ogiji01

水色の青空から爽やかな日射しが煌めいて、肌寒いものの朝方だけ南寄りの風が頬を掠めると今年は例年よりも早く春が訪れる予感を感じた、そんな一月後半の休日火曜日だった。

昨年12月下旬のちょうどクリスマス頃だろうか、それはまるでサンタクロースからのクリスマスプレゼントのようにジロリアン達に贈られた。

その情報を知ったのは私の場合だと亀戸店ツィッター公式アカウント のツイートで、多くの方はラーメン二郎各店に張り出された案内だったようだ。

それが長期休業でずっと営業していなかった2度訪ねたことがあるラーメン二郎荻窪店 が、ついに待ちに待った復活リニューアルオープンを果たすニュースだった。

2002年10月14日に青梅街道天沼陸橋交差点前に開業したこちらで、かれこれ十年近く前に初めて訪れて五年前にも再度訪ねたものだ。何度かの長期休業をしては再び営業していたが、ずいぶん前からかなり長い休業が続いていた。

そんなこちらが店長さんを交代させて、2016年1月17日リニューアルオープンするとして、さっそく休日を利用して訪れることにした。二代目の店長さんは、桜台駅前店のスタッフだった、二ノ久保氏と言う方だそう。

ogiji02

ogiji03

ogiji04

ogiji05

ogiji06

ogiji07

そんなわけで本日もまた総武線を利用して御茶ノ水に出て、そこから中央線快速電車に乗り換え荻窪にやって来た。

改札口を抜けて右手へ進み、その南口側のエスカレーターを上がって行き、線路沿い道路の歩道を阿佐ヶ谷方面に進んで行く。
駅から6分ほど歩いて行った頃には目の前に青梅街道が見えて来て、そこから何台かのクルマやバイクが来て横を通り過ぎて行った。

その街道沿いの天沼陸橋交差点すぐ手前建物の1階で営業しているこちらで、オープン初日は100人を超える大行列が出来たそうだが、午前11時40分頃に着くと本日も30人近い人が並んでいた。

さっそく店舗裏手まで続いていた行列の最後尾に就いて、寒空の下で待っていると、いつのまにか風の向きが北寄りに変わっていた周辺だった。

ちょうど並んだ場所は日陰で、それもあってか目の前の大通りの横断歩道付近に、多くの残雪が残っていて身を震わせながら立ち尽くした。

二郎らしいスープの香りが辺りを漂っており、それを嗅ぎながら立っていると不思議に元気が出て来た。入口ドアがある通りに出ると北風がモロに来て、もうすぐだけに襟を立てながらも入店出来るのを待った。

店内には立派な開店祝いの花が幾つか飾られて、店頭の板ガラスにはラーメン食べ放題と謳うアルバイト募集と、合流割り込み禁止・路上駐車禁止の貼り紙が貼られていた。

入店直前近くになると小ラーメンか大にするか確認があり、もちろんそこは小と言って申請した。

ogiji08

ogiji09

ogiji15

ogiji17

先客の方が頻繁に出て来て先頭となって直ぐもう一人出て来たのでこれ幸いと入店し、券売機の前に立ち予定通り小豚のチケットを購入して空いたカウンター席へ。
冷水機は券売機の隣り近くにあり、その下に置いてあるコップに注いでから着席。

程なくコールの段となって、あまりにも早かったもので慌ててアブラカラメと返して目の前に到着して下に下ろしたが、あ、ニンニク!と言い忘れたことに気がついてカウンタトップにドンブリを戻してそれを入れて貰った。

なおオギジとも呼ばれるラーメン二郎荻窪店だが、外観は以前と同じで変わっていなかったが、フロアは内装が一新されておりお洒落な店内となっていたこちらだった。

ogiji10

ogiji11

ogiji12

ogiji13

それではと行かせて貰えば、これまた切なくなるほど素敵な風合いに、もう箸の速度が次第に高まって行くもの。冷えた体に温かいスープの極上感が合わさり、実にたまらなかった。

店内はもちろん満員ながらその圧倒感に打ちひしがれ口にしていて、誰もが余計な言葉を漏らすことなく丼に顔を埋めていた。

とは言え厨房の方は店長さんを入れて三人おられ、皆さん系列店からの移動で来られたらしく、時折り厨房に居る方の旧所属店舗の常連さんが顔なじみ同士で挨拶しあう場面が見受けられた。

これぞまさしく磨励自彊(じきょう)の末に提供されたその小豚の風情に、それはじみじみと大事に口にして行くしかなかった。

後半になってから卓上にあった一味唐辛子と白胡椒を振りかけて愉しんだ。それにしてもムチムチした豚肉の食感が素晴らしく、それだけに気がつけば完食だった。

そんな頃に厨房を見ていると麺が切れたらしく、二階で製麺しているようでそこから持って来るような手筈を整えており、フォークリフトのようなダムウェーダーで麺箱を数箱だけ上げて一人が階段で上がって行った。

いや、二郎のラーメンらしいスープと極太平打ち麺と豚肉で、そんな冬夏青青の味わいに怒濤の感動を覚えるもので、そんな万能一心の果てに生まれた猛烈な美味しさに魅了された。

ogiji14

★ ラーメン二郎 荻窪店

※公式サイト~http://ogkb26.tumblr.com/

住所/東京都杉並区荻窪4-33-1 荻窪白馬ビル1階 TEL非公開 定休日/日曜・祝日 営業時間/11:30~14:30中休17:30~22:00
※アクセス
JR荻窪駅南口下車。エスカレーター等で上へ上がり、線路沿い道路の左手歩道を阿佐ヶ谷方面に進んで行った、青梅街道天沼陸橋交差点すぐ手前建物の1階にあり。徒歩およそ7分程度。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m