horiuchi01

北寄りの風が寒気を送り街を震え上がらせて、灰色に染まる雲が浮遊し時折りだけ陽射しを隠すものの見上げれば青空広がる一月睦月後半の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、天候が崩れることもなく、穏やかに冷え込むそんな午後七時過ぎだった。

年の瀬もそう先でない2015年12月1日にオープンした神田らぁめん悠(はるか)に開業まもない頃に訪れたものだが、その店頭には店主修業先であるこちらの堀内店主からの開店祝いの花が一番目立つ場所に飾られていた。

思わずそこはまた行って見るかとなるもので、そんなわけで昨年の二月以来となるそんなこちら

へ仕事帰り立ち寄ることにした。

満来自社ビル建て替えをきっかけにして、直ぐ傍で仮営業していた場所に2007年8月29日開業したこちらだ。最近では新橋にも系列店が営業している。

horiuchi02

horiuchi07

と言うわけで新宿西口改札を抜けて右手の新宿大ガード方面へ進み、左手斜め前方の小田急ハルクのエスカレーターを利用して外へ出た。

ハルク裏手に回りサンドラッグ前の路地を50m近く歩いた頃だろうか、右側にあるビルの1階に今夜も風情良くこちらが佇んでいた。

horiuchi03

horiuchi04

horiuchi15

horiuchi06

horiuchi08

horiuchi09

horiuchi10

それではと行かせて貰えば、もうたまらない味わいのスープに、際立つ持ち味がこれまたたまらない麺に、怒涛の肉の塊が絶大な風合いを主張して来て何しろ素晴らしいその風情と言うしかないもの。

スープは鶏ガラと豚骨をふんだんに使用しながらも淀みのない清湯醤油で、麺にこだわるその生地はツルツル・もちもち・シコシコと三拍子揃ったやや太め縮れ気味の中太多加水平打ち麺。

チャーシューの豪快なインパクトが、誰もが感じる都会の切ない出来事を、打ち消してくれるほど愉しい風合いを造作していた。それだけに、気がつけば完食。

いや、電光石火の猛烈な風情に涙なくして語れないほど素晴らしきチャーシューらあめん&生玉子と言うしかなかった。

horiuchi11

horiuchi12

★ らぁめんほりうち

※公式サイト~http://ramen-horiuchi.com/

住所/東京都新宿区西新宿1-4-7 高野ビル1階 TEL03-3348-5530 定休日/日曜・祝日 営業時間/11:00~21:00 ※土曜~20:00
※アクセス
JR新宿駅西口下車。新宿大ガード方面へ進み左手斜め前方の小田急ハルクのエスカレーター等を利用して外に出る。ハルク裏手サンドラッグ前の路地を70m近く歩いた右側ビルの1階にあり。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m