の方にそれを手渡してお願いした。すると味玉が直ぐに来て、目の前のすだれが下りて、しばし待っていると、すだれが開いてラーメンが程なくして到着。

ichirankichijoji12

ichirankichijoji13

追加チャーシューは、別皿に乗せられてやって来た。左奥に冷水を注ぐ場所がありそこでコップに冷水を注いで、軽く咽を潤してからラーメンを口にして行った。

ichirankichijoji14

ichirankichijoji15

ichirankichijoji16

ichirankichijoji17

ichirankichijoji18

ichirankichijoji19

それではと行かせて貰えば、そこはなかなかの持ち味が実にたまらないもの。カウンターが味集中システムなら、ラーメンスープは集中調理施設から運ばれて来るだろうから何処の系列店でも同じ味わい。

辛味だれの持ち味がそれにしても風情の良いもので、唐辛子を基本に三十数種類の材料を調合し何昼夜も寝かせた熟成だれらしい。

一蘭特製の麺は特別な小麦粉を独自にブレンドした、奥義を極めた極上の絡みと喉越しを実現させたと自負するもの。替玉を希望するボタンを押すと、静かなフロアにチャルメラの音が響く。カタメでお願いすると直ぐに替玉が来た。

癖の少ない豚骨スープに味玉も美味しく、良質の豚肩ロース肉を特殊製法で仕上げたらしいチャーシューもいい感じで、それだけに気がつけば完食だった。

いつもと違う世界が広がっている店内で、そんな何処か非現実的な中で味わうからなのか、もちろん美味しいからだが、不思議とそれ以上の満足感や達成感があるこちらのラーメンと言うしかなかった。

いや、かなりとんでもなく絶大に泣ける持ち味で、確実に明確に的確に明瞭に怒涛の如く素晴らしかった。

ichirankichijoji20

★ 天然とんこつラーメン専門店一蘭 吉祥寺店

※公式サイト~http://www.ichiran.co.jp/
住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-8 アソルティ吉祥寺本町B2階 TEL0422-20-2118 定休日/年中無休 営業時間/24時間
※アクセス
JR吉祥寺駅北口下車。ロータリー左手先のサンロード商店街を入って行き、100mほど歩いた左側にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m