menyuissei01

青い表層から淡い陽射しが北寄りの風に煌めいていた、続く西高東低の気圧配置にまた寒さが募る二月如月上旬の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、街角の恵方巻を勧めるインフォに、節分の時季を感じるそんな午後七時過ぎだった。

勤務先の社内の方に高田馬場エリアのラーメンに精通している方がおられて、その方から先日かなりこちらのラーメンが素晴らしいことを教えて頂いたことがあった。

ネットで調べると2002年8月8日にオープンした周辺の方々にこよなく愛されているラーメン店のようで、激戦区高田馬場で既に10年以上営業しているだけにその人気ぶりが伺い知れるところだった。

二日間掛けて炊き上げて完成する豚骨スープに、奄美の島豚を贅沢に使った特製チャーシューがのるあっさり豚骨らーめんがウリのこちらだそう。背脂入りらーめんが人気らしい。

奄美の島豚と言えば鹿児島黒豚の源流とも言われており、そのトロトロに煮込まれた豚皮が付いたチャーシューのビジュアルに、心打たれてしまいもはや口にする前からその虜となってしまった。

黒糖を加えたオリジナル醤油ダレで煮込んだものらしい。そんなコラーゲンたっぷりの皮付きチャーシューがのる豚骨らーめんにファンも多いと言う。

menyuissei02

menyuissei03

そんなわけで仕事帰りに、またもや中野で地下鉄東西線電車に乗り換えて、これまでも何度となく足を向けて来たそんな高田馬場に今夜もやって来た。

早稲田通りを左手に歩いて行き、なだらかな昇り坂から平坦になってさらに進み駅から8分ほど歩いた頃だろうか、薬局チェーン薬ヒグチの手前右路地を入って行くと程ない右側に風情良くこちらが営業していた。

menyuissei04

menyuissei08

menyuissei05

menyuissei06

menyuissei09

menyuissei07

さっそく入店して行くと右手奥に居酒屋使いの団体さんがおられて、その他にも数人の先客が居るフロアが広がっていた。

メニューリストから予定通りに、皮付き背脂入りらーめんと炙り皮付きちゃーしゅー丼を注文することにした。すると、ご飯・麺大盛り・もやしの何れかが無料サービスだそうで、それならばともやしをお願いすることにした。

例によって世間話しに花が咲いた店内となった。鹿児島県奄美群島に属する徳之島ご出身の店主と奥様が厨房に立つこちらで、一誠と言う店名は御両親のお名前を一文字ずつ使ったものだそう。

以前の製麺所は丸山製麺さんだったようだが、現在は都内人気店でもよく耳にする創業60年の福島県人気製麺所・羽田製麺の麺を利用しているこちらだそう。

奄美と言うと屋久島と沖縄の間に位置する地域だけに、何処か沖縄のイメージが強いものの鹿児島県になる諸島だそう。

沖縄と言えば一週間ほど前にミゾレに近い雪が落ちてニュースになっていたが、1977年にも一度観測されており史上2回目の降雪で、近年の異常気象ぶりに怖さを感じるところだ。程なく到着。

menyuissei10

menyuissei11

menyuissei12

menyuissei13

menyuissei14

それではと行かせて貰えば、それは優しい味わいのあっさりした淡麗系の豚骨ラーメンと言えて、何処か鹿児島豚骨ラーメン的な特徴に近い風合いで、そのしみじみとした持ち味は実に心和むもの。

豚骨ベースで鶏ガラも使われている感じのスープで、豚骨の臭みは全く感じられずそれでいでまったりした深みのあるコクがあり嬉しい風合いと言うしかなかった。

そしてイメージ以上に素晴らしいのがやはり奄美の島豚による特製チャーシューで、良質の脂肪から来る味わいとキメの細かいその食感は皮付近の部位だけに脂身が多いものの、それを感じさせないときめくほどサラサラとした持ち味に怒涛の如く泣ける風情だった。

menyuissei15

menyuissei16

 チャーシュー丼の方の島豚チャーシューも炙られてこれまた号泣ものの美味しさで、高級中国料理店のトンポーローにも負けてない素晴らしさ。

もう仮にどんな天変地異がその場で起きようと、その持つ箸の手が止まることは一切なかったろう。特に修行経験はない店主だそうで、独学で作り上げたそんなこちらのラーメンだそう。

卓上にあった微塵切りの白ネギや豆板醤に、ラー油や胡麻ミルも入れるなどしてさらに食べ進めて愉しみ、羽田製麺さんの中太ストレートも素敵で、それだけに気がつけば完食だった。

いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、何処までも何処までもひたすら感無量の味わいで、確実に明確に名実に明白に猛烈に怒涛の如くの美味しさで素晴らしかった。

menyuissei17

menyuissei18

★ 麺友一誠 (メンユウイッセイ)

※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/menyuissei

住所/東京都新宿区高田馬場3-13-3 TEL03-3360-6336 定休日/日曜・祝日月曜日 営業時間/11:30~15:00中休17:30~23:00
※アクセス
JR高田馬場駅早稲田口下車。早稲田通りを左手に歩いて行き、500m近く落合方面に歩いて行き、薬局チェーン薬ヒグチの手前右路地を入って程ない右側にあり。徒歩およそ8分。
 

ご訪問ありがとうございます!

👆1click 頂けると嬉しいです!
 m ( _ _ ) m